2008年06月02日

6月BHM注目のレガッタ

Tour-de-France.jpg
フランス大西洋側(ダルケルク)から地中海(イエール)まで、インショア、オフショアを繰り返しながらレース転戦するTour de France a la Voile。転戦中はテント生活です。たのしそう

 日曜の相模湾は、梅雨入り前の煮え切らない天気が続くなか、ドッカーンと晴れ渡りました。海にはキールボート、クルージングボート、ディンギーがワサワサと出没。いったい何百艇出ていたんでしょうか? 

 葉山マリーナヨットクラブでは恒例のクラブレースも開催されたようです。先週は大島レース、そして今週は葉山から南西沖ブイを回航する16.4マイル。みなさん、ホントに好きですねぇ。

 さて、6月に入りました。今月のバルクヘッドマガジン的注目レガッタを紹介します。

05-13 J/24 World Championship イタリア
 日本から〈リップル〉(辻 寛基ヘルム)、〈だぼはぜ〉(熊谷一樹ヘルム)が出場します。エントリーは70艇を突破。地元勢をはじめ、イギリス、ドイツからも大量に出場するようです。日本チーム、イタリアでカモられないように。
05-14 470 European Championship イタリア
 ガルダ湖で開催される470ヨーロピアン。日本からは近藤/鎌田、松永/上野、石川/柳川、原田/吉田が出場します。五輪代表から次回五輪を狙う若手まで集まり、ハイレベルなレガッタが期待されるだけに、日本チームの実力がためされます。
09-16 Etchells Australian Championship オーストラリア
 エッチェル級で活動を開始する和歌山のキールボートチーム〈シエスタ〉が出場。過去記事参照のこと。ちなみにエッチェル級世界選手権は、6/19からアメリカ・シカゴで開催されます。
18-22 Korea Match Cup 韓国
 5月に葉山で開催されたアジア予選で優勝した〈シエスタ〉が出場。オーストラリアから韓国へ直行して世界屈指のマッチレーサーに挑みます。賞金総額もそうとうなものです。
20-22 Piada Trophy(SNIPE South Europian Championship)
 スナイプ級南ヨーロッパ選手権に、昨年の世界選手権で銀メダルを獲得した安部/山近が招待出場します。ほかにもAugie Diaz(USA 2005World champion)をはじめ、Peter Commete(USA 2007World 3rd)、Bart Bomans(BEL 2007World 6th)、Rodriguez(USA 2008us-champion)らスナイプの強豪が出場します。安部/山近に期待!
21-29 Kiel Week ドイツ
 アビーム470軍団の近藤/鎌田、原田/吉田、49erの石橋/牧野らが出場。キールウィークは、北京五輪までで最後となる国際レガッタになります。その後、日本代表チームは、青島での現地練習に入ります。
27-29 中日韓キールボート親善レガッタ 中国
 ワンデザインキールボート、フラングタイガー10を使用した三カ国対抗戦。日本からはエスメラルダ、のふーぞ、きねきねが出場します。
28-29 初島ダブルハンドレース 逗子マリーナ
 6月最終週の名物レガッタといえば初島ダブル。日本を代表する「2人乗りレース」です。毎年、エントリーが増加していて、今年の参加艇数も気になるところ。今年からORCCが採用されるようです。
28-29 RSクラス全日本選手権 葉山
 葉山セーリングカレッジをベースにRSクラスの大会が開催されます。イギリスを中心に世界に広がりを見せているRSクラス。ギスギス感のないフレンドリーなフリート活動が特徴的です。

 このほか、Melges 24 World(114艇を集め、只今サルディニアで開催中)、Quarter Ton Cup(イギリスで続いています!)、Newport-Bermuda Race(1906年から続くアメリカの外洋レース)、Sardinia Rolex Cup(TP52、FARR40、SWAN45クラスもアリ)、Tour de France a la Voile(フランスの海岸線を若者チームがマム30で転戦)などもあります。

 最後に…。

 このところ、バルクヘッドマガジン宛(editor@sailmagazine.jp)に、ヨットレースの情報やレースレポートを送ってくれる方が増えてきています。どうもありがとうございます。

 寄せられた情報は、できるかぎり掲載していきたいと考えていますので、どしどしお寄せください。国内の情報をシャッフルしていきましょう!

 また、レースレポートを送る場合は、成績表、かんたんなレポート、写真2、3点をセットにしてくれるとありがたいです。それと、メールの数が多くて、返信できない場合もあることをご了承ください。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 09:32| Comment(0) | ニュース