2008年08月27日

サバイバルトレーニング

8030.jpg
ERICSSONのスーツは、頭部までを包み込みカラダをカバーするようです。どのパーツがどのように展開されるのか気になります。photo by Gilbert Johnston

 10月4日にはじまるボルボオーシャンレース(3900マイルを走る世界一周レース。VOR)。今回のVORには、ERICSSON RACING 1 and 2、PUMA OCEAN RACING、TELEFONICA BLUE ane BLACK、TEAM RUSSIA、GREEN DRAGON TEAMの7チームが出場します。今年の秋から来年にかけて、世界のセーリングニュースの中心となるでしょう。

 現在、各チームは最終調整に入っているようで、2チーム体制で優勝を狙うERICSSON RACINGは、プールでサバイバルトレーニングをおこなったとのこと。

8029.jpg
イギリスの海洋大学「South Tyneside College」でおこなわれたトレーニングに参加するトーベン・グラエル(写真中央)とクルー。photo by Gilbert Johnston

 また、PUMAでは、インクラインテスト(傾斜)をおこないました。カンティングキール全盛のオフショアレース界ですが、前回VORではトラブルが続出。今大会では、安全を考慮して傾斜角40度に制限されています。

8097.jpg
船体を倒して傾斜テストをおこなうPUMAの〈イル・モストロ〉。船底の塗装も見事です。photo by Sally Collison/PUMA Ocean Racing

 前大会(2005〜2006年)では、〈AMRO 2〉に乗っていたHans Horrevoetsが船外に投げ出され亡くなるという悲しい事故がありました(カンティングキールが原因ではありません)。二度と起きてほしくない事故です。

◎Volvo Ocean Race
http://www.volvooceanrace.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ


posted by BULKHEAD at 12:31| Comment(0) | 外洋レース

2008年08月25日

中村ニッカーボッカー優勝

413.jpg
優勝したアルバトロスチーム。photo http://igei.net

 24日までアメリカ・ニューヨークで開催されていた「Knickerbocker Cup」(ニッカーボッカーカップ)。決勝に進んだ日本のアルバトロスチーム(スキッパー中村匠)は、ロシアと対戦して2戦先勝。見事に優勝を飾ったアルバトロスは、賞金と10月に開催されるバミューダゴールドカップ出場の権利を手にしました。中村、笹木、伊藝、Nathan、おめでとう! 現地から届いたレポート第4弾を紹介します。

 マッチレースは、勝てば賞金を得て活動資金を得られる弱肉強食の世界。いま、世界では若いマッチレーサーがどんどん登場しています。また、10月にはロンドン五輪から採用される全日本女子マッチ(10月28〜11月3日に韓国釜山で開催される、アジア初のグレード1イベントの予選を兼ねる)が開催されるとのこと。興味のある方は、日本マッチレース協会へ問い合わせを。

---------------------------------------------------
チームアルバトロス完全勝利!
レポート/アルバトロスセーリングチーム

 予選ラウンドをトップ通過した最終日。メンバーは少しナーバスになっていた。セミファイナル、そしてファイナルへ向けて闘志と緊張のコントロールをそれぞれが心の奥底で行っていた。

 最終日も風は弱く、緊張の糸が切れないようにレースのはじまりを静かに待った。午後1時30分、待望の風吹きはじめる。スケジュールが押しているためセミファイナルがカットされファイナルに進む。ベストオブ3の闘いがはじまった。

 決勝はロシアチームとの対戦。ファーストマッチは大きくセパレートして右海面を取ったわれわれが、まず先手を取り1勝。勝負のセカンドマッチではスターティング・マニューバリングでペナルティをとる事ができた。しかしスタートは先行されて追いかける展開。冷静に先行艇との差を詰めていった。

 ペナルティを持っている相手もそう簡単にはレースを終わらせてくれない。最終トップマークを回航直前の罠にかからないようにスピードコントロールをしながら相手の動きに合わせたセーリングを行う。

 ロシアチームはペナルティを取るために接近戦を仕掛けてスピードコントロールをしてきた。スピンホイストをせずに相手のスピードに合わせてセールオーバーのタイミングを計りながら間合いを取ることに集中した。

 レグは刻一刻となくなっていた。相手はなす術がないまま、われわれのウイニングランを見送ることとなる。予選ラウンド10勝1敗。ファイナルベストオブ3を2勝で、チームアルバトロスは優勝を獲得。Knickerbocker Cup 2008優勝と共に10月6〜12日に行われるバミューダゴールドカップ(World Match Racing Tour)の出場権利を獲得した。

◎Knickerbocker Cup
http://www.kyc.net/cup.asp
◎Team Albatross 公式HP
http://www.albatrosssailing.com/

◎メンバーのブログ
中村 匠  http://sailworld.exblog.jp/
笹木哲也 http://bluetag.jp/contents/athlete/no0019.html
伊藝徳雄 http://igei.net

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 15:11| Comment(0) | マッチレース

2008年08月24日

【五輪】祭りのあとに

 北京五輪が終わりました。選手、スタッフ、関係者のみなさん、本当におつかれさまでした。日本チームのみんな、自分に納得のいく答えをだせましたか? そしてロンドン五輪を目指そうとしている選手のみなさん、青島から刺激を受けましたか?

 オリンピックとは不思議なもので、この大会は世界ナンバーワンを決めるレガッタではありません。セーリングは各国1チームが出場する国別対抗戦。しかし、世界の頂点で走るセーラーが集まるハイレベルなレガッタに違いなく、選手たちは五輪を最高の舞台としてとらえています。

 アテネの無念を晴らし、金メダルを獲得した470級オーストラリア男子。今大会でもっとも重圧を受けていたチームの代表格です。昨年、彼らが江の島に来たときに少しだけ話しました。記事にはしていませんが、ヘルムスマンのウィルモットに次のような質問をしました。

 「日本人は勤勉だし、練習も大好きだ。いいスピードもあると思う。それなのに、どうしてレースに勝てないんだろう?」。あまり話したがらないウィルモットが答えました。「練習が足りないからだよ。ぼくたちはもっとトレーニングしている」。その言葉には強い自信だけでなく、信仰にも通じる自己暗示のようなニュアンスを覚えました。

 北京五輪に出場した日本チームは、過去の成績と比べても健闘したといえます。470級男子の2大会連続入賞。ウインド(RS:X級)男子、49er級の国内最高順位。前評判の高かった470級女子は残念でしたが、歴代最高クラスの実力を持っていたことはまぎれもない事実です。

 しかし、日本チームを束ねるJSAFオリンピック特別委員会が目標(方針)のひとつにしていたのは、「北京五輪でのメダル獲得と複数種目の入賞」。その目標には及ばない結果となりました。

 下記にメダルだけでなく、8位入賞までの国別の成績をまとめてみました。北京五輪でもっともメダルを獲得し、また入賞したのはイギリスです。上位はフランス、オーストラリア。そしてイタリア、スペイン、アメリカ、中国、ニュージーランド、オランダ、ブラジルと続きます。これらは五輪セーリング競技の強豪国であり、日本は数ランク下の位置にいます。日本は、この結果を正しく噛みしめるべきだと思います。

◎北京五輪メダル+8位入賞数
1 GBR 金4 銀1 銅1 入賞3(合計9)
2 FRA 金0 銀1 銅2 入賞4(合計7)
3 AUS 金2 銀1 銅0 入賞3(合計6)
4 ITA 金0 銀1 銅1 入賞4(合計6)
5 ESP 金1 銀1 銅0 入賞2(合計4)
6 USA 金1 銀1 銅0 入賞2(合計4)
7 CHN 金1 銀0 銅1 入賞2(合計4)
8 NZL 金1 銀0 銅0 入賞3(合計4)
9 NED 金0 銀2 銅0 入賞2(合計4)
10 BRA 金0 銀1 銅1 入賞2(合計4)
11 GER 金0 銀0 銅1 入賞3(合計4)
合計3:SWE POR
合計2:DEN SLO ARG GRE ISR CAN SUI POL AUT
合計1:LTU HKG RUS CZE JPN CRO BEL UKR

 日本には何が足りなかったのでしょうか? 何をすればメダルを獲得し、また入賞圏内へ進めるのでしょうか? のちに発表されるだろうオリンピック特別委員会の「ロンドン五輪の方針」が注目されます。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:08| Comment(0) | オリンピック

【五輪】メダルレース動画



 迫力のスター級メダルレース。SWEを抑えるGBR。マークラウンディングの攻防。BRAのレーザー風ハイクアウト。見応え満載のメダルレースです。できれば、俯瞰シーンでは国名がわかるように。また、風のシフトがわかればもっとおもしろい。BRAのセールはオリジナルでしょうか。昨年のトーベン・グラエルもオリジナルセール(ブランド)で走っていました。



 こちらは五輪最後の雄姿、トーネード級のメダルレース。波のあるハードなコンディションです。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:26| Comment(2) | ディンギー

ニッカーボッカーDAY3

 8月24日までアメリカ・ニューヨークで開催される「Knickerbocker Cup」(ニッカーボッカーカップ)。アルバトロスセーリングチームからのレポート第3弾です。優勝目指してがんばれ!

---------------------------------------------------
予選トップでセミファイナルへ
レポート/アルバトロスセーリングチーム

 ラウンドロビン25フライトが本日全て終了。われわれは朝から行われた残り5戦を全勝で終え、10勝1敗で予選ラウンドロビンを1位で通過した。

 セカンドラウンドロビンはスケジュールが遅れているためカットされることが夕方に行われたスキッパー・ブリーフィングで発表された。明日のセミファイナへ進むのはロシア、オーストラリア、アメリカ、そしてわれわれの4チームとなる。

 トップを通過したわれわれが、明日の朝対戦相手を指名してセミファイナル・ベストオブ3、ファイナル・ベストオブ5で最終レースが行われる。優勝を目指して、最終レースに臨みます。

◎Knickerbocker Cup
http://www.kyc.net/cup.asp

◎メンバーのブログ
中村 匠  http://sailworld.exblog.jp/
笹木哲也 http://bluetag.jp/contents/athlete/no0019.html
伊藝徳雄 http://igei.net

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:41| Comment(0) | マッチレース

【五輪】スポーツ仲裁裁判

 スポーツ仲裁裁判所へイタリアとスペインが上訴した49erメダルレース問題。結果は上訴を却下。ジュリーの判決どおり、デンマークの金メダルが立証されました。

----------------------
Beijing, 23 August 2008 - The ad hoc Division of the Court of Arbitration for Sport (CAS) has today dismissed the applications filed by the Italian Olympic Committee (CONI) and the Spanish Olympic Committee (COE) against two decisions of the International Jury of the International Sailing Federation (ISAF) related to the gold medal race of the 49er event which took place on 17 August 2008.
----------------------

◎スポーツ仲裁裁判所(Court of Arbitration for Sport)
http://www.tas-cas.org/news
◎CASによるプレスリリース

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:30| Comment(0) | ディンギー

2008年08月23日

ニッカーボッカーDAY2

  8月20〜24日までアメリカ・ニューヨークで開催されている「Knickerbocker Cup」(ニッカーボッカーカップ)に出場しているアルバトロスセーリングチームからのレポートです。

---------------------------------------------------
好調!5勝1敗
レポート/アルバトロスセーリングチーム

 今日も風待ちからはじまった。しかし、初日に1レースも行っていないためさすがに運営サイドも拙いと思ったらしく、3マイルほど外へ出ることになり早々と海に出る。このアクションが功を奏して、11時にはセーリングできる風が入ってきた。いよいよレースだ。

 初戦は昨日、途中でレースを中止した相手だけに負けられない。今日もスタートを制し、先ずはElizabethを倒してさい先の良いスタート。その後安定した風の中村のスタートも好調で、Nathan HBの強気なコースも決まり2日目を終わって5勝1敗。

 夕方7時までレースを行い、今日も美しい夕日を眺めながらのハーバーバックとなった。今日は本当に長い長い一日だった。明日は朝から5連戦が待っている。残りのレースの勝敗でセカンドステージ決まる。

◎Knickerbocker Cup
http://www.kyc.net/cup.asp

◎メンバーのブログ
中村匠  http://sailworld.exblog.jp/
笹木哲也 http://bluetag.jp/contents/athlete/no0019.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:23| Comment(0) | マッチレース

世界のヨットRニュース

BMWオラクル90ft新艇完成
 アメリカズカップ裁判がさらに複雑化するなか、BMWオラクルからのプレスリリースでアメリカズカップに採用されるだろう90フィートトライマランが完成したというニュースが入ってきました。このドタバタ騒動は、一体いつ決着がつくんでしょうか?

080822-0116798.jpg
新艇オラクルは米ワシントン州アナコーテスで建造されました。Photo Neil Rabinowitz / BMW ORACLE Racing

ヨットを母親と勘違いしたクジラ
 シドニー北方のブロークン湾で、迷子になったザトウクジラ(生後1〜2カ月)がヨットを母親と思いこみ、お乳を飲もうとヨットから離れないでいるのが確認されました。救助隊員らが赤ちゃんクジラをヨットから離れさせるために、沖へ移動したが離れず。その後、サメに襲われたとされる傷が深い上に、衰弱が激しいことが判明。乳離れしていないためエサを与えることもできず、救助は困難と判断し、州の動物保護当局は薬物による安楽死処分を行ったとのこと。

std_whale2_wideweb__470x316,0.jpg
ヨットから離れないクジラの赤ちゃん。悲しい話です。photo by Nick Moir

◎オーストラリアヨット協会
http://www.yachting.org.au/yasw.asp?nid=48078
記事リンク:ヨットを母親と思い込んだ赤ちゃんクジラを安楽死処分
記事リンク:迷子の赤ちゃんクジラ、ヨットを母親と思いお乳飲もうと

ネットのオリンピック報道、視聴件数はアテネの30倍
 ──テレビの視聴率が好調なだけでなく、IOCのWebサイトへのアクセスが、北京大会の開幕から最初の1週間で、アテネの全日程でのアクセス者数を上回った(ロイター)。
 また、インターネット中継も成功を収めたようです。動画共有サイトのYouTubeに「北京五輪チャンネル」が設置され(日本からは見られず)、またアメリカでインターネット中継さたNBCのウェブサイトだけでも、ビデオクリップは2200万件以上視聴されているとのこと。
 日本では放映権をNHKと民放の連合企業体「ジャパンコンソーシアム」がIOCと契約をしているため、ウェブサイトで見ることはほとんどできず。セーリングに関していえば、海外のネット中継も見られず壊滅状態。日本はあいかわらず“ガラパゴス”でした。
 ちなみにIOCと日本の放映に関する契約料は198億円。アメリカは8億9400万ドル(約983億7573万円)、ヨーロッパは4億4300万ドル(487億4770万円)でした。

Roy Disneyの新艇は60ftにサイズダウン
 「もうトランスパックは十分。60ftでゆっくりクルージング(とレース)をやりたい」ということでしょうか? にしては戦闘的な面構え。〈Pyewacket V〉は、Reichel/Pugh設計、Westerly Marine建造です。

5197.jpg
〈Pyewacket V〉。Roy Disneyさんは今年78歳だそうです。Photo by Rich Roberts/Westerly Marine

第36回阿波踊りヨットレース成績
 8月12日。徳島で開催された「阿波踊りヨットレース」が参加71艇を集め、今年も盛大に開催されました。このヨットレースに行ったのは、かれこれ10年以上前に一度きり。夜の阿波踊り本番が強烈に刺激的でした。阿波踊りヨットレースの結果は、この夏、ヨットレースを求めて西へ東へ駆けた〈のふーぞ〉が総合優勝を決めました。

Aクラス
1 NOFUZO(X41) 2 SPICA(MUMM36) 3 HINATAMARU(J/V-1ton)
Bクラス
1 TIFFANY(MUMM30) 2 LAPIN BLEU(FARR31-IMS) 3 RISOTADA(FIRST34.7)
Cクラス
1 クーパー(YAM31S) 2 MARIO ESPRESSO(YAM31S) 3 CARIB (YAM31S)
Dクラス
1 Hopper(YAM262S) 2 CARIBB10(J24) 3 然風 YAM28S
総合
1 NOFUZO 2 TIFFANY 3 SPICA

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:29| Comment(0) | ニュース

2008年08月22日

【五輪】470メダルR動画

 松永鉄也/上野太郎が出場した470級男子メダルレースの動画(ダイジェスト)が、下記のサイトにアップされています。解説はインターナショナル・アンパイアの青山さんです。ダイジェスト版なのでくわしくありませんが、メダルレースの雰囲気はわかると思います。

 ヨットレース中継の解説は、そうとうむずかしそうですね。トップの選手が金メダルじゃない場合が多々あるわけだし、順位もめまぐるしく変わります。この470級男子メダルレースもオーストラリアはすでに金メダル確定していたので、GBR、FRA、NEDの2〜4位争いが白熱していたはず。この3カ国の駆け引きをじっくり見たいものです。

◎gorin.jp
http://www.gorin.jp/game/SASAM.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:38| Comment(1) | オリンピック

ニッカーボッカーカップ

 8月20〜24日までアメリカ・ニューヨークでマッチレースイベント「Knickerbocker Cup」(ニッカーボッカーカップ)が開催されます。この大会は、10月に開催されるバミューダゴールドカップの予選を兼ねていて、8カ国12チームがエントリー。日本から出場しているアルバトロスチームよりレポートが届きましたので紹介します。

◎エントリーリスト
1 Andrew Arbuzov(RUS)ISAFランキング18位
2 Keith Swinton(Black Swan Match Racing / AUS)21位
3 Sergey Musikhin(RUS)30位
4 Chris Van Tol(Van Tol Match Racing / USA)35位
5 Evan Walker(AUS)43位
6 Juan Ignacio Grimaldi(TAG Heuer / ARG)61位
7 Phil Robertson(Panama Jack Racing / NZ)65位
8 Takumi Nakamura(Albatross Sailing Team / JPN)73位
9 Robbie Allam(GBR)77位
10 Blythe Walker(BER)141位
11 Francesco Bruni(Joe Fly Match Racing Team / ITA)275位
12 Elizabeth Baylis(San Francisco Women’s Match Racing
Team / USA )

Albatross Sailing Team
中村 匠 スキッパー
笹木哲也 ヘッドセールトリマー
伊藝徳雄 バウマン
Nathan HB メインセールトリマー 

◎Knickerbocker Cup
http://www.kyc.net/cup.asp

---------------------------------------------------
ニッカーボッカーカップ・レポート
レポート/アルバトロスセーリングチーム

 アルバトロスチームとしての初の海外マッチとなる今大会。メンバーの石黒が参加できなかったため、中村が現在SWAN45チーム夜叉で海外遠征を共にしている、アメリカ人セーラーのNathan HBが参加してくれた。

 JFK国際空港に到着した私達はヨットクラブの紹介で今回お世話になるホストファミリーの家まで、車窓に流れる美しいニューヨークの夜景を見ながら急いで向かった。時間はすでに深夜2時を過ぎていた。

 深夜の到着にも関わらず嫌な顔ひとつせずに暖かく迎えてくれたグリーンさん、そして奥さんは夕食を用意して私達の到着を待っていてくれた。遠征先での暖かいもてなしには、本当に感謝である。

 翌日、時差ぼけで重たい体を無理やりおこし、早速ヨットクラブへ。受付を済ませて午後の練習を予約する。約3時間の練習でハンドリング・クルーワーク・海面の確認をしてレースに向けてチームを上げて行く作業を行う。しかし、微風で思うようなセーリングはできなかったものの必要事項は確認できた。いよいよ明日からレースがはじまる。

406.jpg
アルバトロスセーリングチーム。左から中村、Nathan、笹木、伊藝。photo http://www.igei.net/

レース初日
 素晴らしい天気だが昨日に引き続き風が弱い。スキッパーミーティングで使用する艇が決まったが、しばらく待機となった。2時間後ようやく風が入りはじめてセーリングできるようになる。そして間もなくしてレース開始のシグナルが鳴った。

 初戦は今回唯一の女子チーム、スキッパーElizabeth Baylisとの対戦。超微風だったが、スターティング・マニューバリングを制し上手くリードインしてスタート。しかし、どこから新しい風が入ってくるか予測のむずしいコンディションで油断できない。緊張の中、3レグを先行して走っている最中にすべてのレースがキャンセルになった。リードをしていたレースだけに悔しいが仕方がない。

 結局、この後セーリングを再開できる風は一度も吹くことがなく初日を終えた。美しい夕日を見ながらハーバーバックとなった。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 12:24| Comment(0) | マッチレース

2008年08月21日

【五輪】GBR最後に金獲得

 北京五輪セーリング競技最終日。本日21日はトーネード級、スター級のメダルレースがおこなわれました。トーネード級は、スペインが金、オーストラリアが銀(シドニー金)、アルゼンチンが銅(アテネ銅)を獲得。スペインのFernando Echavarriは、ボルボオーシャン世界一周レースに〈Movistar〉で出場した経歴もあります。

 スター級メダルレースは波乱がおこりました。前日トップのスウェーデンが、一時は3位まで順位をあげるもまさかの10位。5位に入ったイギリスが逆転金メダルを獲得しました。また、ブラジルは3位フィニッシュを決めて銀、スウェーデンは銅メダルとなりました。マーク回航順位をみるとジェットコースターのようなアップダウンある順位。いったいどんな戦いがおこなわれたのでしょうか?

 イギリスのIain Percyは、シドニー五輪フィン級の金メダリストです。アテネ後、マッチレースでも活躍していましたが、この2年はスター級1本に絞って活動していました。イギリスは最後の最後に金メダルを獲得し、合計金4個、銀1個、銅1個の好記録を残しました。

 Robert Scheidtは、アトランタ金、シドニー銀、アテネ金(すべてレーザー級)に続いて銀メダルを獲得。5つのメダルを持つ同国のヒーローTorben Graelにあと1つで追いつきます。

 さて、北京五輪セーリング競技はこれですべてが終了しました。日本チームのみなさん、おつかれさまでした。日本チームは、帰国の積み込みがありますが、24日の閉会式へ出るということなので、休憩する時間もありそうですね。ゆっくり休んでください。

 ところで、話は変わりますが。

 49er級のメダルレース騒動は、まだ終わっていないようです。約19時間の長い審問で決着がついた49er級メダルレース(スタート前にマストを破損したたデンマークは、マリーナへ戻りクロアチア(MRへ出場せず)からボートを借用してレースに出場した)。レースコミティーからデンマークに提出された抗議が棄却されたことで、同国の金メダルが確定しました。

 しかし、イタリア・オリンピック委員会は、この結果を不服としてIOC本部(スイス・ローザンヌ)のスポーツ仲裁裁判所へ、仲裁の申し立てを提出したようです。デンマークがペナルティーを受けたなら、4位のイタリアが繰り上がり、メダル獲得の可能性もあります。

 この問題については、また後日。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とマークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

◎スター級 16カ国参加
金 GBR 45 銀 BRA 53 銅 SWE 53
4 POL 59 5 SUI 59 6 FRA 69
7 GER 70 8 POR 72 9 NZL 80
10 ITA 92

◎トーネード級 15カ国参加
金 ESP 44 銀 AUS 49 銅 ARG 56
4 CAN 61 5 NED 64 6 GBR 68
7 ITA 74 8 GER 74 9 AUT 82
10 GRE 82

◎RS:X級男子 35カ国参加
金 NZL 銀 FRA 銅 ISR
4 GBR 5 BRA 6 HKG
7 CHN 8 GRE 9 ESP
10 JPN

◎RS:X級女子 27カ国参加
金 CHN 銀 ITA 銅 GBR
4 ESP 5 AUS  6 NZL
7 POL 8 UKR 9 HKG
10 ISR
13 JPN

◎レーザー級 43カ国参加
金 GBR 銀 SLO 銅 ITA
4 POR 5 NZL 6 SWE
7 ARG 8 FRA 9 CAN
10 NOR
35 JPN

◎レーザーラジアル級 28カ国参加
金 USA 銀 LTU 銅 CHN
4 AUS 5 FRA 6 SUI
7 NZL 8 BEL 9 POL
10 GBR

◎470級女子 19カ国参加
金 AUS 43p 銀 NED 53p 銅 BRA 60p
4 ISR 66p 5 ITA 75p 6 GBR 82p
7 CZE 83p 8 AUT 84p 9 GER 90p
10 ESP 92p
14 JPN

◎470級男子 29カ国参加
金 AUS 44p 銀 GBR 75p 銅 FRA 78p
4 NED 78p 5 ESP 87p 6 ITA 91p
7 JPN 97p 8 POR 102p 9 CRO 110p
10 ARG

◎49er級 19カ国参加
金 DEN 銀 ES 銅 GER
4 ITA 5 AUS 6 USA
7 BRA 8 AUT 9 GBR
10 FRA
12 JPN

◎FIN級 26カ国参加
金 GBR 銀 USA 銅 FRA
4 SWE 5 CAN 6 DEN
7 SLO 8 DEN 9 ESP
10 POL

◎イングリング級 15カ国参加
金 GBR 銀 NED 銅 GRE
4 GER 5 FRA 6 RUS
7 USA 8 CHN 9 NOR
10 AUS

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 16:50| Comment(0) | オリンピック

燃えた、埼玉インターハイ

 8月17〜21日まで東京都立若洲海浜公園ヨット訓練所で平成20年度全国高等学校総合体育大会(埼玉総体)が開催されました。

 レース期間中19日は強風によりレース延期される場面もありましたが、4日間で合計5レースを消化。男子ソロ優勝は中村学園三陽。女子ソロ優勝は宮古高校。男子デュエットは清風高校、女子は長崎工業高校が優勝しました。

 2009年は「近畿まほろば総体」(奈良県を中心に近畿2府4県を会場に開催)。セーリング競技は8月13〜17日に和歌山セーリングセンターで開催されます。

◎埼玉総体公式応援サイト(レース動画)
http://www.kizunakatsudo.jp/inhigh/yacht/yacht.html
◎埼玉総体公式成績
http://www.kirokukensaku.com/inter/inter_index.html

平成20年度全国高等学校総合体育大会
男子FJ級ソロ
1. 西村/後藤/佐々木/小栗(中村学園三陽) 13p
2. 中村/土居/磯崎(福岡第一) 17p
3. 加藤/吉田/大倉/近藤(海津明誠) 21p

女子FJ級ソロ
1. 長洞/森山/横道(宮古) 7p
2. 松下/田中/谷口(柚)/中川(長崎工) 9p
3. 北村/山口/谷口(花)(長崎工) 14p

男子FJ級デュエット
1. 清風(大阪) 55p
2. 中村学園三陽(福岡) 56p
3. 福岡一(福岡) 73p

女子FJ級デュエット
1. 長崎工(長崎) 23p
2. 別府青山(大分) 47p
3. 磯辺(千葉) 75p

solo_men.jpg
男子ソロ1位、西村/後藤組(中村学園三陽高校)。photo by BEST WIND/K.TAKAGI

solo_w.jpg
女子ソロ1位、長洞/森山組(宮古高校)。photo by BEST WIND/K.TAKAGI

duet_men.jpg
男子デュエット1位、清風高校。最終日に大逆転。photo by BEST WIND/K.TAKAGI

duet_w.jpg
女子デュエット1位、長崎工業高校。いい笑顔ですね。photo by BEST WIND/K.TAKAG

◎写真提供:BEST WIND http://www.best-wind.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:38| Comment(0) | ディンギー

2008年08月20日

【五輪】富澤慎、10位健闘

 北京五輪セーリング競技。RS:X級メダルレースに出場した富澤慎は、9位フィニッシュ、総合10位でオリンピックを終えました。10位は日本ウインド男子の過去最高記録となります。

 2012年ロンドン五輪をも見据えて活動してきた富澤は、日本セーリングチーム最若手の24歳。次回五輪もたのしみな選手です。また、金メダルは本命ニュージーランドのTom Ashleyが、フランスの追撃を振り切り。3位にはイスラエルが入りました

 RS:X級女子は、中国のJian Yinがアテネ銀に続いて金メダルを獲得しました(中国セーリング史上初の金メダル)。以前から男女ともウインドサーフィンにめっぽう強い中国。世界選手権でも中国式サンスクリーム(顔全体に日焼け止めを塗りたくる)軍団が一大勢力となっています。Jian Yinの後輩も続々と登場しているので、中国のパワーはまだまだ持続するでしょう。

 さて、残された種目はスター級とトーネード級です。両種目とも明日21日にメダルレースがおこなれます。バルクヘッドマガジンは、いつのまにか3位まであがってきたScheidt/Prada(BRA)に注目。点差は離れていますが、SWEとGBRが2艇でマークしあう展開になれば…。

 北京五輪を最後に姿を消すことになっているトーネード級は、正真正銘の最後のレースになります。1976年モントリオール五輪から9大会に登場したマルチハル種目は、明日のメダルレースを最後にオリンピックからなくなります。

Qingdao01.jpg
防波堤から応援する日本チーム。photo by Y.Watanabe

Qingdao03.jpg
〈エンデバー〉も五輪を観戦しにきています。photo by Y.Watanabe

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

◎RS:X級男子 35カ国参加
金 NZL 銀 FRA 銅 ISR
4 GBR 5 BRA 6 HKG
7 CHN 8 GRE 9 ESP
10 JPN

◎RS:X級女子 27カ国参加
金 CHN 銀 ITA 銅 GBR
4 ESP 5 AUS  6 NZL
7 POL 8 UKR 9 HKG
10 ISR
13 JPN

◎レーザー級 43カ国参加
金 GBR 銀 SLO 銅 ITA
4 POR 5 NZL 6 SWE
7 ARG 8 FRA 9 CAN
10 NOR
35 JPN

◎レーザーラジアル級 28カ国参加
金 USA 銀 LTU 銅 CHN
4 AUS 5 FRA 6 SUI
7 NZL 8 BEL 9 POL
10 GBR

◎470級女子 19カ国参加
金 AUS 43p 銀 NED 53p 銅 BRA 60p
4 ISR 66p 5 ITA 75p 6 GBR 82p
7 CZE 83p 8 AUT 84p 9 GER 90p
10 ESP 92p
14 JPN

◎470級男子 29カ国参加
金 AUS 44p 銀 GBR 75p 銅 FRA 78p
4 NED 78p 5 ESP 87p 6 ITA 91p
7 JPN 97p 8 POR 102p 9 CRO 110p
10 ARG

◎49er級 19カ国参加
金 DEN 銀 ES 銅 GER
4 ITA 5 AUS 6 USA
7 BRA 8 AUT 9 GBR
10 FRA
12 JPN

◎FIN級 26カ国参加
金 GBR 銀 USA 銅 FRA
4 SWE 5 CAN 6 DEN
7 SLO 8 DEN 9 ESP
10 POL

◎イングリング級 15カ国参加
金 GBR 銀 NED 銅 GRE
4 GER 5 FRA 6 RUS
7 USA 8 CHN 9 NOR
10 AUS

◎スター級 16カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 SWE 33p 2 GBR 35p 3 BRA 47p

◎トーネード級 15カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 ESP 36p 2 AUS 39p 3 ARG 44p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 17:32| Comment(0) | オリンピック

【五輪】壮絶!49er級MR



 ドイツのテレビで放送された49er級メダルレースのダイジェスト版です(動画)。数えた限り10カ国中9カ国が沈。歴史に残るエキサイティングなレースとなりました。スペインなんて、スタート直後沈しているのに2位でフィニッシュ。サバイバルすぎるコンディションがうかがわれます。世界トップレベルの選手がこの走りだと、レースとして成立しないんじゃなかろうかとも思いますが…。

Qingdao02.jpg
スター級オーストラリアはマストを折って帰港。photo by Y.Watanabe

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:24| Comment(2) | オリンピック

2008年08月19日

【五輪】RS:X富沢MR進出

 北京五輪セーリング競技。前日14位で迎えた最終予選、RS:X級男子第10Rに出場した富澤慎は、第1上マークを3位回航。その後、イスラエルを抜いて2位フィニッシュ。富澤は決勝レースとなるメダルレース(20日)へ進出を決めました。

 また、女子の小菅寧子は第10Rを7位でフィニッシュ。追い上げをみせるも10位のイスラエルに5差でメダルレース出場を逃しました。※成績は暫定になります

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:53| Comment(1) | オリンピック

2008年08月18日

【五輪】松永上野MR2位!

 北京五輪セーリング競技。マーク回航順位を見ながら一喜一憂していた方は多かったでしょう。470級メダルレースは日本時間午後2時からはじまりました。

 メダルレースへ進出した進出した松永/上野は第1上マークを4位回航。その後、ダウンウインドでフランス、そして最終ダウンウインドでスペインを抜いて2位でフィニッシュ。最終順位も10位から7位まであげてメダルレースを終えました。松永/上野の成績は、現時点で日本セーリングチームの最高順位となります。

 メダルレースは8〜10ノットのライトコンディションでおこなわました。前日までに金メダルを決めていたオーストラリアが、第1上マークから迷いなくトップ。そのまま1位を走りきり、文句なしの金メダルを獲得しました。

 また、僅差で争っていた銀、銅メダルの攻防は、第1上マーク9位から驚異の追撃で最終3位まであげたイギリスが銀メダル。メダルレースで、この逆転劇を演じられるとは驚きました。実力だけでなく、運も備わっていたのでしょうか。イギリスは、アテネに続いて2大会連続銀メダルです。

 3位にはフランスが入りました。悔しい思いをしたのは、フランスと同得点で4位となったオランダです。マーク回航順位をみてみると、フランスがオランダをハントした節もあります。オリンピックのタイブレイクは、メダルレースの着順が優先されます。その結果、フランスがオランダを抑えて銅メダルを獲得しました。

 続いておこなわれた470級女子のメダルレースでは、9位ながらも前日までのアドバンテージでオーストラリアが金メダルを獲得しました。第1上マークの順位は、9位オーストラリア、10位オランダ。オランダを抑えれば金メダルのオーストラリアは、スタートからオランダをマークしたのでしょう。

 しかし、オランダはオーストラリアを振り切って第2上マークで6位、フィニッシュで5位まで浮上しました。オランダの気迫が伝わる場面だったと思います。また、470級女子の銅メダルは、メダルレースをトップフィニッシュしたブラジルが獲得しています。

 日本選手の成績は、RS:X級女子の小菅が11-10位の成績で13位(10位イスラエルと8点差)。男子の富澤は25-12位で14位(10位の中国と12点差)。両種目とも明日19日に1レースが予定されています。最後までがんばれ。また、3レースがおこなわれたレーザー級の飯島は、31-44-28で35位で大会を終えています。

 明日19日は、RS:X級男女とスター級、トーネード級の予選。そして、レーザー級、レーザーラジアル級のメダルレースがおこなわれます。レーザーラジアル級はトップ3の成績が接近しているので逆転劇もありそうです。

※470級メダルレースの模様は、8月19日(火) 08:05〜09:18 NHK BS1で放送予定です。うちは見られず残念。。。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

◎470級女子 19カ国参加
金 AUS 43p 銀 NED 53p 銅 BRA 60p
4 ISR 66p 5 ITA 75p 6 GBR 82p
7 CZE 83p 8 AUT 84p 9 GER 90p
10 ESP 92p
14 JPN

◎470級男子 29カ国参加
金 AUS 44p 銀 GBR 75p 銅 FRA 78p
4 NED 78p 5 ESP 87p 6 ITA 91p
7 JPN 97p 8 POR 102p 9 CRO 110p
10 ARG

◎RS:X級女子 27カ国参加 9R消化/全10R+MR
1 ITA 6-2-9-1-(28)-3-2-2-5 30p
2 CHN 1-1-1-3-3-(13)-7-8-8 32p
3 ESP 3-5-5-2-5-(11)-8-5-4 37p
4 GBR 4-3-11-6-(28)-6-5-3-1 39p
5 AUS 2-4-3-8-1-8-9-(14)-6 41p
6 POL (17)-16-17-5-4-2-1-1-3 49p
7 NZL 12-7-12-4-2-4-3-6-(13) 50p
8 UKR 5-6-(14)-11-10-1-4-12-12 61p
9 HKG 10-10-6-13-7-12-6-7-(14) 71p
10 ISR 13-9-(20)-9-13-14-16-4-9 87p
13 JPN 9-12-4-17-14-(18)-18-11-10 95p

◎RS:X級男子 35カ国参加 9R消化/全10R+MR
1 NZL 4-7-7-1-5-5-3-6-(8) 38p
2 GBR 11-9-3-2-1-7-(17)-5-3 41p
3 FRA (13)-1-5-4-10-8-2-10-2 42p
4 ISR 1-3-1-3-17-6-(19)-19-1 51p
5 BRA 12-6-(13)-7-6-3-6-7-5 52p
6 GRE 10-2-12-11-8-10-5-(15)-10 68p
7 HKG 5-4-2-5-3-(33)-21-29-7 76p
8 ESP 8-13-(18)-18-16-9-4-4-6 78p
9 POR (18)-10-10-8-14-16-9-3-13 83p
10 CHN 2-8-9-16-2-14-(22)-14-19 84p
14 JPN 6-20-6-14-7-23-8-(25)-12 96p

◎レーザー級 43カ国参加 9R消化/全9R+MR
1 GBR (15)-2-15-1-9-7-1-4-6 45p
2 SWE 7-16-8-2-8-13-(22)-7-2 63p
3 POR 5-8-3-(27)-17-6-16-8-3 66p
4 SLO (24)-4-14-6-2-11-18-1-11 67p
5 ITA 6-3-5-(36)-10-15-11-9-10 69p
6 NZL 2-5-(40)-20-24-5-5-17-1 79p
7 ARG 1-12-10-28-14-1-2-(31)-16 84p
8 FRA 19-1-12-9-6-10-30-5-(34) 92p
9 NOR 10-11-17-10-3-8-13-21-(38) 93p
10 CAN 13-23-26-5-4-3-(28)-2-19 95p
35 JPN 36-32-16-17-31-(44)-31-44-28 235p

◎49er級 19カ国参加
金 DEN 銀 ES 銅 GER
4 ITA 5 AUS 6 USA
7 BRA 8 AUT 9 GBR
10 FRA
12 JPN

◎FIN級 26カ国参加
金 GBR 銀 USA 銅 FRA
4 SWE 5 CAN 6 DEN
7 SLO 8 DEN 9 ESP
10 POL

◎イングリング級 15カ国参加
金 GBR 銀 NED 銅 GRE
4 GER 5 FRA 6 RUS
7 USA 8 CHN 9 NOR
10 AUS

◎レーザーラジアル級 28カ国参加 9R消化/全9R+MR
1 USA 33p 2 LTU 40p 3 CHN 44p

◎スター級 16カ国参加 7R消化/全10R+MR
1 SWE 23p 2 GBR 26p 3 FRA 32p

◎トーネード級 15カ国参加 7R消化/全10R+MR
1 ESP 20p 2 AUS 20p 3 GRE 32p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:53| Comment(0) | オリンピック

【五輪】リアルタイム速報

17:07 JST 日本レーザー級9R 28位フィニッシュ
16:53 JST 日本レーザー級9R アウターマーク35位回航
16:29 JST 日本レーザー級9R 第1上(1)マークを36位回航
16:13 JST 日本レーザー級9Rスタート 265度、11kt
15:35 JST 470級女子 金AUS 銀NED 銅BRA
15:35 JST 470級女子MRフィニッシュ 1.BRA 2.ISR 3.ITA
15:31 JST 470級女子第2上(1)マーク 1.BRA 2.ISR 3.ITA
15:27 JST 470級女子第2下(4)マーク 1.ISR 2.BRA 3.ITA
15:20 JST 日本レーザー級8R DNF
15:19 JST 470級女子第1上(1)マーク 1.ISR 2.BRA 3.ITA
15:11 JST 470級女子MRスタート 290度、9kt
14:55 JST 日本RS:X級女子9R 10位フィニッシュ
14:49 JST 日本レーザー級8R 第2上(1)マークを11位回航
14:48 JST 日本RS:X級女子9R 第2下(3)マーク10位回航
14:30 JST 日本RS:X級女子9R アウターマーク10位回航
14:29 JST 日本レーザー級8R 第1下(4)マークを9位回航

14:39JST 470級MRフィニッシュ 1 AUS(金) 2 JPN(7) 3 GBR(銀) 4 ESP(5) 5 ITA(6) 6 FRA(銅) 7 NED(4) 8 CRO(9) 9 ARG(10) 10 POR(8)

14:36 JST 470級フィニッシュ 日本2位、総合7位入賞!
14:34 JST 日本RS:X級男子9R 12位フィニッシュ

14:32 JST 470級MR第2上(1)マーク 1 AUS(金) 2 ESP(5) 3 JPN(7) 4 GBR(銀) 5 ITA(6) 6 FRA(銅) 7 ARG(9) 8 CRO(10) 9 NED(4) 10 POR(8)

14:30 JST 日本RS:X級女子9R 第2上(1)マークを11位回航
14:29 JST 日本レーザー級8R 第1上(1)マークを8位回航

14:27 JST 470級MR第1下(4)マーク 1 AUS(金) 2 FRA(銀) 3 ARG(7) 4 ESP(5) 5 JPN(9) 6 GBR(銅) 7 ITA(6) 8 CRO(10) 9 POR(8) 10 NED(4)

14:21 JST 470級MR第1上(1)マーク 1 AUS(1) 2 FRA(2) 3 ESP(4) 4 JPN(8) 5 ARG(9) 6 ITA(6) 7 CRO(10) 8 POR(7) 9 GBR(5) 10 NED(3)

14:19 JST 日本RS:X級女子9R 第1下(4)マークを9位回航
14:18 JST 日本RS:X級男子9R 第2下(3)マークを17位回航
14:13 JST 日本RS:X級女子9R 第1上(1)マークを9位回航
14:10 JST 470級MRスタート 295度、10kt
14:08 JST 日本RS:X級女子9Rスタート 290度、13kt
14:07 JST 日本レーザー級8Rスタート 300度、16kt
14:07 JST 日本RS:X級男子9R 第1下(3)マークを18位回航
13:47 JST 日本RS:X級男子9Rスタート 290度、10kt
13:32 JST 日本レーザー級7R 30位フィニッシュ
13:24 JST 日本レーザー級7R アウターマーク30位回航
13:21 JST 49er級審議終了 金DEN 銀ESP 銅GER
13:18 JST 日本RS:X級女子8R 11位フィニッシュ
13:17 JST 日本レーザー級7R 第2上(1)マークを29位回航
13:12 JST 日本RS:X級女子8R アウター(2)マーク11位回航
13:09 JST 日本RS:X級男子8R 25位フィニッシュ
13:05 JST 日本RS:X級女子8R 第2下(4)マークを14位回航
13:03 JST 日本RS:X級男子8R 第3下(3)マークを25位回航
12:58 JST 日本レーザー級7R 第1上(1)マークを23位回航
12:56 JST 日本RS:X級女子8R 第2上(1)マークを13位回航
12:45 JST 日本RS:X級男子8R 第2下(3)マークを17位回航
12:43 JST 日本RS:X級女子8R 第1下(4)マークを11位回航
12:40 JST 日本RS:X級男子8R 第1下(3)マークを19位回航
12:40 JST 日本レーザー級7R スタート。295度、16kt
12:35 JST 49er級プロテストの結果はまだ発表されず

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 12:36| Comment(1) | オリンピック

バルクヘッド最大風速MAX

hwnjm.jpg
上の写真、どこだと思います? 正解はアラスカ。ではなく伊豆諸島新島南東にある「白ママ断層崖」です。日本にはこんなに美しい景色が残されています。こんな絶景の中を風の力を頼りに走るセーリングの贅沢。ヨットって素晴らしい乗り物です。写真提供:SUさん

 高校野球、北京五輪が終盤。そして、インターハイもはじまり、夏の青春イベントが最高潮に盛りあがっています。バルクヘッドマガジンのアクセス数も、先週火曜日に最高記録を達成しました。きょうか明日には、さらに記録を更新しそうな気配アリです。

 バルクヘッドマガジンのスタンスは、これまでに何度か書いてきたとおり、年齢、地域、国、艇種を問わない情報の共有、を目的のひとつにしています。こう書くと堅苦しいですが、カンタンにいえばいろんなセーリングを知ろうということ。

 ディンギーセーラーにキールボートの世界を知ってほしいし、インショアレースだけしか経験したことのないセーラーには、外洋の魅力を知ってほしい。そして、ベテランセーラーには、がんばっている若者を知ってほしい。いろんなことを知り、考えることで日本のセーリングが魅力的になればいいな、という気持ちで製作しています。

 さて、バルクヘッドマガジンは、読者のアクセスとスポンサー各社の応援により運営されています。広告にご興味のある企業、また応援していただける方は、下記の媒体資料をご覧になったうえで、e-mail:editor@sailmagazine.jpまでご連絡をください。

◎BULKHEAD magazine 媒体資料(PDF。2008.8改訂)
ご案内:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise01.pdf
料金等:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise02.pdf

◎広告協賛各社のインフォメーション
トーヨーアサノ
社会人として働きながらヨットの夢を追い続けたいなら、まず行動。ドーンと現場に踏み込もう。トーヨーアサノではガッツある人材を募集しています。

SWING
西宮で活動する強豪レーシングチーム。現在、9月のジャパンカップ(日本外洋選手権)へ向けて着々と準備中とか。SWINGではチームメンバーを募集しています。

パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
今年カウズウィークのレーザーSB3クラスで優勝したのは、マッチレース世界ランクNo.1のIan Williams。世界的におもしろい展開になってきました。

ノースセールジャパン
470級では世界トップのシェアを持つジャパンノース。セールデザインだけでなく、緻密な分析能力にも定評あり。世界のセーリング技術情報も豊富です。

ファクトリーゼロ
ディンギーRSシリーズからランチャー(船台)、オーニング、マスト、ブーム、リギン等レーシングパーツを販売する同社。ウエブサイトでは通販もおこなっています。

ハーケンジャパン
艤装品に求めるこだわりはさまざま。軽いこと。種類が豊富なこと。丈夫なこと。メンテしやすいこと等々。ハーケンならあらゆる目的を満たしてくれることでしょう。

プラネット・グリーン
ヘリーハンセンやアウトドアブランドのウエブストア「プラネット・グリーン」。同社では環境活動にも力を入れています。海を汚さない。セーラーの基本ですね。

SOHO
いつも元気なJ/24チーム。今年は練習の成果があらわれてきているようで、毎月のレースではGood Job。SOHO Blogはチームの成長記録をみているようです。

シエスタ
マッチレース、J/24、そしてエッチェルでも活動するイケメン・キールボート軍団。エッチェルはいつ和歌山にやってくるんでしょうか? メンバー募集してます。

posted by BULKHEAD at 12:19| Comment(0) | コラム

インターハイでライブ配信

 8月17〜20日まで埼玉総体(インターハイ)ヨット競技が開催されています。開催場所は東京都立若洲海浜公園ヨット訓練所。埼玉県には海がないため東京湾で開催されることになりました。

 インターハイは高校生にとって一年間の集大成。FJ級で競われる本大会には、男子67艇、女子40艇が出場。ソロ(個人)とデュエット(団体)種目で戦います。また、同大会では、成績速報(暫定)とインターネットでライブ映像が配信されています。

◎埼玉総体公式応援サイト(速報、ライブ映像等)
http://www.kizunakatsudo.jp/inhigh/yacht/yacht.html
◎埼玉総体公式成績
http://www.kirokukensaku.com/inter/inter_index.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 07:43| Comment(0) | ディンギー

2008年08月17日

【五輪】踏ん張る日本RS:X

 北京五輪セーリング競技。本日17日は、本大会ではじめて雨、視界悪、強風のハードコンディションとなりました。日本選手が出場したのは、RS:X級男女(2R)、レーザー級(1R)です。また、フィン級、イングリング級、49er級でメダルレースがおこなわれました。

 RS:X級女子の小菅は、強風域できびしい展開を強いられたようです。2レースとも18位の順位で、スタートからフィニッシュまで思うように浮上できません。強風で息を吹き返したのが、イタリア、ポーランド、ウクライナ。上位のベテラン勢は順位を崩すことなく安定しています。

 男子の富澤は第6Rでカットレースとなる23位を叩きますが、第7Rで7位を獲得。メダルレースボーダーの10位をキープしています。明日18日のRS:X級は3レースが予定されています。

 レーザー級の飯島は、ブラックフラッグ(スタート時のフライングによる失格)となりました。

 メダルレースではさまざまなドラマが生まれました。フィン級のベン・エインズリーは20ノットオーバーに吹き上がるなかでも余裕のトップフィニッシュを決めて完全勝利。シドニー(レーザー級)、アテネ(フィン級)に続いて3度目の金メダルを獲得しました。

 ベンはアメリカズカップ・シンジケートのORIGIN(GBR)に所属していて、前大会はチーム・ニュージーランドのヘルムスマン(フリートレース時)を務めました。ベンの金メダルは世界中の予想通りとなりますが、またもや彼の株は急上昇です。いま、いちばん旬なセーラーであることに間違いありません。

 イングリング級はこちらも大方の予想通りにイギリスの“イングリング・ガールズ”が、オランダを振り切って金メダルを獲得しました。そして、おどろかされたのは、銅メダルを獲得したギリシアです。

 ヘルムスマンのソフィアはアテネ470級の金メダリスト。イングリング級に転向した後はまったくパッとせず、世界選手権でも16位(07年)、14位(08年)の成績。五輪出場国枠も08年度の世界選手権でかろうじて獲得したほどで、北京五輪では健闘するだろうけれどもメダルには及ばない、と予想していました。

 しかし、ギリシアは北京五輪2日目以降に劇的な強さをみせつけました。これがオリンピックの戦い方を知っているメダルリストのパワーなのでしょうか。感服しました。

 49er級はメダルレースで、レース委員会から暫定総合1位のデンマークへプロテストがあり、いまだ審議が続いているようです(22:30現在)。メダルレースとはフィニッシュ後、その場で成績が決まるように(テレビ報道向けに)発案されたファイナルレースです。この事件は想定外のできごとともいえますが、こうした例もあるんですね。

 さて、明日は470級男子、松永/上野が出場するメダルレースが、現地時間13時(日本時間14時)よりおこなわれます。バルクヘッドマガジンは、明日18日もリアルタイム速報で北京五輪セーリング競技を追いかける予定です。携帯電話からも同アドレスでチェックできます。おたのしみに。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※種目によりプロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 AUS 25p
2 NED 43p(+18)
3 BRA 58p(+15)
4 ISR 62p(+4)
5 AUT 68p(+6)
6 CZE 69p(+1)
7 ITA 69p(0)
8 ESP 72p(+3)
9 GBR 74p(+2)
10 GER 78p(+4)
14 JPN
本日17日はレースなし

◎470級男子 29カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 AUS 42p
2 NED 64p(+22)
3 FRA 66p(+2)
4 GBR 69p(+3)
5 ESP 79p(+10)
6 ITA 81p(+2)
7 POR 82p(+1)
8 CRO 91p(+9)
9 ARG 92p(+1)
10 JPN 93p(+1)
本日17日はレースなし

◎RS:X級女子 27カ国参加 7R消化/全10R+MR
1 CHN 1-1-1-3-3-(13)-7 16p
2 ITA 6-2-9-1-(28)-3-2 23p
3 AUS 2-4-3-8-1-8-(9) 26p
4 ESP 3-5-5-2-5-(11)-8 28p
5 NZL (12)-7-12-4-2-4-3 32p
6 GBR 4-3-11-6-(28)-6-5 35p
7 UKR 5-6-(14)-11-10-1-4 37p
8 POL (17)-16-17-5-4-2-1 45p
9 HKG 10-10-6-(13)-7-12-6 51p
10 NOR 7-(28)-2-12-9-10-15 55p
11 GRE 15-15-16-10-(19)-5-11 72p
12 FRA 8-(28)-10-7-11-19-17 72p
13 JPN 9-12-4-17-14-(18)-18 74p

◎RS:X級男子 35カ国参加 7R消化/全10R+MR
1 NZL 4-(7)-7-1-5-5-3 25p
2 FRA (13)-1-5-4-10-8-2 30p
3 ISR 1-3-1-3-17-6-(19) 31p
4 GBR 11-9-3-2-1-7-(17) 33p
5 HKG 5-4-2-5-3-(33)-21 40p
6 BRA 12-6-(13)-7-6-3-6 40p
7 GRE 10-2-(12)-11-8-10-5 46p
8 CHN 2-8-9-16-2-14-(22) 51p
9 UKR 3-16-4-9-13-11-(24) 56p
10 JPN 6-20-6-14-7-(23)-8 61p

◎レーザー級 43カ国参加 6R消化/全10R+MR
1 GBR (15)-2-15-1-9-7 34p
2 SLO (24)-4-14-6-2-11 37p
3 ARG 1-12-10-(28)-14-1 38p
4 FRA (19)-1-12-9-6-10 38p
5 SWE 7-(16)-8-2-8-13 38p
6 POR 5-8-3-(27)-17-6 39p
7 ITA 6-3-5-(36)-10-15 39p
8 NOR 10-11-(17)-10-3-8 42p
9 RUS 11-14-4-8-7-(26) 44p
10 CYP 8-7-(24)-14-5-12 46p
33 JPN 36-32-16-17-31-(44) 132p

◎49er級 19カ国参加 ※暫定
1 DEN 61p 2 ESP 64p 3 GER 66p
4 ITA 66p 5 AUS 73p 6 USA 89p
7 BRA 99p 8 AUT 99p 9 GBR 100p
10 FRA 109p
12 JPN

◎FIN級 26カ国参加
金 GBR 銀 USA 銅 FRA
4 SWE 5 CAN 6 DEN
7 SLO 8 DEN 9 ESP
10 POL

◎イングリング級 15カ国参加
金 GBR 銀 NED 銅 GRE
4 GER 5 FRA 6 RUS
7 USA 8 CHN 9 NOR
10 AUS

◎レーザーラジアル級 28カ国参加 6R消化/全10R+MR
1 LTU 17p 2 USA 23p 3 NZL 24p

◎スター級 16カ国参加 3R消化/全10R+MR
1 POL 21p 2 FRA 22p 3 SWE 23p
じわじわ追い上げてきたBRAが現在7位(28p)

◎トーネード級 15カ国参加 4R消化/全10R+MR
1 ESP 12p 2 AUS 13p 3 GRE 26p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:39| Comment(0) | オリンピック

【五輪】リアルタイム速報

21:00 49er級メダルレースでプロテスト
 DENがマストを破損(?)し、CROから借りてメダルレースへ出場したことにレースコミティからDENへ抗議
18:15 JST 49er級 金DEN 銀ESP 銅GER(Pending)
 49er級メダルレースは壮絶すぎる展開。一体何が?
18:13 JST 49級フィニッシュ 1.ESP 2.GER 3.GBR
18:08 JST 49級1マーク 1.AUS 2.ITA 3.GER
17:59 JST 49級4マーク 1.AUT 2.ITA 3.AUS
17:59 JST 49級1マーク 1.AUT 2.ITA 3.USA
17:47 JST 49級4マーク 1.AUT 2.ITA 3.AUS
17:47 JST 49級1マーク 1.FRA 2.AUT 3.ITA
17:45 JST 49級MR スタート。135度、14kt
17:22 JST フィン級 金GBR 銀USA 銅FRA
17:22 JST フィン級フィニッシュ 1.GBR 2.DEN 3.ESP
17:12 JST フィン級4マーク 1.GBR 2.FRA 3.DEN
17:06 JST フィン級1マーク 1.GBR 2.FRA 3.DEN
16:58 JST フィン級MR スタート。125度、16kt
15:43 JST 日本RS:X級女子7R 18位フィニッシュ
15:38 JST 日本RS:X級女子7R アウター(2)マーク18位回航
15:31 JST 日本RS:X級女子7R 第2下(4)マークを18位回航
15:17 JST 日本RS:X級女子7R 第1下(4)マークを19位回航
15:08 JST 日本レーザー級5R BFD
15:07 JST 日本RS:X級男子7R 8位フィニッシュ
15:05 JST 日本RS:X級女子7R スタート。90度、22kt
14:58 JST 日本RS:X級男子7R 第2下(3)マークを8位回航
14:42 JST 日本RS:X級男子7R 第1上(1)マークを10位回航
14:40 JST イングリング級 金GBR 銀NED 銅GRE
14:38 JST イングリング級フィニッシュ 1.GBR 2.GER 3.GRE
14:36 JST 日本RS:X級男子7R スタート。90度、22kt
14:33 JST イングリング級1マーク 1.GER 2.GBR 3.GRE
14:26 JST イングリング級4マーク 1.GBR 2.GRE 3.GER
14:19 JST イングリング級1マーク 1.GBR 2.NED 3.GRE
14:15 JST イングリング級MR スタート。95度、11kt
13:56 JST 日本レーザー級5R スタート。110度、15kt
13:55 JST 日本RS:X級男子6R 23位フィニッシュ
13:53 JST 日本RS:X級女子6R 18位フィニッシュ
13:51 JST 日本RS:X級男子6R 第3下(3)マークを23位回航
13:48 JST 日本RS:X級女子6R 第3上(1)マークを18位回航
13:45 JST 日本RS:X級女子6R 第2下(4)マークを18位回航
13:43 JST 日本RS:X級男子6R 第2下(3)マークを23位回航
13:38 JST 日本RS:X級女子6R 第2上(1)マークを18位回航
13:35 JST 日本RS:X級男子6R 第2上(1)マークを23位回航
13:34 JST 日本RS:X級女子6R 第1下(4)マークを19位回航
13:28 JST 日本RS:X級男子6R 第1下(3)マークを25位回航
13:27 JST 日本RS:X級女子6R 第1上(1)マークを18位回航
13:22 JST 日本RS:X級女子6R スタート。115度、16kt
13:22 JST 日本RS:X級男子6R アウター(2)マーク17位回航
13:17 JST 日本RS:X級男子6R 第1上(1)マークを15位回航
13:16 JST 日本RS:X級男子6R スタート。115度、16kt

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 12:07| Comment(2) | オリンピック

2008年08月16日

【五輪】松永/上野MRへ

 北京五輪セーリング競技。本日16日は、RS:X級男女以外の日本選手が出場する種目がおこなわれました。49er級、470級男女は予選最終日となり、470級男子の松永/上野が暫定10位でメダルレース進出を果たしています。

 松永/上野は、NZLと10位争いを演じました。第10レースでは、NZL(天才高校生、Carl Evans)と連なる場面もあり、マーク回航順位をみながらひやひやした方も多かったでしょう。メダルレースでは日本チームを代表して存分にあばれてください。470級のメダルレースは、18日(月)におこなわれます。

 470級女子の近藤/鎌田は、第9レースで2度目のトップフィニッシュを飾りましたが、メダルレースへ進むことはできず。14位でレースを終えました。

 3レースがおこなわれた49er級は、マーク回航ごとに順位が変動する荒れた内容。石橋/牧野の第10レースではトップを走る場面もあり、また最終12レースでも最高2位まであがることがありました。しかし、最終的には若干順位を落とし、メダルレースへ進出できませんでした。

 本日1レースだけおこなわれたレーザー級の飯島は31位。明日はぜひともカラリとした成績を見たいものです。

 さて、予定されていたフィン級とイングリング級のメダルレースは風が弱いために明日へ延期されました。明日の予定は、49er級、フィン級、イングリング級のメダルレースとレーザー級、レーザーラジアル級、RS:X級男女、スター級、トーネード級がそれぞれ3レースが予定されています。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※プロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 AUS 2-2-4-1-(9)-4-2-5-3-2 25p
2 NED 3-1-9-5-2-2-10-7-4-(16) 43p
3 BRA 11-(16)-5-10-7-6-6-2-7-4 58p
4 ISR 8-13-1-2-8-(19)-3-1-11-15 62p
5 AUT 9-(20)-13-7-1-7-1-13-6-11 68p
6 CZE 6-4-(12)-11-11-5-11-11-9-1 69p
7 ITA 14-7-6-3-6-11-4-(19)-12-6 69p
8 ESP 4-5-2-6-13-10-13-(17)-2-17 72p
9 GBR (20)-8-3-4-15-13-8-3-15-5 74p
10 GER 7-6-11-9-5-12-(20)-8-8-12 78p
14 JPN 13-(15)-14-15-14-1-12-10-1-13 93p
AUSがNEDに18点差をつけてメダルレースへ。AUSは高確率で金メダルを獲得するでしょう。3〜7位までは逆転もありそう。

◎470級男子 29カ国参加 10R消化/全10R+MR
1 AUS 4-7-3-3-3-4-5-(16)-3-10 42p
2 NED 11-(15)-12-2-8-15-2-8-4-2 64p
3 FRA 6-3-8-1-6-18-3-14-7-(20) 66p
4 GBR 19-5-1-4-9-6-20-(30)-2-3 69p
5 ESP 8-2-6-9-13-13-13-4-11-(18) 79p
6 ITA 10-4-7-7-2-21-19-6-(29)-5 81p
7 POR 2-8-15-6-11-7-9-(30)-10-14 82p
8 CRO 18-6-9-(30)-12-17-6-7-15-1 91p
9 ARG 14-14-4-11-19-9-7-(30)-5-9 92p
10 JPN 1-20-(24)-13-10-14-1-9-21-4 93p
ついにオーストラリアがメダルレースを待たずに金メダル獲得!(2位以下に20点差以上あるため)。NED、FRA、GBRの銀、銅メダル争いに注目。トップを2度獲得した日本に神風は吹くのか?

◎RS:X級女子 27カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 CHN 1-1-1-(3)-3 6p
2 AUS 2-4-3-(8)-1 10p
3 ESP 3-(5)-5-2-5 15p
4 ITA 6-2-(9)-1-7 16p
5 GBR 4-3-11-6-(28) 24p
6 NZL (12)-7-12-4-2 25p
7 NOR 7-(28)-2-12-10 31p
8 UKR 5-6-(14)-11-11 33p
9 HKG 10-10-6-(13) 34p
10 FRA 8-(28)-10-7-12 37p
11 JPN 9-12-4-(17)-15 40p
本日16日はレースなし。

◎RS:X級男子 35カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 ISR 1-3-1-3-(17) 8p
2 HKG (5)-4-2-5-3 14p
3 GBR (11)-9-3-2-1 15p
4 NZL 4-(7)-7-1-5 17p
5 FRA (13)-1-5-4-10 20p
6 CHN 2-8-9-(16)-2 21p
7 UKR 3-(16)-4-9-13 29p
8 GRE 10-2-(12)-11-8 31p
9 BRA 12-6-(13)-7-6 31p
10 JPN 6-(20)-6-14-7 33p
本日16日はレースなし。

◎49er級 19カ国参加 12R消化/全12R+MR
1 DEN 2-4-(10)-4-2-3-4-2-9-2-7-8 47p
2 ITA 3-9-1-1-6-9-3-8-12-(17)-3-3 58p
3 AUS (20)-1-7-3-1-1-6-4-6-12-2-18 61p
4 ESP 1-10-17-2-(20)-5-7-10-3-4-1-2 62p
5 GER (15)-6-11-6-3-2-2-12-4-5-4-7 62p
6 USA 5-14-15-(16)-5-10-1-1-1-3-8-4 67p
7 AUT 9-2-(14)-8-13-7-5-7-7-13-5-1 77p
8 BRA 10-5-8-9-9-4-12-5-11-1-9-(13) 83p
9 GBR 4-3-5-14-14-15-(20)-3-2-8-11-15 94p
10 FRA 7-8-4-5-11-13-11-13-14-7-6-(17) 99p
12 JPN 8-(17)-3-13-8-12-8-9-17-6-14-5 103p
トップは1度も取っていませんが、抜群の安定感を誇るDENが首位へ。ITA、AUS、ESP、GERが僅差でメダルを争います。

◎レーザー級 43カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 ITA 6-3-5-(36)-10 24p
2 SWE 7-(16)-8-2-8 25p
3 SLO (24)-4-14-6-2 26p
4 GBR (15)-2-15-1-9 27p
5 FRA (19)-1-12-9-6 28p
6 RUS 11-(14)-4-8-7 30p
7 POR 5-8-3-(27)-17 33p
8 NOR 10-11-(17)-10-3 34p
28 JPN (36)-32-16-17-31 96p
春先まで国内選考でレベルアップを図っていたITAが1位へ。明日より後半戦へ突入です。

◎FIN級 26カ国参加 8R消化/全8R+MR
1 GBR 21p
2 USA 33p
3 SWE 44p
メダルレースがスタートしたものの風がなくなりノーレースになったよう。GBRはUSAを抑えれば金メダル。2艇のマッチレースになりそう。

◎イングリング級 15カ国参加 8R消化/全8+MR
1 GBR 22p
2 NED 23p
3 GRE 42p
GBR対NED。予想よりも他種目でGBRが低迷気味なので、なんとしても金メダルを獲得したいところ。

◎レーザーラジアル級 28カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 NZL 10p
2 LTU 13p
3 USA 20p

◎スター級 16カ国参加 3R消化/全10R+MR
1 USA 14p
2 NZL 15p
3 POR 16p

◎トーネード級 15カ国参加 3R消化/全10R+MR
1 ESP 8p
2 AUS 12p
3 ARG 15p
USAチームが使用するコード0(ジブとジェネカーの中間に位置するヘッドセール)に注目が集まりますが、成績はいまひとつ。ただいま13位/15位中。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:16| Comment(0) | オリンピック

【五輪】リアルタイム速報

18:06 JST 日本470級男子第10R 4位フィニッシュ。MR進出へ
18:00 JST 日本470級男子第10R 第2下(3)マークを4位回航
17:45 JST 日本470級男子第10R アウター(2)マーク5位回航
17:43 JST 日本470級男子第10R 第2上(1)マークを5位回航
17:41 JST 日本470級男子第10R 第1下(4)マークを3位回航
17:23 JST 日本470級男子第10R 第1上(1)マークを3位回航
17:13 JST 日本470級男子第10R スタート
16:58 JST 日本470級女子第10R 13位フィニッシュ
16:48 JST 日本470級女子第10R 第2上(2)マークを13位回航
16:24 JST 日本470級女子第10R 第1下(3)マークを11位回航
16:13 JST 日本470級女子第10Rアウター(2)マーク13位回航
16:07 JST 日本49er級第12R 5位フィニッシュ
16:06 JST 日本470級女子第10R 第1上(1)マークを15位回航
16:00 JST 日本49er級第12R 第2上(1)マークを2位回航
15:58 JST 日本470級男子第9R 21位フィニッシュ
15:58 JST フィン級MR。GBR対USA金メダル争奪マッチレース
15:53 JST 日本470級女子第10R スタート
15:49 JST 日本470級男子第9R アウター(2)マーク22位回航
15:47 JST 日本49er級第12R 第1下(4)マークを4位回航
15:42 JST 日本470級男子第9R 第2上(1)マークを23位回航
15:40 JST 日本レーザー級第5R 32位フィニッシュ
15:36 JST 日本49er級第12R 第1上(1)マークを3位回航
15:29 JST 日本レーザー級第5R アウター(2)マーク33位回航
15:26 JST 日本49er級第12R スタート
15:25 JST 日本レーザー級第5R 第2上(1)マークを33位回航
15:13 JST 日本470級男子第9R 第1下(4)マークを16位回航
15:17 JST 日本470級女子第9R 1位フィニッシュ
15:13 JST 日本470級男子第9R 第1上(1)マークを16位回航
15:12 JST 日本470級女子第9R 第2下(3)マークを1位回航
15:09 JST 日本470級女子第9R 第2上(2)マークを1位回航
15:02 JST 日本49er級第11R 14位フィニッシュ
14:58 JST 日本470級男子第9R スタート
14:57 JST 日本レーザー級第5R 第1下(4)マークを33位回航
14:50 JST 日本49er級第11R 第1下(4)マークを17位回航
14:49 JST 日本470級女子第9R 第1下(3)マークを1位回航
14:48 JST 日本レーザー級第5R 第1上(1)マークを34位回航
14:42 JST 日本49er級第11R 第1上(1)マークを14位回航
14:40 JST 日本470級女子第9R アウター(2)マークを1位回航
14:34 JST 日本470級女子第9R 第1上(1)マークを1位回航
14:27 JST 日本レーザー級第5R スタート
14:27 JST 日本49er級第11R スタート
14:25 JST 日本470級男子第8R 9位フィニッシュ
14:13 JST 日本470級女子第9R スタート
14:13 JST 日本470級男子第8R アウター(2)マークを6位回航
14:02 JST 日本470級男子第8R 第2上(1)マークを3位回航
13:52 JST 日本470級男子第8R 第1下(3)マークを8位回航
13:48 JST 日本470級男子第8R 第1上(1)マークを11位回航
13:44 JST 日本49er級第10R 6位フィニッシュ
13:33 JST 日本49er級第10R 第2上(1)マークを1位回航
13:31 JST 日本49er級第10R 第1下(4)マークを2位回航

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 13:34| Comment(0) | オリンピック

江の島にスナイプ64艇集結

 8月9日、10日、江の島で東日本スナイプ選手権が開催されました。

 64艇の参加で行われたレースは、初日10ノット前後シーブリーズのなか、第1レースを 豊田織機の新鋭、高橋/加藤がスタートからフィニッシュまで、終始安定したスピードと手堅いコースでトップ。第2レースはSPNの吉岡/斉藤が堅実なレース展開で、1上を僅差でトップ回航。後半2ノットまで落ちたにもかかわらずトップを守りました。

 2日目は東の風で武居/加藤がダントツでフィニッシュ。最終レースは、豊田織機のベテラン、世界選手権2位の実績を持つ 松崎/田中が余裕のトップとなりました。最終結果は豊田織機が1、2、3位を独占。高橋/加藤が優勝をものにし、来年の世界選手権優勝に向けて着々と準備を進んでいるようです。

 また、今回から今大会はノースセールの特別協賛による開催となり、9日のレセプションパーティーでは、フラダンス、レース中のビデオの上映、トップセーラーのセーリングテクニックインタビューがおこなわれました。

 ビンゴゲームではノースセールが用意したたくさんのグッズの他、ジブセールが景品として提供され、会場は大いに盛り上がりました。レースだけでなくアフターレースも大いに楽しんだセーラーたちは、今回の企画による今回の東日本選手権に大満足だったようです。来年の大会は地方へも参加者を募る予定です。(レポート/スナイプ協会)

◎東日本スナイプ選手権大会 8.9-10 江の島沖
1. 高橋洸志/加藤拓海(豊田自動織機)19.75p
2. 松崎茂/田中年彦(豊田自動織機)27.75p
3. 児玉芭晴/杉浦博之(豊田自動織機)33p
4. 武居徳真/加藤真(月光)44.75p
5. 吉岡岳史/齋藤浩二(エス・ピー・ネットワーク)55.75p
6. 木内蓉子/岩崎祐二(早稲田大学)56p

◎東日本スナイプ成績(関東スナイプ協会サイト内)
http://snipekanto.hp.infoseek.co.jp/result_080810.htm

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:23| Comment(0) | ディンギー

【五輪】ドラマは終盤へ

 さて、約2週間続く北京五輪セーリング競技は後半戦へ突入しました。14日は風がなくノーレースとなり、また昨日15日もレースを消化できなかったために予定が大きく変更されています。青島は日本よりマイナス1時間。日本時間13時以降にレースが開始される予定です。

8月16日(土)
470級男子 12:00 より3レース予定
470級女子 13:00より2レース予定
49er級 12:00より3レース予定
RS:X級男子 14:00より3レース予定
RS:X級女子 14:00より3レース予定
レーザー級 12:00より3レース予定

8月17日(日)
470級男女 予備日
49er級 メダルレース
RS:X級男女 予備日
レーザー級 3レース予定

8月18日(月)
470級男女 メダルレース
RS:X級男女 2レース予定
レーザー級 予備日

8月19日(火)
レーザー級 メダルレース
RS:X級男女 予備日

8月20日(水)
RS:X級男女 メダルレース
※16日のレース次第で予備日やレース数は変更される場合があります。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:51| Comment(0) | オリンピック

2008年08月15日

【五輪】やった!松永上野

 北京五輪セーリング競技。風がなくノーレースになった昨日の影響で大幅にスケジュールが変更されましたが、本日も風は吹かず。風待ちの末、470級女子2レース、470級男子、レーザー級、RS:X級男女が1レースがおこなわれ、49er級はおこなわれませんでした。

 本日、日本チームで気勢をあげたのは470級男子の松永/上野です。第1マークから艇団を率いてトップ回航。そのまま北京五輪2度目のトップフィニッシュを飾り、総合順位も9位へアップしました。

 全7レースを終えた470級男子は、あと最大3レースでメダルレースへ突入します。松永/上野にとって、残りのレースでどこまで上がることができるのかが勝負。メダルレースでは2倍ポイントとなるだけに、大幅な順位変動もありえます。めいっぱい調子を上げてほしいところです。

 470級女子の近藤/鎌田は、12、10位の成績。なかなか前を走らせてもらえないようです。トップは、オランダを蹴散らしてオーストラリアが返り咲いています。

 またRS:X級男女も奮闘しています。男子の富澤は10位へアップ。小菅も11位でメダルレースのボーダーラインに立っています。葉山町の農協には「がんばれ、J9小菅寧子」の垂れ幕が掛けられています。町民一同、応援してますよ。がんばれ!

 さて、ここでメダルレース(MR)のおさらいです。メダルレースとは、上位10艇によりおこなわれるファイナルレースのこと。メダルレースの得点は通常の2倍となり、これまでの得点にプラスされて総合得点で順位が決まります(メダルレースの得点はカットできません)。

 また、メダルレースのケース(抗議)は、ジャッジがその場で審判するためにフィニッシュ後、すぐに結果が発表されるという特徴があります。メダルレースはテレビをはじめとするメディア対応として、北京五輪から採用された新企画。観客にも見てもらえるように、岸の近くで、約30分の短いコースでおこなわれます。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※プロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加 8R消化/全10R+MR
1 AUS 2-2-4-1-(9)-4-2-5 20p
2 NED 3-1-9-5-2-2-(10)-7 29p
3 ISR 8-13-1-2-8-(19)-3-1 36p
4 BRA 11-(16)-5-10-7-6-6-2 47p
5 AUT 9-(20)-13-7-1-7-1-13 51p
6 ITA 14-7-6-3-6-11-4-(19) 51p
7 ESP 4-5-2-6-13-10-13-(17) 53p
8 GBR (20)-8-3-4-15-13-8-3 54p
15 JPN 13-(15)-14-15-14-1-12-10 79p
強風で速いオランダ、イスラエルが軽風域でも実力発揮。軽風の得意なイタリアが不調です。ブラジルが健闘。

◎470級男子 29カ国参加 7R消化/全10R+MR
1 AUS 4-(7)-3-3-3-4-5 22p
2 FRA 6-3-8-1-6 (18)-3 27p
3 POR 2-8-(15)-6-11-7-9 43p
4 GBR 19-5-1-4-9-6-(20) 44p
5 ITA 10-4-7-7-2-(21)-19 49p
6 NED 11-(15)-12-2-8-15-2 50p
7 ESP 8-2-6-9-(13)-13-13 51p
8 GRE 5-(26)-11-8-5-5-18 52p
9 JPN 1-20-(24)-13-10-14-1 59p
オーストラリア、フランスの実力チームに続いて、ポーランドがあがってきました。ポルトガルのアルバロは、オランダ(男子)と同じく強風でめっぽう速いチーム。アルバロのライトウインド対策を知りたいところ。

◎RS:X級女子 27カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 CHN 1-1-1-(3)-3 6p
2 AUS 2-4-3-(8)-1 10p
3 ESP 3-(5)-5-2-5 15p
4 ITA 6-2-(9)-1-7 16p
5 GBR 4-3-11-6-(28) 24p
6 NZL (12)-7-12-4-2 25p
7 NOR 7-(28)-2-12-10 31p
8 UKR 5-6-(14)-11-11 33p
9 HKG 10-10-6-(13) 34p
10 FRA 8-(28)-10-7-12 37p
11 JPN 9-12-4-(17)-15 40p
中国の独壇場。上位陣は予想通りにベテラン勢が台頭してきました。フランス期待のFaustine Merretはただいま10位と不調。

◎RS:X級男子 35カ国参加 5R消化/全10R+MR
1 ISR 1-3-1-3-(17) 8p
2 HKG (5)-4-2-5-3 14p
3 GBR (11)-9-3-2-1 15p
4 NZL 4-(7)-7-1-5 17p
5 FRA (13)-1-5-4-10 20p
6 CHN 2-8-9-(16)-2 21p
7 UKR 3-(16)-4-9-13 29p
8 GRE 10-2-(12)-11-8 31p
9 BRA 12-6-(13)-7-6 31p
10 JPN 6-(20)-6-14-7 33p
アテネでイスラエル初の金メダルをもたらしたGal Fridmanの後継者、Shahar Zubariが首位。優勝候補のTom Ashley(NZL)が怖い存在。

◎49er級 19カ国参加 9R消化/全12R+MR
1 AUS (20)-1-7-3-1-1-6-4-6 29p
2 DEN 2-4-(10)-4-2-3-4-2-9 30p
3 ITA 3-9-1-1-6-9-3-8-(12) 40p
4 GER (15)-6-11-6-3-2-2-12-4 46p
5 USA 5-14-15-(16)-5-10-1-1-1 52p
6 ESP 1-10-17-2-(20)-5-7-10-3 55p
7 AUT 9-2-(14)-8-13-7-5-7-7 58p
8 GBR 4-3-5-14-14-15-(20)-3-2 60p
12 JPN 8-(17)-3-13-8-12-8-9-17 78p
1、2位の首位争いが見物。強豪イギリスは不調のよう。アメリカが3連続トップであがってきました。

◎レーザー級 43カ国参加 4R消化/全10R+MR
1 GBR 15-2-15-1 33p
2 SWE 7-16-8-2 33p
3 RUS 11-14-4-8 37p
4 FRA 19-1-12-9 41p
5 POR 5-8-3-27 43p
6 SLO 24-4-14-6 48p
7 NOR 10-11-17-10 48p
8 ITA 6-3-5-36 50p
28 JPN 36-32-16-17 101p
カットレースの入る5レース以降で順位は変化するので現時点では判断つかず。敵なしと思えたオーストラリアTom Slingsbyが、21-22-21-22で大きく出遅れ。

◎FIN級 26カ国参加 8R消化/全8R+MR
1 GBR 21p
2 USA 33p
3 SWE 44p
イギリスの英雄、ベン・エインズリーの3連続金メダルに王手。練習もそれほどしてなさそうなのに強すぎです(マッチレースやビッグボートのレガッタに出場しているので)。

◎イングリング級 15カ国参加 8R消化/全8+MR
1 GBR 22p
2 NED 23p
3 GRE 42p
イギリスはなんとしても金メダルを取りたい種目。トップはイギリス対オランダ。3〜9位まで10ポイント以内で戦う目の離せない展開。

◎レーザーラジアル級 28カ国参加 4R消化/全10R+MR
1 USA 20p
2 LTU 25p
3 CRO 26p
「Still First」(まだトップだよ)というコメントに好感がもてるアメリカ。08ワールド6位、07ワールド5位。

◎スター級 16カ国参加 1R消化/全10R+MR
1 SWE 1p
2 GER 2p
3 POR 3p

◎トーネード級 15カ国参加 1R消化/全10R+MR
1 ESP 1p
2 GRE 2p
3 NED 3p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:09| Comment(4) | オリンピック

2008年08月14日

【五輪】戦いは明日へ延期

 北京五輪セーリング競技。14日は風がなく、レースは行われず。予定されていたレースはすべて明日以降へ延期されました。明日15日はスター級、トーネード級を含めた全種目が予定され、日本チームはレーザー級(3R予定)、RS:X級男女(2R予定)、49er級(3R予定)、470級(2R予定)に出場します。

◎日本チーム成績 14日時点
470級女子 13-(15)-14-15-14-1…15位
470級男子 1-20-(24)-13-10-14…12位
49er級 8-(17)-3-13-8-12-8-9-17…12位
RS:X級女子 9-12-4-17…9位
RS:X級男子 6-20-6-14…12位
レーザー級 36-32-16…31位

◎レーザーラジアル級 暫定1位 USA:Anna Tunnicliffeのblog
http://www.annatunnicliffe.com/content/blogcategory/29/113/
◎49er級 暫定1位 
AUS:Nathan Outteridge/Ben Austinのblog
http://49er.australiansailingteam.com/default.asp?Page=35653

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:32| Comment(0) | オリンピック

2008年08月13日

【五輪】本領発揮1位獲得

 北京五輪セーリング競技。470級女子の近藤/鎌田は、第5レースで14位なるも、第6レースでトップフィニッシュ。昨日までの低調にひやひやさせられましたが、ようやく彼女たちの本領発揮です。

 470級女子はオランダが、オーストラリアと同点首位に立ちました。世界選手権3連覇の持つオランダは、強風で敵なしと言われる実力チームです。北京五輪へは、微軽風の青島対策としてニューボートの開発に取り組んできました。第5、第6レースともに風速5〜6ノットの風が弱いコンディション。ニューボートの成果があらわれているのでしょうか。

 470級男子の松永/上野は、きょうも中位から抜け出すことができません。ぜひとも第1レースのようなカラッとした成績をみたいものです。

 ムズムズした雰囲気を感じさせる日本勢の中で、気張っているのが49er級の石橋/牧野です。昨日より総合順位を落としてしまいましたが、昨年のテストイベント19位からすると大幅に成長しているのがわかります。

 また、風が安定せず本日1レースだけおこなわれたレーザー級の飯島は16位。最多出場のレーザー級には43カ国が出場しているため16位といえども全体の上位置。他種目とは順位の重さが異なる点に注意です。本命オーストラリアのTom Slingsbyは21位と絶不調。オリンピックに棲む魔物にとりつかれたようです。

 世界の女子メダリストたちが競い合うイングリング級は、イギリスの独走状態。しかし、ライバルのアメリカがあがってきておもしろい展開になりそう。4位にはギリシア(アテネ470金メダル)。個人的に写真撮影したことのあるロシアチームもあがってきています。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※プロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加
1 NED 3-1-(9)-5-2-2 13p
2 AUS 2-2-4-1-(9)-4 13p
3 ESP 4-5-2-6-(13)-10 27p
4 ISR 8-13-1-2-8-(19) 32p
5 ITA (14)-7-6-3-6-11 33p
6 AUT 9-(20)-13-7-1-7 37p
7 CZE 6-4-(12)-11-11-5 37p
8 GER 7-6-11-9-5-(12) 38p
16 JPN 13-(15)-14-15-14-1 57p

◎470級男子 29カ国参加
1 AUS 4-(7)-3-3-3-4 17p
2 FRA 6-3-8-1-6-(18) 24p
3 GBR (19)-5-1-4-9-6 25p
4 ITA 10-4-7-7-2-(21) 30p
5 POR 2-8-(15)-6-11-7 34p
6 GRE 5-(26)-11-8-5-5 34p
7 ESP 8-2-6-9-(13)-13 38p
8 NED 11-(15)-12-2-8-15 48p
12 JPN 1-21-(24)-13-10-14 58p

◎RS:X級女子 27カ国参加
※本日(13日)はレースなし
1 CHN 1-1-1-3 6p
2 ESP 3-5-5-2 15p
3 AUS 2-4-3-8 17p
4 ITA 6-2-9-1 18p
5 GBR 4-3-11-6 24p
6 NZL 12-7-12-4 35p
7 UKR 5-6-14-11 36p
8 HKG 10-10-6-13 39p
9 JPN 9-12-4-17 42p

◎RS:X級男子 35カ国参加
※本日(13日)はレースなし
1 ISR 1-3-1-3 8p
2 HKG 5-4-2-5 16p
3 NZL 4-7-7-1 19p
4 FRA 13-1-5-4 23p
5 GBR 11-9-3-2 25p
6 UKR 3-16-4-9 32p
7 CHN 2-8-9-16 35p
8 GRE 10-2-12-11 35p
12 JPN 6-20-6-14 46p

◎49er級 19カ国参加
1 AUS (20)-1-7-3-1-1-6-4-6 29p
2 DEN 2-4-(10)-4-2-3-4-2-9 30p
3 ITA 3-9-1-1-6-9-3-8-(12) 40p
4 GER (15)-6-11-6-3-2-2-12-4 46p
5 USA 5-14-15-(16)-5-10-1-1-1 52p
6 ESP 1-10-17-2-(20)-5-7-10-3 55p
7 AUT 9-2-(14)-8-13-7-5-7-7 58p
8 GBR 4-3-5-14-14-15-(20)-3-2 60p
12 JPN 8-(17)-3-13-8-12-8-9-17 78p

◎レーザー級 43カ国参加
1 ITA 6-3-5 14p
2 POR 5-8-3 16p
3 ARG 1-12-10 23p
4 RUS 11-14-4 29p
5 SWE 7-16-8 31p
6 FRA 19-1-12 32p
7 GBR 15-2-15 32p
8 USA 14-18-1 33p
31 JPN 36-32-16 84p

◎FIN級 26カ国参加
1 GBR19p
2 USA 25p
3 FRA 30p

◎イングリング級 15カ国参加
1 GBR 17p
2 NED 22p
3 USA 33p

◎レーザーラジアル級 28カ国参加
1 USA 15p
2 CRO 22p
3 LTU 24p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:45| Comment(0) | オリンピック

2008年08月12日

【五輪】近鎌、浮上できず

 北京五輪セーリング競技3日目。470級女子の近藤/鎌田は、波に乗れず総合16位と低迷しています。初日に順位を下げたのは、第1、第2レースとも連続でケースを起こし、ペナルティー(720度回転)を施行したため。本日の内容はわかりませんが、本調子で走れていないことは確かでしょう。早くリズムを取り戻してほしいところです。

 470級女子でトップに立ったのは、昨年の青島テストイベントで優勝したオーストラリアです。スキッパーのElise Rechichiは、日本語の上手なとてもかわいらしい子。2位はスペイン。3位には“470サイボーグ”のオランダが上がってきています。

 470級男子の松永/上野は、上位集団に絡むことができず総合15位へダウン。トップにはアテネの屈辱を晴らしたいオーストラリアが上がってきました。

 本日からはじまったレーザー級の飯島も、トップに絡むことはできず36位と低迷。ここから這い上がるドラマを期待します。

 日本チームで最高順位は、RS:X級女子9位の小菅寧子です。男子の富澤は、昨日よりも2位順位をあげて12位。男女ともに上位陣は安定した成績ですが、ここはメダルレース出場まで踏ん張ってほしいところです。

 ヨットレースは他の競技と違って、約1週間のロングスパンでおこなわれる競技です。前半の失敗は、後半で巻き返すことも可能。明日13日よりレーザー級以外の種目は後半戦へ突入します。

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイム・マークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※プロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加
1 AUS 2-2-4-1 9p
2 ESP 4-5-2-6 17p
3 NED 3-1-9-5 18p
4 ISR 8-13-1-2 24p
5 ITA 14-7-6-3 30p
6 CZE 6-4-12-11 33p
7 GER 7-6-11-9 33p
8 GBR DSQ-8-3-4 35p
16 JPN 13-15-14-15 57p

◎470級男子 29カ国参加
1 AUS 4-7-3-3 17p
2 FRA 6-3-8-1 18p
3 ESP 8-2-6-9 25p
4 ITA 10-4-7-7 28p
5 GBR 19-5-1-4 29p
6 POR 2-8-15-6 31p
7 NED 11-15-12-2 40p
8 SWE 16-18-2-5 41p
15 JPN 1-21-24-13 58p

◎RS:X級女子 27カ国参加
1 CHN 1-1-1-3 6p
2 ESP 3-5-5-2 15p
3 AUS 2-4-3-8 17p
4 ITA 6-2-9-1 18p
5 GBR 4-3-11-6 24p
6 NZL 12-7-12-4 35p
7 UKR 5-6-14-11 36p
8 HKG 10-10-6-13 39p
9 JPN 9-12-4-17 42p

◎RS:X級男子 35カ国参加
1 ISR 1-3-1-3 8p
2 HKG 5-4-2-5 16p
3 NZL 4-7-7-1 19p
4 FRA 13-1-5-4 23p
5 GBR 11-9-3-2 25p
6 UKR 3-16-4-9 32p
7 CHN 2-8-9-16 35p
8 GRE 10-2-12-11 35p
12 JPN 6-20-6-14 46p

◎49er級 19カ国参加
※本日49er級のレースはありません。
1 AUS (20)-1-7-3-1-1 13p
2 DEN 2-4-(10)-4-2-3 15p
3 ITA 3-(9)-1-1-6-9 20p
4 GER (15)-6-11-6-3-2 28p
5 ESP 1-10-17-2-(20)-5 35p
6 FRA 7-8-4-5-11-(13) 35p
7 BRA (10)-5-8-9-9-4 35p
8 AUT 9-2-(14)-8-13-7 39p
11 JPN 8-(17)-3-13-8-12 44p

◎レーザー級 43カ国参加
1 NZL 2-5 7p
2 ITA 6-3 9p
3 ARG 1-12 13p
4 POR 5-8 13p
5 CYP 8-7 15p
6 GBR 15-2 17p
7 FRA 19-1 20p
8 NOR 10-11 21p
36 JPN 36-32 68p

◎FIN級 26カ国参加
1 GBR17p
2 USA 18p
3 FRA 26p

◎イングリング級 15カ国参加
1 GBR 15p
2 NED 18p
3 AUS 32p

◎レーザーラジアル級 28カ国参加
1 USA 9p
2 BEL 11p
3 FRA 12p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:46| Comment(0) | オリンピック

夏恒例、相模湾横断レース

 8月8〜11日まで下田、シーボニア、逗子マリーナを拠点に第4回トランスサガミヨットレース2008が開催されました。2005年にはじまったこのヨットレースは伊豆半島の下田をスタートして、三浦半島小網代シーボニア沖まで約48マイルを走る手頃な外洋レースです。

 バルクヘッドマガジンでは、3年連続で紹介しているのでご存じの方も多いでしょう。関東水域セーラーの夏の名物イベントになりつつあります。ぼくは今年も〈エスメラルダ〉で参加しました。

 トランスサガミ前日の10日には、前哨戦ともいえる第3回静岡県知事杯石廊崎レースがおこなわれました。こちらは、下田から石廊崎沖のマークをまわる約15マイルのショートディスタンスです。

 石廊崎近くの断崖絶壁ドン深コースがすばらしく、潮を取るために岸へ寄せる緊張感がたまらなくおもしろい。バルクヘッドマガジン的にはおすすめのヨットレースです。先行する大型艇は、ビビリまくりなんですけれども。

 さて、トランスサガミは、昨年の南風とはうってかわって北東最大20ノットーバーのアップウインドの戦いとなりました。われわれ〈エスメラルダ〉(SWAN42)は、スタートからIRC同レーティングの〈タートル〉(ILC40)とガチンコ勝負。風のシフトで〈タートル〉に先行される場面もありましたが、大島手前のシフトで再び先行ポジションへ。

 ところが、〈タートル〉とバトルしている間に、大島へ大きく寄せた〈カラス〉(GS42)、〈ドレッドノート〉(SYDNEY40)にビッグゲインされて抜かれてしまいました。「あちゃー…」の展開です。

 しかし、ここからリスタート。まだまだ右へシフトすると踏んで、さらなる大島寄せを実行。これがパッチリ決まり、先行をまくりあげて再浮上に成功しました。その後は、タックして小網代へズドン。終盤は南東へまわった風でジェネカーをあげてファーストホームとなりました。

 相模湾のまんなかではクジラが潮を吹いているシーンも目撃。ハイクアウトもたのしく、プラン通りのレースができたと思ったのですが…。結果は、われわれ以上にベストコースを引いた中小型艇にバシバシやられておりました。

 結果は残念ですが、成績表をみてみるとトップの〈オレオス〉(X35 MOD)と〈アップルV〉(FORST300 SPRIT)はわずかの差。約7時間走って7秒差ですから、IRCレーティングって絶妙なトコロをついてるな、と思った次第です。

 それにしても、日本に登場したばかりの〈センチュリーファストGP〉(GP33)は速かった。今回はアップウインドが多かったために、からくも逃げ切りましたが、ダウンウインドの様子をみていると明らかに40フィート艇よりも速い。

 GP33は別次元のスピードです。久しぶりに世界標準のグランプリレーサーをみました。今後の活躍、そして、純レーシングボートに興味を持ってくれるチームの登場がたのしみです。

◎トランスサガミヨットレース2008
FIRSTHOME ESMERALDA
IRCクラス 参加13艇
1. OREOS 2. APPLE V 3. UFO
ORC Cクラス 参加12艇
1. KARASU 2. EBB TIDE 3. VITTORIA
TSクラス 参加14艇
1. ZEPHYR 2. G'NET II 3. CARINE V

◎石廊崎レース 参加29艇 (PHRFによる全艇同一クラス)
FIRSTHOME ESMERALDA
1. ESMERALDA 2. EBB TIDE 3. G'NET II

P8080001.jpg
秋空を思わせる雲のなかに小さな虹が架かっていたので写真を撮りましたが、何も写っておらず。右下に小さく見えるのは利島、かな? 今年は、パールレース回航、本番。トランスサガミ回航、本番。そして9月はジャパンカップ往復回航。お腹いっぱいです。photo by Junichi Hirai

P8090011.jpg
下田市魚市場で開催された前夜祭。太鼓集団に花火の打ち上げ。今年も日本の夏を堪能しました。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 15:38| Comment(0) | 外洋レース

新西宮3クラス関西選手権

DSC_32001.jpg
今年は全国的に盛り上がっているスナイプ級。全日本は11月に江の島で開催。photo by Hyogo Sailing Federation

 8月9、10日、新西宮ヨットハーバーで470級、スナイプ級、セーリングスピリッツ級の各関西選手権が開催されました。西宮は全日本インカレ開催地でもあり、鹿屋体育大や福岡大、京都大などの他水域大学の参加。また、TeamAbeamや島津製作所などの遠征チームが目立つ大会となりました。(レポート/兵庫県セーリング連盟)

◎470級 参加46艇
1. 原田龍之介/吉田雄吾…6p 2. 阿部幸久/山近 宏…22p 3. 富岡潤貴/内野航太…23p 4. 市野直毅/吉見亮平…25p 5. 宮川英之/永井俊之…28p 6. 谷口斉謙/河淵圭祐…33p

◎スナイプ級 参加40艇
1. 井田光司/山崎寛…16p 2. 牟田口洸介/前田将…21p 3. 酒井一樹/竹村聡史…30p 4. 中村孝宏/原田小夜子…36p 5. 木山典彦/石原正裕…58p 6. 安田真之助/山田舞波…59p

◎セーリングスピリッツ級 参加11艇
1. 田畑和歌子/安田真世…6p 2. 高橋友里/矢野美晴…11p 3. 吉川ひかり/黒木絢美…22p

DSC_49331.jpg
遠征チームが活躍した470級。photo by Hyogo Sailing Federation

DSC_4995.jpg
国体を目指す女子セーラーが出場したセーリングスピリッツ級。photo by Hyogo Sailing Federation

◎兵庫県セーリング連盟(成績、写真集等)
http://www.jsaf.or.jp/hyogo/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:05| Comment(0) | ディンギー

2008年08月11日

坂本亘、南波マッチ優勝

CIMG0860.jpg
決勝マッチボトムマーク直前で競り合う、坂本(左)と追う本吉。photo by JYMA

 8月9、10日の2日間、日本マッチレースの育ての親でもあり、また、JYMA(元JYMC)の創設者のひとりでもある故南波誠氏の功績を讃えて設立された南波誠メモリアルマッチが、今年は西宮(昨年は葉山開催)に場所を移して開催されました。

 2日間ともに晴天。西宮らしい素晴らしいシーブリーズの中、国内を代表する10チームによるフルラウンドロビン(総当たり)と決勝シリーズが行われました。

 フルラウンドロビンの結果、決勝に残ったのは坂本亘と本吉夏樹。これは、5月に開催されたコリアンマッチのアジア予選大会の決勝と同じ顔ぶれです。

 アジア予選の雪辱を期す本吉夏樹と、ここで勝って、全日本マッチの出場権をなんとしても獲得したい坂本亘。ボートスピードもほぼイーブンのふたりのマッチは、2マッチともに、テールトゥノーズの凄まじいクローズコンバットになり、観るものも唸らせる熱戦となりました。
 
 結果、勝ったのはシエスタの坂本亘です。2レースともに大接戦ながらも、見事2連勝で優勝を決めました。(レポート/JYMA)

◎南波誠メモリアルマッチ成績 2008.08.9-10 新西宮ヨットハーバー
1. 坂本 亘
2. 本吉夏樹
3. 山田 寛
4. 中野 誠
5. 長堀裕樹
6. 荒川友紀彦
7. 三浦博志
8. 戸谷壽男
9. 星野啓示
10. 星野ひろみ

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:03| Comment(0) | マッチレース

【五輪】470、RS:X級開始

 北京五輪セーリング競技3日目。本日より470級男女、RS:X級男女がスタートしました。470級男子の松永/上野は第1レースでトップフィニッシュを飾り、さい先の良いスタートを切りました。

 女子の近藤/鎌田は、第2レースで第1マークをトップ回航するも、マーク回航ごとに順位を落としてしまい、15位でフィニッシュ。後方から追い上げるカタチで2日目以降を迎えます。

 北京五輪では10レースとメダルレースが予定されています(49er級だけは15レース+メダルレース)。メダルレースは上位10艇だけで競われる決勝戦で、得点が2倍、海上審判によりおこなわれます。また、5レース成立でもっとも成績の悪い1レースのポイントをカットできます。

 明日からレーザー級のレースが開始されます。全クラスとも大注目です!

◎ISAF BEIJING Olympics 2008
http://www.sailing.org/olympics/Olympicshome.php
◎各クラスの成績とリアルタイムマークラウンド順位
http://www.sailing.org/olympics/resultscentre.php

※プロテストがあるため成績は暫定になります。
◎470級女子 19カ国参加
1 NED 3-1 4p
2 AUS 2-2 4p
3 ESP 4-5 9p
4 CZE 6-4 10p
5 FRA 1-11 12p
6 SLO 10-3 13p
7 GER 7-6 13p
8 CHN 5-10 15p
17 JPN 15-15 30p

◎470級男子 29カ国参加
1 FRA 6-3 9p
2 ESP 8-2 10p
3 POR 2-8 10p
4 AUS 4-7 11p
5 SLO 3-11 14p
6 ITA 10-4 14p
7 NZL 7-10 17p
8 JPN 1-21 22p

◎RS:X級女子 27カ国参加
1 CHN 1-1 2p
2 AUS 2-4 6p
3 GBR 4-3 7p
4 ITA 6-2 8p
5 ESP 3-5 8p
6 UKR 5-6 11p
7 FRA 8-7 15p
8 NZL 12-8 20p
9 HKG 10-11 21p
10 JPN 9-13 22p

◎RS:X級男子 35カ国参加
1 ISR 1-3 4p
2 HKG 5-4 9p
3 CHN 2-8 10p
4 NZL 4-7 11p
5 GRE 10-2 12p
6 FRA 13-1 14p
7 BRA 12-6 18p
8 UKR 3-16 19p
14 JPN 6-20 26p

◎49er級 19カ国参加
1 AUS (20)-1-7-3-1-1 13p
2 DEN 2-4-(10)-4-2-3 15p
3 ITA 3-(9)-1-1-6-9 20p
4 GER (15)-6-11-6-3-2 28p
5 ESP 1-10-17-2-(20)-5 35p
6 FRA 7-8-4-5-12-(13) 36p
7 BRA (10)-5-8-9-10-4 36p
8 AUT 9-2-(14)-8-14-7 40p
11 JPN 8-(17)-3-13-9-12 45p

◎FIN級 26カ国参加
1 GBR17p
2 USA 18p
3 FRA 26p

◎イングリング級 15カ国参加
1 GBR 15p
2 NED 18p
3 AUS 32p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:20| Comment(0) | オリンピック

2008年08月10日

【五輪】49er級9位発進

 9日よりクラス別にはじまった北京五輪セーリング競技。チームジャパン初陣を飾った49er級の石橋 顕/牧野幸雄(福岡ヨットクラブ/チームビリーブ)は、初日を9位(8位と同ポイント)で終え、まずまずのスタートを切りました。

◎石橋/牧野のマークラウンディング順位
1R(1mark-4mark-1mark-FINISH)
10-7-8-8
2R
7-10-17-18
3R
6-3-3-3

 49er級は5〜6ノットの風、風向106〜120度で3レースを消化。第2レースでは中盤で順位を落としていますが、第3レースの挽回は見事。調子に乗ればガツンと上がるチームだけに、リズムをキープしてもらいたいところです。

 また、9日からはじまっているフィン級は、トップのアメリカをイギリスが追っています。イギリス代表のベン・エインズリーは、3大会連続メダルの夢が近づいてきました。イングリング級は、前評判通りの実力を持つイギリスがトップを快走。大会2日目の3種目は、GBRのオンパレードとなりました。

 明日11日は、470級男女(第1&2R)、RS:X男女(第1&2R)のレースがはじまり、49er級(第4&5&6R)も引き続きレースがおこなれます。

◎49er級 初日成績
1 GBR 4-3-5 12p
2 ITA 3-9--1 13p
3 DEN 2-4-10 16p
4 FRA 7-8-4 19p
5 AUS 15-1-7 23p
6 BRA 10-5-8 23p
7 AUT 9-2-14 25p
8 ESP 1-10-17 28p
9 JPN 8-17-3 28p
10 POR 12-7-9 28p

◎FIN級
1 USA 2-5-2-2 11p
2 GBR 10-1-4-1 16p
3 CAN 8-3-7-10 28p

◎イングリング級
1 GBR 2-3-4-7 16p
2 FIN 6-6-3-8 23p
3 NED 9-1-2-13 25p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:55| Comment(0) | オリンピック

2008年08月09日

【五輪】特集:470級女子

IMG_8616.jpg
世界ランキング1位、470級女子の近藤/鎌田。photo by Junichi Hirai

 アメリカのスポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」が予想した日本の金メダルの数は6個。そこには、水泳の北島康介、柔道の谷亮子らと並んで、470級女子の近藤/鎌田の名があげられています。

 彼女たちがこれほどまで成長をとげた理由のひとつは、厳しい国内代表選考をともに戦ったライバル、吉迫/大熊、田畑/栗田の存在があります。この3チームが切磋琢磨することで、日本女子は世界トップレベルの実力を身につけました。いま振り返っても国内女子3チームの気迫はすさまじく、高い意識と技術で戦っていました。

 また、小松一憲コーチの独特の考え方も彼女たちとうまくマッチしていたのでしょう。目標に向かうための厳しい練習。とにかく乗り込む、乗り込む。人が休んでいたらその分乗り込む、のスタンスです。

 ある海外遠征の最中、彼女たちに聞いたことがあります。こんなに毎日海に出ていて疲れないの? 「レースをしている方がカラダはラクなんです。座間味の練習はホントにキツイから」。彼女たちは、冬場におこなっていた座間味トレーニングで、日本選手が苦手とする強風セーリングを克服し、さらに苦手風域を持たないという精神的な武器を身につけました。その結果、世界ランキングトップ(2008年7月)の快挙につながっています。

 そんな彼女たちが(この2年でたぶん唯一)国際大会で10番以下の成績を残したのが、今年1月に開催された世界選手権でした。日本代表選考という重圧からか、彼女たちらしくない失敗が重なり12位の成績。最終日のスタートではI旗なのに通常のリコール解消動作をして周囲を焦らせました。弱点があるとすれば、こうしたメンタルな部分になるでしょう。彼女たちが、同じ失敗を繰り返すとは思いませんけれど。

 世界選手権から半年を過ぎ、ついに北京五輪本番です。その間も彼女たちは練習を休むことなく、いつものペースで続けてきました。オリンピックでは自分たちのリズムを崩さず、思う存分に走りまくってください。がんばれ!

◎北京五輪 470級女子
レース開始日:8月11日
レース最終日:8月18日
日本代表:
近藤 愛(こんどう あい) 1980年東京都出身。ジュニア、ユース時代はOP級、シーホッパー級で活躍。国立音大附属高から日本大へ進学し、ヨット部入部を契機に本格的にセーリングに取り組む。06年世界選手権2位。07年3月バルセロオリンピックウィーク優勝。07年世界選手権4位。10月全日本選手権優勝(女子1位、総合1位)。08年世界選手権12位。08年フランスオリンピックウィーク優勝。わずかなオフは思い切り寝て過ごす。アビームコンサルティング所属。
鎌田奈緒子(かまた なおこ) 1983年神奈川県出身。小学3年の時から葉山でミニホッパー級に乗り始める。ソフトボール、バドミントン、書道部などの部活動を続けながらヨットレースにも出場。高校時代は近藤らと一緒に鎌倉材木座でシーホッパーに乗り国体出場を目指していた。特技:ネバーエンディングストーリーのファルコンの顔真似。アビームコンサルティング所属。

◎470級女子 重要国際大会成績
2008年世界選手権 オーストラリア・メルボルン
1位…Erin MAXWELL/Isabelle KINSOLVING(USA)
2位…Giulia CONTI/Giovanna MICOL(ITA)
3位…Elise RECHICHI/Tessa PARKINSON(AUS)
2007年世界選手権 ポルトガル・カスカイス
1位…Marcelien DE KONING/Lobke BERKHOUT(NED)
2位…Ingrid PETITJEAN/Nadege DOUROUX(FRA)
3位…Christina BASSADONE/Saskia CLARK(GBR)
4位…Ai KONDO/Naoko KAMATA(JPN)
2007年青島テストイベント
1位…Elise RECHICHI/Tessa PARKINSON(AUS)
2位…Ai KONDO/Naoko KAMATA(JPN)
3位…Ingrid PETITJEAN/Nadege DOUROUX(FRA)
 続きを読む
posted by BULKHEAD at 00:00| Comment(0) | オリンピック

2008年08月08日

【五輪】特集:RS:X級男子

IMG_35071.jpg
RS:X級にとって青島の海は厳しいコンディションになりそうです。photo by Junichi Hirai

 国内では練習をする環境がないため、みずから海外へ出向くことで最新のテクニックを身につけてきました日本RS:X級。日本代表の富澤は、若干24歳ながらも同クラスをけん引してきた立役者です。富澤は遠まわりをしながらも、肉体改造やフォームの改善をおこなってきました。

 2008年1月の世界選手権では、自己最高順位となる18位を獲得(国別11位)。そして、今春から関東自動車工業の先輩にあたる関一人(アテネ五輪銅メダル)がコーチに就任したことでセーリング環境も充実しています。

 しかし、トップ10の壁はいまだ越えられず。上位には、ニュージーランド、ポルトガル、スペイン、ポーランド、イスラエル、オーストラリア、フランス、そして中国などの強豪国がたちはだかっています。

 話は逸れますが、RS:X級はアジアからの出場国が多い種目でもあります。北京五輪には、メダル候補の中国をはじめ、香港、タイ、韓国、インドネシア、台湾が出場します。アジア圏のウインドサーフィン人気がうかがわれるデータです。

 さて、このような強豪のなかで、富澤はどんな活躍を見せてくれるでしょうか。微軽風の青島ではパンピング合戦になることが予想されます。これは、筋トレマニアでもある富澤向きのコンディション。RS:X級は8月11日に第1レースがおこなわれます。

◎北京五輪 RS:X級男子
レース開始日:8月11日
レース最終日:8月20日
日本代表:富澤 慎(とみざわ まこと) 1984年新潟県出身。身長181cm。小学2年でウインドサーフィンをはじめ、高校3年でミストラル級世界選手権に出場。関東学院大2年の時にアテネ五輪最終選考となったトルコ世界選手権で日本選手内3位の成績を残す。趣味はサーフィン、スキー、スノーボード、バイク。07年世界選手権33位。07年青島テストイベント10位。08年世界選手権18位。関東自動車工業所属。

◎RS:X級男子 重要国際大会成績
2008年世界選手権 ニュージーランド・オークランド
1位…Tom ASHLEY(NZL)
2位…Joao RODRIGUES(POR)
3位…Shahar ZUBARI(ISR)
2007年世界選手権 ポルトガル・カスカイス
1位…Ricardo SANTOS(BRA)
2位…Przemyslaw MIARCZYNSKI(POL)
3位…Nick DEMPSEY(GBR)
2007年青島テストイベント
1位…Tom ASHLEY(NZL)
2位…Yuanguo ZHOU(CHN)
3位…Julien BONTEMPS(FRA)
 
続きを読む
posted by BULKHEAD at 00:00| Comment(0) | オリンピック

2008年08月07日

【五輪】特集:470級男子

IMG_3101.jpg
北京五輪470級は男子、女子ともに上位入賞が期待されます。photo by Junichi Hirai

 国民体育大会(国体)、大学選手権(インカレ)で採用されたことから、国内でポピュラーなふたり乗り種目として定着している470級。オリンピックを目指す選手も多く、国際的に見ても日本は470級の人気が高いといえます。

 また、日本470級は過去に2つのメダルを獲得しました。アトランタ五輪で女子の重/木下が銀メダル、アテネ五輪で男子の関/轟が銅メダルを獲得しています。日本がもっとも得意とするセーリング種目といっても間違いはないでしょう。

 さて、日本代表の松永/上野は、昨年11月におこなわれた広島国内選考を関/柳川、山田/中村に次いで3番手で通過。最終選考となる1月世界選手権では、松永/上野だけがゴールドフリートに進出するという番狂わせで代表の座を勝ち取りました。

 世界の470級男子の事情は、バルクヘッドマガジン読者なら詳しいことでしょう。アテネ五輪で大本命といわれ敗れた、オーストラリアの WILMOT/PAGEが世間一般の大本命。昨夏以降の彼らは、名伯楽ビクター・コバレンコ指揮のもと、現地トレーニングと青島に合わせたコンディション作りなど万全の体制で挑みます。

 また、バルクヘッドマガジン的には、イギリスのROGERS/GLANFIELDを金メダル候補にあげたいと思います。アテネ五輪では、アメリカのおっちゃんコンビ(Foerster/Burnham)にしてやられましたが、風域を問わない抜群の安定感があります。さらに微軽風を得意とするイタリアのZandona/Traniや、強風に定評のあるポーランド、イスラエル、オランダの青島対策も気になるところ。

 松永/上野は、クレバーなコース引きに定評があります。また、今年になってズバズバ成功している気負いのないスタートができれば、高確率で上位にヒットするでしょう。また、上位数チームがアテネのようにプレッシャーに負けることを想定すると、びっくりドッキリがあるかも? 

 彼らには、日本の高校、大学の若手セーラーへ刺激を与えるようなレースメイクを期待。うちの娘は、松永選手にプレゼントしてもらったプレイマットの上から応援してます。

◎北京五輪 470級男子
レース開始日:8月11日
レース最終日:8月18日
日本代表:
松永鉄也(まつなが てつや) 1979年京都府出身。琵琶湖ジュニアでヨットに乗り始め、中学1年でOP級全日本優勝、アジア大会銀メダル(中学3年)。清風高校時代はFJ級全日本2連覇。同志社大卒業後、470級で五輪活動を開始。06年度ナショナルチーム選考1位、06年世界選手権44位。07年世界選手権53位。08年世界選手権15位。スリーボンド所属。
上野太郎(うえの たろう) 1980年福岡県出身。中学までは野球に熱中。西南学院高でヨットに乗り始め、同志社大ヨット部へ。卒業後、住友商事(株)に就職するが、オリンピックに出たいという気持ちに駆られて2年3カ月で退社。先輩の松永と組んで、葉山を拠点に五輪活動を続ける。スリーボンド所属。

◎スリーボンドチーム公式
http://www.threebond.co.jp/ja/companyinformation/sportssponsor/sailing/index.html
◎FEEL FINE(プライベート)
http://www.470feelfine.jp/

◎470級男子 重要国際大会成績
2008年世界選手権 オーストラリア・メルボルン
1位…Nic ASHER/Elliot WILLIS(GBR)
2位…Alvaro MARINHO/Miguel NUNES(POR)
3位…Gideon KLIGER/Udi GAL(ISR)
2007年世界選手権 ポルトガル・カスカイス
1位…Nathan WILMOT/Malcolm PAGE(AUS)
2位…Sven COSTER/Kalle COSTER(NED)
3位…Gideon KLIGER/Udi GAL(ISR)
2007年青島テストイベント
1位…Nathan WILMOT/Malcolm PAGE(AUS)
2位…Nick ROGERS/Joe GLANFIELD(GBR)
3位…Alvaro MARINHO/Miguel NUNES(POR)
 
続きを読む
posted by BULKHEAD at 11:47| Comment(0) | オリンピック

【五輪】特集:49er級

IMG_0635.jpg
爆発スピードを生み出す巨大ジェネカー。アテネ五輪ではオンボードカメラも搭載されました。photo by Junichi Hirai

 シドニーから採用された49er級は、五輪全11種目なかでもっともパワフルでハイスピードな種目です。スピードだけならマルチハルのトーネード級と並びますが、クルー、スキッパーの身体能力を駆使して操るスキフの性格上、他種目とは似て非なるモノ。アスリート色の強い種目です。

 五輪では49er級だけ最大15レースが予定されていることから分かるように、1レースはハイスピードの短時間の勝負となります。レースの感覚としては、ウインドサーフィン+ヨット競技といったところ。スピードを重視した戦いとなるため、成績のバラツキもみられます。

 日本代表の石橋/牧野は、国内のライバルだった轟/高橋とともに成長してきました。両チームともアテネまでは470級で活動していて、アテネ後に49er級の活動を開始。49er級の経験年数は世界のトップ選手に及ばないかもしれませんが、セーリングの経験値、五輪へのアプローチ経験は十分にあります。

 また、これは彼らの性格なのですが、あきれるほどに情熱的です。これまで、高い目標を掲げることで自らにプレッシャーをかけ、その壁を乗り超えてきました。

 しかし、世界のトップセーラーも同様に成長をしているのも事実です。五輪では、優勝候補とみられるイギリス、オーストラリア、スペインは順当な成績を残すでしょう。石橋/牧野は、上位陣にどのようなカタチで食い込むことができるのか。オリンピックという大舞台で、一気に爆発する可能性に期待します。

◎北京五輪 49er級
レース開始日:8月10日
レース最終日:8月15日
日本代表:石橋 顕(いしばし あきら) 1973年福岡県出身。修猷館高校、早稲田大学ヨット部卒業後、470級で五輪活動を開始。アテネ五輪を目指したSAIL FASTではTシャツ販売による活動で注目を集めた。06、07年49er級全日本優勝。07年青島テストイベント19位。08年世界選手権27位。福岡ヨットクラブ/チームビリーブ所属
牧野幸雄(まきの ゆきお) 1980年熊本県出身。サッカー、スイミング、陸上の経験あり。碧南高校、立命館大学でヨット部に所属。04年度470級ナショナルチームを経て、レーザー級へ転向し、05年度レーザー級ナショナルチーム入り。06年冬より49er級に乗る。福岡ヨットクラブ/チームビリーブ所属(http://believe49er.net/

◎49er級 重要国際大会成績
2008年世界選手権 オーストラリア・メルボルン
1位…Nathan OUTTERIDGE/Ben AUSTIN(AUS)
2位…Stephen MORRISON/Ben RHODES(GBR)
3位…Rodion LUKA/George LEONCHUK(UKR)
2007年世界選手権 ポルトガル・カスカイス
1位…Stephen MORRISON/Ben RHODES(GBR)
2位…Nico DELLE - KARTH/Nikolaus RESCH(AUT)
3位…Nathan OUTTERIDGE/Ben AUSTIN(AUS)
2007年青島テストイベント
1位…Stephen MORRISON/Ben RHODES(GBR)
2位…Iker MARTINEZ DE LIZARDUY/Xabier FERNANDEZ GAZTANAGA(ESP)
3位…Peter HANSEN/Soren HANSEN(DEN)
 
続きを読む
posted by BULKHEAD at 09:31| Comment(0) | オリンピック

2008年08月06日

【五輪】特集:RS:X級女子

IMG_5986.jpg
北京五輪から採用されるRS:X級。上位陣の成績は安定? それとも青島の風は日本を導くか!? photo by Junichi Hirai

 北京五輪ウインドサーフィン種目の新艇種、RS:X級は、ニールプライド社がオリンピック用に開発したボードで、アテネまでのミストラル級よりも全長が短く幅広で、ひとまわり大きいセールを持つ、という特徴があります。北京五輪では、男子、女子ともにRS:X級が採用されます(女子は男子よりも面積の小さいセールを使用します)。

 このボードが青島のライトコンディションで実力を発揮できるのか? といういまさらの疑問はさておき、世界のトップセーラーは導入からの短い期間でボードの特徴をつかんできました。この種目は、アテネ五輪(ミストラル級)から継続して続けている選手が多く、アテネのメダリストが全員揃っています。

 フランスセーリング界のヒロイン、Faustine Merret(アテネ金)をはじめ、中国の実力セーラーJian Yin(アテネ銀) 、今年のワールドも優勝したSensini Alessandra(イタリア。アテネ銅。シドニー金。アトランタ銅)。また、ニュージーランドの Barbara Kendall(バルセロナ金。アトランタ銀。シドニー銅)を含めてスター選手が勢揃い。このような強敵の中で日本代表の小菅寧子は戦うことになります。

 ウインドサーフィンの名門、関東学院大出身の小菅は、シドニー、アテネに続いて3度目のキャンペーンではじめて日本代表の座を手にしました。国内選考では、2007年のISAFワールドで五輪出場国枠を獲得した須長由季、大西富士子らと戦いましたが、最終決戦となった世界選手権では、小菅のワンランク上の走りで代表に決定。

 その後の国際大会では安定した成績を残していますが、上位ベテラン陣も安定度抜群なだけに、10番台の定位置から抜け出せない苦しい状況が続いていました。しかし、昨夏に開催された五輪本番を模した青島テストイベントでは、銀メダルの470級女子に継ぐ8位の結果を残しています。五輪本番は昨年以上の成績を期待して止みません。

 話は変わりますが、小菅は生まれも育ちも神奈川県葉山町。同町民のよしみでも応援しています。がんばれ!

◎北京五輪 RS:X級女子
レース開始日:8月11日
レース最終日:8月20日
日本代表:小菅寧子(こすげ やすこ) 1974年神奈川県出身。中学高校時代は硬式テニス部。関東学院大でウインドサーフィン部に入部し、同大を常勝校へ定着させる先駆者となる。卒業後は、富山県の国体強化選手となり、富山、高知、岡山国体で優勝。07年世界選手権37位。07年青島テストイベント8位。07年アジア選手権 1位。08年世界選手権20位。ジェイ・ウィル・パートナーズ所属。

◎RS:X級女子 重要国際大会成績
2008年世界選手権 ニュージーランド・オークランド
1位…Sensini Alessandra(ITA) 2位…Kendall Barbara(NZL) 3位…ALABAU MARINA(ESP)
2007年世界選手権 ポルトガル・カスカイス
1位…KLEPACKA ZOFIA(POL) 2位…Kendall Barbara(NZL) 3位…Crisp Jessica(AUS)
2007年青島テストイベント
1位…Shaw Bryony(GBR) 2位…Sensini Alessandra(ITA) 3位…Crisp Jessica(AUS)

※次に紹介するのは、JSAF会報誌「J-SAILING」に掲載した小菅選手のインタビューです。「高校生や大学生セーラーの刺激になるように」というコンセプトで製作してきました。未使用写真とオリジナル原稿を再編集したものを掲載します。
 
続きを読む
posted by BULKHEAD at 08:39| Comment(0) | オリンピック

2008年08月04日

【五輪】特集:レーザー級

IMG_0167.jpg
世界のスタンダード「レーザー級」。五輪では1996年アトランタから採用されました。photo by Junichi Hirai

 五輪種目のなかでもっとも層の厚いクラスといわれるレーザー級は、世界で18万艇以上が普及する、人気のひとり乗りディンギーです。オリンピックはチャーター艇でおこなわれるため、ボートやセールによる優劣の差はありません。

 この強豪が揃うクラスでズバ抜けて速いのは、オーストラリアのTom Slingsbyです。2年連続で世界選手権を制覇した彼は、いまのところ世界で敵なし。とくに風が上がった強風コンディションでは、圧倒的なスピードを持っています。

 青島のような微軽風の海面では…どうなのでしょう? 昨年8月の青島テストイベントでは4位。同大会では、イギリスの実力派Paul Goodisonが金メダルを獲得しています。

 日本代表の飯島洋一は国内ではダントツの成績を残しながらも、世界選手権ではゴールドフリート(決勝戦上位フリート)の壁に悩まされてきました。しかし、春先までの国際レガッタをみていても、第1マークをトップで回航するなどキラリと光るモノがあります。

 実力が接近しているレーザー級は、トップ数選手以外のスピード差はほとんどありません。バルクヘッドマガジンは、飯島が好調の波をキープできたなら、入賞の可能性はあると予想します。

 筋書き通りにいかないのがオリンピック。飯島選手には猛爆発を期待します。言わなくても本人はそのつもりでしょうけれども!

◎北京五輪レーザー級
レース開始日:8月12日
レース最終日:8月19日
日本代表:飯島洋一(いいじまよういち)。1978年神奈川県出身。子供の頃、父親の製作したミラー級やOP級に乗る(横浜市民ハーバージュニアヨットクラブ)。神奈川ユースでは国体、シーホッパー全日本優勝。関東学院大を経て、レーザー級で五輪活動を開始する。ナショナルチーム選考レース5連覇。07年世界選手権64位。08年世界選手権64位。普段は家業の飯島木型で職人として働く。趣味:おいしいものを食べること。飯島木型所属。「Iijima Yoichi Official Website」http://www.yoichi-iijima.com/

◎レーザー級 重要国際大会成績
2008年世界選手権 2月オーストラリア・テリガル
1位…Slingsby Tom(AUS) 2位…Alsogaray Julio(ARG) 3位…Hernandez Javier(ESP)
2007年世界選手権 7月ポルトガル・カスカイス
1位…Slingsby Tom(AUS) 2位…Murdoch Andrew(NZL) 3位…Karpak Deniss(EST)
2007年青島テストイベント 8月中国・青島
1位…Goodison Paul(GBR) 2位…Myrgren Rasmus(SWE) 3位…Grabowski Maciej(POL)

※次に紹介するのは、JSAF会報誌「J-SAILING」に掲載した選手インタビューです。「高校生や大学生セーラーの刺激になるように」というコンセプトで製作してきました。未使用写真とオリジナル原稿を再編集したものを掲載します。
続きを読む
posted by BULKHEAD at 17:18| Comment(0) | オリンピック