2012年03月29日

バルクヘッドリニューアル

 セーリングニュースを配信しているバルクヘッドマガジンは、3月30日にリニューアルすることになりました。さらにパワーアップして、日本、世界のセーリング情報をお届けします。アドレスが代わりますのでご注意を。(BHM編集部)


12.03.29_05.jpg
新アドレスは、
http://www.bulkhead.jp/
です。

おたのしみに!
posted by BULKHEAD at 21:39| Comment(0) | ニュース

RS:Xワールド最終レポート

 3月28日、スペイン・カディスRS:X級世界選手権最終日。今日は予報通りに朝から30ノットオーバーの風が入っています。正午スタート予定のメダルレース選手たちは、再度の計測を終えて待機を続けていましたが、風はいっこうにおさまることなく、強くなる一方でした。ついに、本日予定のレースはすべて中止となり、今大会は閉幕しました。(レポート・写真/JSAFオリ特:宮野幹弘)

 今回、日本ナショナルチームは、12月に行われたパースISAFワールドでの課題を海外選手との合同練習や各国際大会などに出場し強化をはかり、3月上旬から当地に入り最終調整を経てこの大会に挑みました。大会はわれわれと同じように五輪最終選考会にしている国が多かったこともあり、参加人数も多く、必然的にレベルの高い大会になりました。

 今回五輪日本代表に内定した選手たちは、予選の走りを見てしっかりと課題を持ち練習をしてきたことがよくわかりました。富澤のボードスピード、素早い状況判断、須長のスタート、上り角度などです。今回選考に漏れた選手も次の目標に向かってさらに精進してほしいと思います。また五輪を目指してください。「継続は力なり」。必ず夢はかないます。

 富澤(14位・国別11位)と須長(27位・国別17位)の今回の順位レベルは世界の激戦区です。ひとつのミスが順位を下げてしまいます。この順位からさらに上を目指していくには、ミスを最大限に減らし、その局面ごとの戦術的優先順位を冷静かつ瞬時に判断して勝負することが肝心です。五輪までの残された時間でその点を大いに磨きをかけてください。必ずやり遂げてくれるものと期待しています。

◎RS:X級世界選手権最終成績
男子(48カ国120選手)
1. FRA Julien Bontemps 24.0p
2. GBR Nick Dempsey 26.0p
3. NZL JP Tobin 31.0p
4. NED Dorian van Rijsselberge 31.6p
5. GRE Byron Kokalanis 32.0p
14位 富澤 慎 10-10-13-14-22-(23)-19-11-12-17
86位 金子岳司 BFD(61)-42-47-46-22-19   

女子(37カ国80選手)
1. ISR Lee Korzits 17.0p
2. POL Zofia Klepacka 21.0p
3. ITA Alessandra Sensini 27.0p
4. GBR Brony Shaw 48.0p
5. POL Maja Dziarnowska 55.0p
27位 須長由季 16-13-3-14-14-22-32-24-(36)-22
44位 小菅寧子 26-(28)-21-23-5-5
45位 大西富士子 (30)-26-23-26-3-3

12.03.29_04.jpg
五輪代表候補に内定した須長(左)、富澤。おめでとう!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 15:54| Comment(0) | オリンピック

白石/上田スペイン参戦!

12.03.29_02.jpg
 3月25日までスペイン・サンティアゴ・デ・ラ・リベラで、スナイプ級オープンナショナルがおこなわれました。この大会には世界のトップスナイパーが招待され、日本から白石潤一郎/上田真聖(NORTH SAILS JAPAN)が出場。スペイン、ブラジルのラテン系スナイパーと熱戦を繰り広げました。白石/上田は琵琶湖で開催された同志社ウィークからスペインへ。新艇チャーターボートで戦い、8位となりました。(BHM編集部)

12.03.29_03.jpg
日本セーリング界を牽引するスナイプ番長・白石潤一郎とJ/24でも活躍する上田真聖


大会最終日のダイジェスト。スナイプの空撮が新鮮です!

◎Open Nacional Snipe Result
1 Paco Sánchez/Marina Sánchez (ESP), 2-1-6-1-(14), 12 p
2 Rayco Tabares/Oliver Herrera (ESP), 1-2-2-(12)-12-3, 20 p
3 Alexandre Paradela/Gabriel Kielin (BRA), 3-9-3-4-11-(7), 26 p
4 Alexandre Tinoco/Gabriel Borges (BRA), (18)-13-5-2-6-4, 30 p
5 Jordi Triay/Lluís Mas (ESP), 9-4-13-(18)-1-5, 32 p
6 Gustavo del Castillo/Alejandro Fresneda (ESP), 5-(12)-4-3-10-10, 32 P
7 Samuel Albrecht/José Peña (BRA), (17)-6-8-7-13-1, 35 p
8 Junichiro Shairaishi/Shinsei Ueda (JPN), (14)-10-14-10-7-2, 43 p
9 Juan Deben/Gerardo Prego (ESP), 7-7-(33)-6-17-8, 45 p
10 Pablo Fresneda/César Trabado (ESP), 21-(OCS)-1-5-9-24, 60 p

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 15:34| Comment(0) | ディンギー

2012年03月28日

M24、伊ボルボカップ開催

12.03.28_12.jpg
 3月25日までイタリア・カリアリでメルジェス24によるボルボカップ第1戦がおこなわれました。この大会に日本の〈スリーボンド〉(松永鉄也ヘルムスマン)が出場。ボルボカップは、メルジェス24のイタリアサーキットで、今年は5戦が予定されています。また、今年のメルジェス24世界選手権が、7月27日から同国・ガルダ湖で開催されることもあり、欧州のメルジェス24が盛り上がりそうです。(BHM編集部)


ボルボカップ・カリアリのダイジェスト動画

VOLVO CUP CAGLIARI
1 ITA ALTEA Andrea Racchelli 16,0 1 (4) 3 3 3 4 2
2 ITA LITTLE WING Enrico Zennaro 21,0 2 3 4 7 2 3 (8)
3 SUI EFG BANK Chris Rast 26,0 6 6 1 (10) 8 2 3
4 ITA PENSAVO PEGGIO Alessio Marinelli 26,0 7 2 2 5 (9) 5 5
5 ITA GIOGI Matteo Balestrero 29,0 5 1 6 11 5 (dns) 1
6 ITA SIV ARBOREA Lorenzo Gemini 30,0 4 5 5 6 1 (9) 9
7 JPN THREEBOND Tetsuya Matsunaga 32,0 3 7 (dsq) 2 4 1 15

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:46| Comment(0) | キールボート

日本代表五輪への意気込み

 3月27日、スペイン・カディスRS:X級世界選手権6日目。今日はレース前まで順調な風が吹いていましたが、開始30分前ほどから30ノットオーバーの風が入り始め、急きょAP旗が掲揚されました。その後2時間ほど待機しましたが、風は落ちるどころか更に勢いを増し、結局本日のレースは中止になりました。(レポート/JSAFオリ特:宮野幹弘)

 こうした中、大会のアトラクションとして賞金1000ドルを懸けた「スピード記録会」が行われました。男女24選手が出場して100mコースのスピードを競った結果、男子では総合4位につけているオランダのドリアン選手が驚異の31.86ノットを叩き出し、女子では同じく29位のポーランド・ハンナ選手が、25.92ノットを記録してそれぞれ優勝しました。風は50ノットを超えるすさまじさでした。

 明日は大会最終日です。今日以上の40ノット超の風が吹く予報が出ています。

 最後に世界選手権閉幕を前にして、ロンドン五輪日本代表を内定した2選手のコメントをご紹介します。

RS:X級男子日本代表候補・富澤 慎
「北京に続いて再び五輪にチャレンジできることをうれしく思っています。また、いつも活動を支えてくれている勤務先の関東自工、一番近くで支えてくれている家族へ恩返しという意味も込めて、ロンドン五輪では最高の走りをしたいと思います。今回の世界選手権では、最大の課題であったスピードを克服して臨んだ大会になりました。
 大会2週間前からの事前練習でもすべての風向・風速で練習することができ、最高の調整をすることができました。現在の成績は、自己ベストの14位ですが、TOP10には、まだまだ届きません。今後の課題としては、引き続きスピードアップです。五輪までに更にレベルアップを図り、上位の成績を目指します」

RS:X級女子日本代表候補・須長由季
「まずは、支援をいただいている会社をはじめとする関係者の方々に感謝します。昨年12月の世界選手権からこの大会までの3か月間、新しい取り組みや海外選手との密度の濃いトレーニングを続けてきました。その成果として、今大会で良くなった部分も多くありましたが、改善されたもののまだ完全に身になっていない部分も多くありました。
 今後はそういった部分をどのように克服していくかを考えて練習しなくては、到底五輪の舞台で上位の成績を残すことはできないと痛感しました。五輪まで残された時間はあとわずかしかありません。日本代表になれたことはうれしいというよりホットしたという気持ちの方が大きく、同時に残された時間でやるべきことの多さに身の引き締まります。
 ただ、そのあたりが改善向上すれば、五輪本番でもそれなりの成績が取れるのではないかという自分なりの感触はあるので、代表になった以上、メダルを目指して、これから日々努力して、本番で爆発したいと思います」


50ノット超のなかおこなわれたスピードセッションは、男子オランダのドリアン、女子はポーランドのハンナが勝利。ぞれぞれ1000ドルの賞金を手にしました

◎RS:X Men Speed Session

1. NED8 Dorian van Rijsselberge - 31.86 knots

2. RUS4 Dmitrii Polishchuk - 29.97 knots

3. NOR7 Sebastian Wang-Hansen - 29.70 knots

RS:X Women Speed Session

1. POL1279 Hanna Zembrzuska - 25.92 knots

2. POL09 Agnieszka Bilska - 25.38 knots

3. POL8 Zofia Klepacka - 24.30 knots

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 13:20| Comment(0) | オリンピック

KYCスプリングオープン

12.03.28_01.jpg
 3月25日、西宮沖で開催されたKYCスプリングレガッタ・オープンクラスの成績です。4月のポイントレースは、4月8日にドラゴン&J/24、4月15日IRC、4月22日ホワイトクラスがおこなわれます。(BHM編集部)

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:19| Comment(0) | キールボート

2012年03月27日

RS:X富澤、14位へ上昇!

 3月26日、スペイン・カディスRS:X級世界選手権5日目。今日は昨日にもまして風が吹いています。風向は90〜100度、風速は20〜22ノット、ブローで30ノット近くの強風下で女子ゴールドフリートがスタートしました。(レポート・写真/JSAFオリ特:宮野幹弘)

12.03.27_04.jpg
ワールド14位にまであがった富澤慎

 須長は好スタートを切り、角度スピード共によく10位前半で上マークを回航しました。その後、サイドマークに向かう途中強烈なブローが入りスピードが加速、順位を上げましたが、下りのジャイブで沈をしてしまい、結局24位でフィニッシュ。スタートがよかっただけに沈が悔やまれる結果となりました。

 その後の第9レースもスタートを果敢に攻めましたが、スピードのあるスタートができません。スラローム、ジャイブマークで数人抜いたものの、このスタートが響き36位のカットレースを作ってしまいました。昨年のワールドよりもスタートがよくなりましたが、上位を狙うためにタイトなところから出ようとする意欲は買えますが、時にそれが裏目に出てしまいます。

 富澤は、前日悪かったスタートが良くなりました。3レース共にスタートを攻めることよりも確実なところから出ることで、スピード・角度共によく、まわりもよく見てレースできました。強風下のレースでは、スタートがとても重要になってきます。失敗すると失速がひどく、スピードが出ないことにより角度も取れなくなります。風上から出たとしても直ぐに風下へ落ちてしまい、そこでやっとスピードが出せて、角度が取れるようになります。

 今日はこのスタートにおけるふたりのリスクマネージメントの重要性、考え方の違いが、明暗を分けました。しかし、須長の果敢な攻めも上位を狙うためには必要なことだし、強風下の彼女の気合は必ずや今後の展開につながることだと思います。

 ゴールドフリート後に予定されていたシルバーフリートのレースは、風が右にシフトしさらに強くなったため中止となりました。明日は、さらに風が強まる予報が出ています。しっかり走って同じミスをしないようにがんばってほしいと思います。

12.03.27_05.jpg
現在3位、ニュージーランドのJP Tobin。photo by RS:X Class


大会5日目ダイジェスト

◎RS:X級世界選手権5日目
男子(48カ国120選手)
1. FRA Julien Bontemps 24.0p
2. GBR Nick Dempsey 26.0p
3. NZL JP Tobin 31.0p
4. NED Dorian van Rijsselberge 31.6p
5. GRE Byron Kokalanis 32.0p
14位 富澤 慎 10-10-13-14-22-(23)-19-11-12-17
86位 金子岳司 BFD(61)-42-47-46-22-19   

女子(37カ国80選手)
1. ISR Lee Korzits 17.0p
2. POL Zofia Klepacka 21.0p
3. ITA Alessandra Sensini 27.0p
4. GBR Brony Shaw 48.0p
5. POL Maja Dziarnowska 55.0p
27位 須長由季 16-13-3-14-14-22-32-24-(36)-22
44位 小菅寧子 26-(28)-21-23-5-5
45位 大西富士子 (30)-26-23-26-3-3

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 20:33| Comment(0) | オリンピック

2012年03月26日

強風カディス決勝スタート

 3月25日、スペイン・カディスRS:X級世界選手権4日目。決勝ラウンドが今日から始まりました。定刻通りに男子ゴールドフリートからのスタート。風向は90〜100度、風速は15〜17ノット、昨日より左からの風が入っています。(レポート/JSAFオリ特:宮野幹弘)

12.03.26_07.jpg
本日より決勝シリーズがはじまりました。大会は28日まで開催されます。photo by RS:X Class

 2回目の五輪代表を決めた富澤は、ゴールドフリートに入り緊張したのか、いつものスタートが見られません。それでも風をしっかり見極めスタートの出遅れの挽回をはかりましたが、そこはゴールドフリートです。予選のようにはいかず、順位を伸ばすことはできませんでした。

 しかし、本日の第3レース(通算7レース目)では何とか10番後半に入ることができ、少し得たものがあったようです。5レース以上消化のため1カットが入り、総合順位は落としてしまいましたが、幸い大きく順位を落とすレースがなく安定しています。

 引き続き女子ゴールドフリートがスタートしました。このころには風がさらに強くなり18〜20ノット、ブローで25ノットと今大会一番の強風レースになりました。

 初の五輪代表を決めた須長はゴールドフリートの緊張かスタートは良かったもののスピード、角度があまりよくなく20位前半で下マークを回航となりました。しかし須長はさらに風が上がりセールを落とす選手が多い中、安定した走りを見せ14位でフィニッシュ。その後の2レースは、強風下だったせいもありセールが切れてしまったり、ガスケットがはがれてしまったりとアクシデントに見舞われ、順位を伸ばすことができませんでした。

 須長は周りの選手が順位を落としてくれたおかげもあり総合順位は上がりましたが、レース内容は納得いくものではなかったようです。明日は今日の悪かったところを見直し、上を目指してほしいと思います。女子シルバーフリートは、大西が本日行われた2レースともに3位、小菅も5位と順位を上げました。

 今日は、強風下ガスティーなコンディションでした。風もシフティー、海面もチョッピーだったため、セール位置を安定的に維持することが難しかったと思いますが、世界のトップ選手たちは、このようなコンディションでもさすがと思わせる走りを見せています。明日も強風が予想されています。


大会4日目のダイジェスト映像です。ベテラン女王アレッサンドリア・センシニ(五輪金×1、銀×1、銅×2、ワールド金×4、ヨーロピアン金×5)が3位へ浮上。恐ろしくハイレベルなスペイン女子決戦はブランカ・マンションがリード。わずか1点差でマリナ・アラバウが追っています。http://www.fleetracingtour.com/

◎RS:X級世界選手権・決勝ラウンド第1日終了時
男子(48カ国120選手)
1. NED Dorian van Rijsselberge 18.0p

2. FRA Julien Bontemps 19.0p
3. GRE Byron Kokalanis 20.0p

4. GBR Nick Dempsey 20.0
p
5. NZL JP Tobin 23.0
p
20位 富澤 慎 10-10-13-14-22-(23)-19
86位 金子岳司 BFD(61)-42-47-46-22-19   

女子(37カ国80選手)
1. ISR Lee Korzits 8.0
p
2. POL Zofia Klepacka 12.0
p
3. ITA Alessandra Sensini 24.0
p
4. POL Maja Dziarnowska 26.0p

5. ESP Blanca Manchon Dominguez 32.0
20位 須長由季 16-13-3-14-14-22-(32)
44位 小菅寧子 26-(28)-21-23-5-5
45位 大西富士子 (30)-26-23-26-3-3

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 14:57| Comment(0) | オリンピック

デストップニュース最新号


 世界のヨットレースをお届けするデストップニュース最新号です。今回は、フランスのシングルハンドオフショア「Solo Duo Figaro Massif Marine 2012」にはじまり、毎年恒例カリブの祭典「第35回ハイネケンレガッタ」、マイアミセーリングシリーズのメルジェス24、20他。最後はボルボオーシャンレース・オークランドのインポートレースと、ブラジル・イタジャイまでの第5レグのスタート。〈アブダビ〉がバルクヘッド修理のために、ハーバーへ戻って修理&再出発。また、〈サンヤ〉がラダートラブルでオークランドへ戻っています。〈サンヤ〉はまだ帰港中で第6レグ(ブラジル〜マイアミ)のスケジュールを考えるとシンドイ戦いになりそうです。(BHM編集部)

12.03.26_04.jpg
ボルボオーシャンレースは恐怖の南氷洋へ突入しました。スタート8日を過ぎて、〈グルーパーマ〉、〈プーマ〉、〈テレフォニカ〉、〈カンペール〉の順番で第3チェックポイントへ向かっています。photo Hamish Hooper/CAMPER ETNZ/Volvo


〈テレフォニカ〉のオンボードはこのような恐ろしいことに…。言葉がありません

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 10:39| Comment(0) | ニュース

RS:X世界選手権、予選終了

 3月23日、RS:X級世界選手権3日目。予選ラウンドの最終日は男女とも1レースのみです。午前中、前日の風が少し残っていましたが、レースが始まる1時間ほど前から風が落ち着き始め、風向110〜120度、風速18〜20ノット、ブローで25ノットの中、日本女子3名のイエローフリートがスタートしました。(レポート・写真/JSAFオリ特:宮野幹弘)

 強風を得意とする須長は好スタートを切り、岸から入ってくる風にうまく合わせ、シングルで上マークを回航。風下マークを7位で回航しましたが、雨雲と共に風が左へシフト。この風をうまくつかめず、フリーで若干挽回を図りましたが14位フィニッシュ。小菅、大西はこのレースもスタートをうまく切ることができず、スピードを出すことができません。なんとかまわりについていこうとしますが、スピード不足ため角度も取れず定位置でフィニッシュとなりました。

 今日の女子のレースは、好スタートを切り左から入ってくる風にうまく合わせ、2上では雨とともに風が落ちてきたことへの状況判断がポイントでした。イエローフリートはアウターループでのレースだったので、余計に左からの風には注意を払う必要がありました。

12.03.26_02.jpg
須長由季(すなが・ゆき)。1980年12月28日生まれ。31歳。身長171cm、体重62kg。埼玉県出身。私立星野女子高校、明治大学卒業。ミキハウス所属。五輪初出場。

12.03.26_03.jpg
富澤 慎(とみざわ・まこと)。1984年7月19日生まれ。27歳。身長182cm、体重73kg。新潟県出身。新潟県立柏崎工業高校、関東学院大学卒業。関東自動車工業所属。北京五輪10位。photo by Junichi Hirai

 このレースの結果、須長は予選総合22位を確定。日本選手ただひとり決勝ラウンドゴールドフリート進出を果たし、連盟五輪代表選考基準により五輪日本代表を内定しました。初の五輪代表です。photo by Junichi Hirai

 引き続き男子のレースが行われる予定でしたが、雨が強くなるに従い風が強まり、APHが掲揚され、一度ハーバーに戻ることになりました。

 雨が上がり風も落ち着きはじめた2時間後。風向100度、風速15〜18ノットで金子(ホワイトフリート)がスタートしました。しかし、スピードに乗ることができないため周りの選手の角度についていけず、46位フィニッシュに終わりました。

 注目の富澤(オレンジフリート)はスタートで上の選手に被せられてしまいスピードが落ちたため、スピードを付けるべく角度を合わせ、何とかこらえて1下マークを18位で回航しました。その後、左からの風にうまく合わせ、風がある右海面へアプローチ、オーバーセール気味でしたが、順位を4つ上げて14位でフィニッシュしました。

 この結果、富沢は決勝ゴールドフリートに進出を決め、五輪日本代表内定となりました。北京につづいて2回目の五輪出場です。五輪内定選手は決まりましたが、それはそれとして、さらに全員が上位に入れるように気を引き締めてレースに挑んでほしいと思います。明日からヨーロッパはサマータイムがスタートします。日本との時差は7時間です。

12.03.26_01.jpg
出艇する日本男子、金子(左)、富澤

◎RS:X旧世界選手権・予選ラウンド4レース終了時
男子(48カ国120選手)
16位 富澤 慎 10-10-13-14
99位 金子岳司 BFD(61)-42-47-46   

女子(37カ国80選手)
22位 須長由季 16-13-3-14
47位 小菅寧子 26-28-21-23
55位 大西富士子 30-26-23-26

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 09:49| Comment(0) | オリンピック

2012年03月25日

富澤、須長五輪代表内定

スペイン・カディスで開催されているRSX世界選手権。予選終了時点で男子の富澤慎、女子の須長由季が日本選手内1位となり、ロンドン五輪日本代表候補が確定しました。富澤は16位で、須長は22位で決勝(ゴールドフリート)へ進みます。他選手は、上位選手によるゴールドフリートに進出できませんでした。(BHM編集部)
posted by BULKHEAD at 05:36| Comment(0) | オリンピック

2012年03月23日

リオ五輪艇種コンペ開催中

 3月25日までスペイン・サタンデールで、2016年リオ五輪の新種目(男女混合マルチハル、女子スキフ)で採用するボートの評価会がおこなわれています。この評価会にエントリーしているのは次の艇種。リオ五輪の艇種は、今年5月のミッドイヤーミーティングで決定される予定です。(BHM編集部)

12.03.23_03.jpg
リオ五輪に立候補しているRS900

◎女子スキフ候補(6艇種)
• 29erXX – Ovington Boats
• ARUP Skiff - ARUP
• AURA – Ovington Boats
• Hartley Rebel – Hartley Boats
• Mackay FX – Mackay Boats
• RS900 – RS Sailing


女子スキフ候補艇種の動画

◎男女マルチハル候補(7艇種)
• Hobie 16 – Hobie Cat
• Hobie Tiger – Hobie Cat
• Nacra 17 – Nacra Sailing International
• Nacra F16 – Nacra Sailing International
• Spitfire S – Sirena Voile
• Tornado – International Tornado Class Association
• Viper – Australian High Performance Catamarans (AHPC)

 とはいえ、北京五輪後のISAF総会で起きた、まさかの判決もあったことだし、この評価会の結果から選ばれる艇種が採用されることを本当に信じていいかという疑問はあります。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 23:46| Comment(0) | オリンピック

RS:X初日、日本好発進!

 3月22日。ロンドン五輪RS:X級日本代表(候補)選手を決める世界選手権レース初日を迎えました。今日は、微風の予報でしたが、レース開始時刻が近づくにつれ風が入り始め、定刻より10分遅れて男子は2フリートに分かれてスタートしました。風向120度、風速12〜14ノットのプレーニングコンディションで海面はチョッピー、ブローが入ると右にシフトする傾向が見られ、スタート後の右へ返すタイミングがとても重要なレース展開となりました。(レポート・写真/JSAFオリ特:宮野幹弘)

12.03.23_01.jpg
スタートラインに並ぶ艇団。JPN11は男子の富澤

 富澤(ホワイトフリート)は、好スタートを切り、3レースを10-10-13位でフィニッシュ。惜しくもシングル・フィニッシュできませんでしたが、海外の選手と互角な戦いを見せ、初日14位の好発進です。一方、金子(オレンジフリート)は、3レースともトップスピードでスタートできず、思うようなコースも引けず、つらい初日スタートとなりました。

 男子終了後に女子も2フリートにわかれてスタートしました。風の傾向は同じでしたが、時間が経つにつれ上がり始め、15〜17ノット、ブローで20ノットのレースとなりました。スタートが上手いはずの小菅、大西がトップスピードでスタートが切れず、スピードにうまく乗ることができません。波があまりない海面だっただけに、スタート後のスピードがとても大事になってきます。そしてそれはその後のコース取りにも大きく影響します。このスタートのまずさが最後まで響き、ふたりともに順位を伸ばせずじまいで不本意な初日となりました。

 そうした中、スタートを苦手としていた須長が奮闘。事前練習でスタートを重点的に練習した成果が、今日のレースで出ました。3レースともにトップスピードでの好スタート、その後若干のミスはあったものの、海外の強豪選手によく食らいつき健闘しました。とくに3レース目のスタートは素晴らしくスピードにも乗り、3位でフィニッシュしました。初日20位です。このスピードが維持できればさらに上の戦いが見えてきます。

 男子総合9位までの選手は、3レースともにシングルをキープし、レースを進めています。富澤もこの上位選手たちと絡んでレースを進めているだけに、明日からのレースに期待が持てます。女子は、2011年世界チャンピオンのイスラエル、2位ポーランド、2010年世界チャンピオンのスペインが激戦を切り広げています。

 明日の予選ラウンド最終日は、25ノット以上、ハードコンディションのレースが予報されています。

12.03.23_02.jpg
下マークを3番で回航する須長

男子(48カ国120選手)
14位 富澤 慎 10‐10‐13
101位 金子岳司 BFD-42-47    

女子(37カ国80選手)
20位 須長由季 16-13-3
49位 小菅寧子 26-28-21
53位 大西富士子 30-26-23

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 12:26| Comment(0) | オリンピック

2012年03月21日

代表決定RS:Xワールド直前

12.03.21_09.jpg
 3月22日からスペイン・カディスで「2012年RS:X級世界選手権」が開催されます。ロンドン五輪出場国権利を獲得している日本は、この大会で国内最高順位となった選手が日本代表候補に選ばれます。出場するのは、男子2、女子3選手です。(BHM編集部)

◎RS:X級世界選手権・出場日本選手
男子(48カ国119選手)
富澤 慎 27歳(関東自動車工業)
金子岳司 24歳(大垣共立銀行)

女子(37カ国80選手)
須長由季 31歳(ミキハウス)
小菅寧子 37歳(J-WILL PARTNERS)
大西富士子 28歳(TEARS)

 ウインドサーフィンは、日本の五輪セーリングのなかで470級に継いで成績を残している種目です。今回は、世界選手権を借りて日本代表選考をおこないますが、世界のなかで日本選手がどこまで戦えるのかにも注目です。日本選手の健闘に期待します!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:56| Comment(0) | オリンピック

大学アニオールズカップ

 3月13〜20日まで西宮沖で「アニオールズカップ2012」が開催されました。この大会は全日本学生外洋帆走協会によるクルーザーによるヨットレースで、加盟8大学(慶応大学クルージングクラブ、甲南大学クルージング部、神戸大学オフショアセーリングクラブ、東京大学運動会ヨット部クルーザー班、東京都市大学体育会ヨット部、日本大学理工系ヨット部、防衛大学校ヨット部クルーザー部門、明治学院大学体育会ヨット部)により毎年開催されています(明治学院大は今年不参加)。今回は新西宮ヨットハーバーのヤマハ23IIを4艇レンタルし、艇を乗りまわしておこなわれました。優勝は東京大、2位防衛大、3位甲南大です。優勝校には、フランスで開催される「学生ヨット世界選手権大会(Student Yachting World Cup)」の出場権利が与えられます。(BHM編集部)

12.03.21_08.jpg
アニオールズカップは4艇を交代で使用してフリートレースがおこなわれました

12.03.21_01.jpg
アニオールズカップ成績表

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 15:31| Comment(0) | 外洋レース

2012年03月20日

和歌山OP選考最終日成績

12.03.20_01.jpg
20日、和歌山で開催されたオプティミスト級ナショナルチーム選考最終日の成績です。上位選手は、下記の国際大会の出場権利が与えられます。(BHM編集部)

第51回IODA世界選手権
高宮豪太 江の島ヨットクラブジュニア
辻アンナ 中央区ヨット連盟ジュニアヨットクラブ
山大智 B&G別府海洋クラブ
西澤秀人 北九州ジュニアヨットクラブ
田中美紗樹 B&G兵庫ジュニア海洋クラブ

第23回IODAアジア選手権
新谷惟斗 江の島ヨットクラブジュニア
高山颯太 KMC横浜ジュニアヨットクラブ
花田義弘 光セーリングクラブ
西村宗至朗 B&G兵庫ジュニア海洋クラブ
榊原健人 藤沢市青少年セーリングクラブ
佐藤春菜 湘南ジュニアヨットクラブ
須河内茉里 藤沢市青少年セーリングクラブ

第30回IODAヨーロッパ選手権
小木曽 涼 江の島ヨットクラブジュニア
神谷 仁 静岡県セーリング連盟・浜名湖ジュニアクラブ
中島成興 横浜市民ヨットハーバージュニアヨットクラブ
宇田川真乃 横浜ジュニアヨットクラブ

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 18:05| Comment(0) | ジュニア・ユース

2012年03月19日

OP和歌山NT選考3日目成績

12.03.19_06.jpg
19日、和歌山で開催中のオプティミスト級ナショナルチーム選考3日目。本日4レースおこなわれ、また、カットレースができたことで上位陣に順位の変動がありました。明日20日は最終日になります。(BHM編集部)

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:48| Comment(0) | ジュニア・ユース

HMYCスプリングレガッタ

12.03.19_01.jpg
 3月18日に相模湾で開催された葉山マリーナヨットクラブ・クラブレース「第13回スプリングレガッタ」の成績です。コースは小網代沖灯浮標を回航する14マイルのロングコースで、〈グランブルー〉(X35 MOD)が優勝を飾りました。次回、HMYCレースは4月1日の「Zhikカップ」です。

12.03.19_02.jpg
小網代灯浮標を回航する〈グランブルー〉。photo by Y.Taguchi

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:47| Comment(0) | キールボート

2012年03月18日

琵琶湖、風なしノーレース

12.03.18_05.jpg
 18日、同志社ウィーク最終日は、朝から風がなく陸上待機に。その後も、風が吹く気配もなく、レースはキャンセルされました。成績は前日のものが最終成績となります。また、併催された全日本スナイプ級ジュニア選手権の結果は、1位 山田剛士/荒川淳一(同志社大)、2位 垣野雅人/岡本怜子(同志社大)、3位 小栗康弘/難波尚之(関西学院大)。1位、2位の選手は、スナイプ級西半球選手権ジュニア枠の出場権利が与えられます。(BHM編集部)

◎第30回 同志社ウィーク成績
スナイプ級
1. 安部/山近(Eba Sailing)10p
2. 中島/樋口(AI☆STARS/同志社大)11p
3. 西尾/浅原(KG Sailing/滋賀県セーリング連盟)15p
4. 安森/森本(三菱重工広島)16p
5. 田中/野村(三菱重工広島)17p
6. 大井/酒井(オクムラボート)19p

470級
1. 市野/西野(関西学院大/同志社大)2p
2. 西村/大嶋(岐阜県ヨット連盟)5p
3. 豊田/原(同志社大)8p
4. 飯野/成川(慶應大)12p
5. 二井谷/吉永(柳が崎セーリングクラブ)16p
6. 奈良/二井(同志社大)18p

12.03.18_06.jpg
同志社ウィーク歴代優勝者


同志社ウィーク最終日映像

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 20:39| Comment(0) | ディンギー

OP和歌山NT選考2日目成績

12.03.18_03.jpg
和歌山セーリングセンターで開催中のオプティミスト級ナショナルチーム選考2日目の成績です。大会2日目は風待ち後、1レースおこなわれました。合計3レースを終えて、高山大智(B&G別府海洋クラブ)が首位をキープしています。(BHM編集部)

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 19:41| Comment(0) | ディンギー

サマーガール、IRC優勝!

 18日、KYCスプリングレガッタIRCクラス最終日は、朝から濃い霧と無風で午前中は陸上待機。午後からようやく南西の風が入り2レースを行いました。(文/関西ヨットクラブ事務局)

12.03.18_02.jpg
2日間、微軽風で4レースを消化したKYCスプリングレガッタ。photo dailysailing.com

 1レース目は、初日2レースとも最下位の〈クラリス・フォルテ〉(YAMAHA 31FESTA)が快心のレースで1位に。総合でも6位(11-12-1-5 29点)に上がりました。

 熾烈なトップ争いは、各レースで数秒差以内(修正)の際どい戦い繰り広げ、〈サマーガール〉(FIRST 40.7)が1-3-1-3 8点)が優勝。〈スウィング〉(GP42 MOD)が同点(2-2-2-2 8点)ながら惜しくも2位となりました。

 3位には各レースを手堅くまとめた〈アグネス〉(YAMAHA 33S)が入りました。KYCスプリングレガッタ最終週は、3月25日のオープンレースです。

12.03.18_01.jpg
スプリングレガッタ・IRCクラス成績表

◎関西ヨットクラブ
http://www.kyc.or.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 19:35| Comment(0) | キールボート

2012年03月17日

同志社W初日、雨の柳が崎

 3月17日、琵琶湖柳が崎ヨットハーバーで「第30回同志社ウィーク」が開幕しました。この大会は、同志社大ヨット部を引退した4年生が、“後輩へのお礼”にヨットレースを企画する国内最大規模のオープンレースです。エントリーは、470級66艇、スナイプ級73艇。昨年は、震災により中止になりましたが、今年はこれまで以上の参加を集めて開催されています。(BHM編集部)

12.03.17_13.jpg
琵琶湖は終日雨。比叡山に低い雨雲が覆って幻想的でしたが、風は吹かず。photo by Junichi Hirai

 この大会の特長は、学生と社会人が同じ土俵で戦えることです。学生と社会人セーラーは、同じハーバーで活動していても接点が少なく、コミュニケーションを取るのは意外にも少ないもの。この大会は、普段は話しかけることを躊躇してしまうようなトップセーラーと、陸上で気軽に話したり質問したり、海では真剣に手合わせできる貴重な機会になっています。

 毎年、各クラスのトップ選手が招待され、今年は、470級全日本二連覇中の市野直毅、2011年スナイプ全日本優勝の近藤康史/石川真吾(AI☆STARS)が招かれました。大会前日には、招待選手への質問会。また、ゲストとして、ハイドロモスを題材にスピードセーリングの魅力について熱く語った後藤浩紀氏、アメリカズカップ出場経験から勝つためのプロセスとトラブルシューティングの重要性を話した兵藤和行氏のトークイベントがおこなわれました。

12.03.17_07.jpg
大会前日におこなわれた招待選手による質問会。約200人を前にスピーチする後ろ姿はスナイプ級の近藤選手。学生選手から「失敗してしまった後、レースとレースの合間にどんなことをして気持ちを入れ替えますか」と質問されて、近藤選手は「クルーと無駄話しをして気分を変える」。photo by Junichi Hirai

 この第30回大会では、あたらしい試みとして、大会を単なるヨットレースではなく、学校の壁をなくして、ランダムに4、5チームずつグループ分けをしたチーム戦も企画されています。これは、他校や社会人、学生が、積極的に交流してほしいという大会実行委員会のアイデア。この大会のテーマは「琵琶湖で繋ぐヨットの絆」です。大会を通じて選手たちが親睦を深める目的もあります。

 大会初日の柳が崎沖は、朝から雨。北東の微風でスタートしましたが、風速はあがらず、雨ベタという選手、運営にも厳しいコンディションとなりました。そのような状況でも2レースをおこなうあたりは、琵琶湖らしいといえるかもしれません。その後、風はまったくなくなり、大会初日を終えました。

 成績は、470級は学連艇と同志社大クルーで即席チームを作った市野直毅/西野裕太朗(関西学院大/同志社大)が首位に。スナイプ級は、強豪社会人セーラーが大集団にもまれて低迷するなか健闘した安部賢司/山近 宏(Eba Sailing)がトップに立ちました。明日18日は、同志社ウィーク最終日となります。

12.03.17_14.jpg
今年は琵琶湖で全日本インカレが開催されるため、他水域からも参加しています。関東からは慶應大、日本大、中央大、学習院大が出場。photo by Junichi Hirai

12.03.17_09.jpg
学連艇で即席チームを組んだ市野/西野。初日1-1位。photo by Junichi Hirai

12.03.17_10.jpg
ベテランコンビ、安部/山近。photo by Junichi Hirai

12.03.17_08.jpg
この大会は「全日本スナイプ級ジュニアヨット選手権大会兼国際スナイプ級西半球選手権大会代表選考会」を兼ねています。また、同志社大と慶應大の定期戦も兼ねています。写真は同志社大の艇庫・合宿所。photo by Junichi Hirai

12.03.17_11.jpg
470級初日成績

12.03.17_12.jpg
スナイプ級初日成績

12.03.17_01.jpg
レース後は、選手たちに琵琶湖名物「スナイプドッグ」(ホットドッグ)が振る舞われました。写真はスナイプドッグの主人、井田選手。photo by Junichi Hirai

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:31| Comment(0) | ディンギー

OP和歌山NT選考初日成績

12.03.17_15.jpg
和歌山セーリングセンターではじまった2012年度オプティミスト級ナショナルチーム選考会の初日成績です。この大会の上位入賞者には、OP級世界選手権、アジア選手権、ヨーロッパ選手権の出場権利が与えられます。大会は20日まで。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:21| Comment(0) | ジュニア・ユース

KYCスプリングIRC初日

12.03.17_02.jpg
3月17、18日、西宮で開催されているKYCスプリングレガッタIRCクラスの成績です。初日は2レースおこなわれ、〈サマーガール〉〈スウィング〉が同率で並んでいます。(BHM編集部)

12.03.17_03.jpg
11艇が出場するKYCスプリングレガッタIRCクラス。photo dailysailing.com

12.03.17_05.jpg
〈サマーガール〉(FIRST40.7)。photo dailysailing.com

12.03.17_04.jpg
〈スウィング〉(GP42)。photo dailysailing.com


初日上マーク回航集です。dailysailing.com

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 17:35| Comment(0) | キールボート

2012年03月16日

同志社ウィーク17日開幕

12.03.16_05.jpg
17日からはじまる同志社ウィークの取材で琵琶湖に来ています。大会前日は講習会とレセプションパーティーがおこなわれました。同志社大の艇庫は学生で満杯!本大会には約130艇がエントリーしています。(BHM編集部)

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:28| Comment(0) | ディンギー

大学対抗マッチが終わって

 3月上旬のビッグイベント「選抜大学対抗マッチレース」が終わりました。バルクヘッドマガジンは、昨年からこの大会を応援してきましたが、開催までの紹介期間が長かった分、大会そのものはあっという間に終わってしまった感じがします。「あーあ、終わっちゃったなぁ…」という、祭りのあとのさみしさに似た気持ちです。(BHM編集部)

12.03.16_04.jpg
大盛況に終わった選抜大学対抗マッチレース。photo by Junichi Hirai

 この選抜大学対抗マッチレースは、日本ヨットマッチレース協会が中心となって企画・運営されました。そもそも、このイベントは「大学生たちがヨット部を引退してもセーリングを続けて欲しい」という気持ちから生まれたものです。その背景には、大学ヨット部4年間を一生懸命になりすぎて、卒業したらヨットから離れてしまう現状があります。いわゆる、燃え尽き症候群です。インカレひと筋だったヨット部員は、インカレを競技のピークと考え、引退すると打ち込む目標がなくなってしまうわけです。

 これは、セーリング界にとって大きな問題です。あれほど夢中になって、大好きだったセーリングをたった4年で見切りをつけて止めてしまうのですから。また、長い目で見れば、セーラーの世代交代ができず、競技人口は減少し、衰退していくほかありません。少々、かた苦しい話に聞こえるかもしれませんが、ヨット部を引退した後、好きなセーリングを続けるきっかけを作ってあげるのは、わたしたち大人の役目だと考えています。

 今回は、学生が乗りなれないキールボートを使って、マッチレースという、これも学生に馴染みのない競技形式でおこなわれました。参加したのは、470級やスナイプ級なら目を閉じてでもセーリングできるほど上手な選手たちです。そんな彼らが、はじめて触れるウインチに戸惑い、キールボートのハイクアウトに目を輝かせ、クルー全員が息をあわせてあげるスピンホイストに緊張していました。選手たちは、あたふた、ドタバタです。それでも、はじめての挑戦に新鮮さを感じ、一生懸命にヨットを動かしていました。

 選手たちの姿を見ていて、「ヨットに乗るって、そういう単純な理由でいいんじゃないかなぁ」なんて、考えていました。ディンギーだって、セーリングクルーザーだって、レースだって、クルージングだっていい。いろんなことにチャレンジして、それぞれが目標を見つけていければ、すばらしいことだと思います。好きなことなんだから、ずっと続ければいい。それをサポートしてくれる大人はいます。少なくとも今回、応援してくれたキールボートチームは、いつでも大歓迎です。

 さあ、選抜大学対抗マッチレースはこれで終了です。この大会は、既報の通り、来年度の開催(2013年3月)が決定しています。今回はインカレ全日本上位校から選抜されましたが、フォーマットは同じになるのか、変更されるのかまだ分かりません。詳細は、決定次第、バルクヘッドマガジンで案内していきます。おたのしみに!

◎大学マッチ関連ニュース
3/14 最終日ダイジェスト動画
3/12 白熱!大学マッチ最終日(現地レポート)
3/11 速報、大学マッチ、吉田優勝!
3/11 大学マッチ初日動画
3/10 熱気沸騰、大学真剣勝負!(現地レポート)
3/10 大学対抗マッチ初日成績
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 09:44| Comment(1) | マッチレース

デストップニュース最新号


 世界のヨットレースニュースを毎週お届けするデストップニュース。まずは、フランス艇〈グルーパーマ〉が勝利したボルボオーシャンレースから。昨年のラグビーワールドカップでは、ニュージーランドに敗れたフランスですが、世界一周レースでリベンジを果たしました。グルーパーマは、バウセクションから浸水していて、水密のドアをあけると大量の水が…。後半は排水しながらのセーリングだったようです。第4レグの順位は、1位グルーパーマ(FRA)、2位プーマ(USA)、3位テレフォニカ(ESP)、4位カンペール(NZL)、5位アブダビ(UAE)、6位サンヤ(中国)でした。(BHM編集部)

12.03.16_01.jpg
第4レグトップのグルーパーマ。難関の太平洋縦断コースで他艇を振り切り優勝を果たしました。photo by IAN ROMAN/Volvo Ocean Race

12.03.16_02.jpg
上架されたグルーパーマ。バウセクションの損傷部分はカバーされ、修理がおこなわれています。photo by Marc Bow/Volvo Ocean Race

 続いて、ふたり乗り大西洋横断レース「La Solidare du chocolat」。フランスのSaint Nazaire(サンナザレ)を11艇がスタートしました。さらに、手漕ぎボート「ブーベ・ギアナ」。バルクヘッドマガジンでも先月紹介しましたが、ついにフィニッシュしたようです。しかし、荒波の中では遭難しているようにしか見えません…。

 最後は、五輪種目のマイアミセーリングシリーズ。この大会は、バカルディ社がスポンサーで、スター級では「バカルディカップ」として85年の歴史があります。今年のスター級は62艇が出場しました。注目は、ニュージーランドのハーミッシュ・ペッパーが新クルーと本格始動。日本のメルジェス32〈夜叉侍〉のタクティシャンをつとめる彼は、同チームの援助で新艇を建造しました。ボート名も〈Yasha Samurai〉です。ハーミッシュ・ペッパーは、クルーを交代したため、昨年末のISAFセーリングワールドには出場しておらず、ロンドン五輪の出場権利を持っていません。そのため、5月の世界選手権(フランス・マルセイユ)で、日本の鈴木/和田と同じように国枠を掛けて戦うことになります。スター級の残り国枠数は4つです。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:05| Comment(0) | ニュース

2012年03月14日

大学マッチファイナル動画


11日まで日産マリーナ東海で開催された選抜大学対抗マッチレース最終日のダイジェストです。スキッパーインタビューもあります。

◎大学マッチ関連ニュース
3/12 白熱!大学マッチ最終日(現地レポート)
3/11 速報、大学マッチ、吉田優勝!
3/11 大学マッチ初日動画
3/10 熱気沸騰、大学真剣勝負!(現地レポート)
3/10 大学対抗マッチ初日成績
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:09| Comment(0) | マッチレース

2012年03月13日

東北水域レーザーレポート

 震災から1年が経過しました。被災地のレーザー活動について報告いたします。(文・写真/レーザー仙台フリート・東勝男)

12.03.13_03.jpg
レーザー仙台フリートです。1月8日に初乗りを行いました

 レーザー仙台フリートは、震災後、松島ヨットハーバーに所属する団体やボランティアの方々の献身的な作業により、宮城県で唯一使用できるヨットハーバーとしていち早く復興いたしました。津波の被害はありましたが、他の水域から比べたらかなり軽微です。レーザーも数艇流されましたが、レーザークラス協会、全国のレーザーセーラーからのご支援を頂戴し、6月19日に大谷さんに6艇届けてもらい、愛艇を失った方に渡されました。

 その後度重なるご支援をいただき、松島ヨットハーバーには県内8高校のヨット部や社会人のセーラーが集まり、日曜日は早く行かないと駐車場がなくなるほどです。震災前より活気ある活動ができるまで復興しました。もう少しあたたかくなると、ますますにぎわってくることしょう。

12.03.13_02.jpg
28日には復興の新年会で盛り上がりました。このあとダウンアンダーセイリングジャパン社提供の支援物資があり、皆でありがたく頂戴いたしました

 伊達フリートは、被害が甚大だった閖上ヨットハーバーをホームとしていました。震災後、1年経ちましたが、お恥ずかしい話ですが、自宅から車で40分程度の閖上ヨットハーバーに行く勇気がなく、1年経った3月11日、ボランティア作業の帰り道、閖上中学校での追悼式に参加した際、震災後初めて閖上に行きました。

 沿岸部では基礎部分だけ残った家に献花、線香をあげる方を途中で何人も見かけ、思わず胸があつくなります。写真を見ていただければわかると思いますが、今は機能していません。2003年にレーザー全日本を行ったハーバーですが、見慣れた風景はもうありません。

12.03.13_01.jpg
閖上ヨットハーバー。2012年3月12日に撮影したものです

12.03.13_06.jpg
閖上ヨットハーバー

12.03.13_04.jpg
処分待ちのレーザー級。処分可とペンキで書かれています

 「笹直」のかまぼこ工場の隣には、うまい魚を食わせる店があったのですが、跡形もありません。伊達フリートでレーザーに乗っていた方も数名いましたが、震災後、顔を見なくなりました。レーザーに乗りたいという声も聞こえてきません。

 岩手フリートは釜石の根浜海岸をベースとしていました。震災後、わずかですがセールを送り、昨年の8月に知多フリートからレーザー2艇を櫻井さんによって届けられましたが、まだまだレーザー活動をする環境には遠いようです。フリートキャンプテンからいただいた年賀状には「レーザーに乗りたいです」と書いてありました。「僕のレーザーならいつでもOK! 松島に乗りに来てください」と返事しましたが、実現できておりません。暖かくなったらもう一度お誘いしてみます。岩手フリートには若手がおらず、復興のスピードも仙台から比べたらゆっくりです。引き続き支援が必要です。

 震災から1年が経ち、「レーザー」というつながりで、他のクラスにはないスピードで物的な支援や心温まる電話、メールを頂戴いたしました。心が折れそうな環境の中、どれほど支えられたか計り知れません。ありがとうございました。御礼は「元気になった東北のレーザーフリート活動をお見せすること」だと感じています。

 レーザー東北選手権は、春にはゴールデンウイーク後半に鼠ヶ関ヨットハーバーにて山形フリート主管開催で調整中です。秋には10月後半、松島ヨットハーバーで仙台フリート主管により開催する予定です。元気になった東北選手権にぜひエントリーしてください。

 最後に、3月11日は、仙台フリートメンバーで名取市消防局に勤務し、殉職した野地航君の一周忌です。自分の命を犠牲にしてまでも、地域住民の命を守ろうとした君のことは一生忘れないことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 19:17| Comment(0) | 東北支援

2012年03月12日

豪レーザーマスターズ開幕

 レーザーマスターズ世界選手権がオーストラリア・ブリスベンで開幕しました。総エントリー数は19カ国233名。マスターズワールドにしては少なめです。やはり不況のためか、ユーロ圏の選手が少ないように感じます。(レポート・写真/室松さとし)

12.03.12_31.jpg
65〜74歳まで出場するラジアル級グレートグランドマスターズのスタート。photo Laser Masters Worlds Media 2012

 このマスターズワールドには、日本からは3名が参加してます。堀内(江の島フリート・GGM)、三吉(下関フリート・GM)、室松(長浜フリート・M)。それぞれラジアルクラスの別カテゴリーにエントリーしています。

 今回はロイヤル・クイーンズランド・ヨットスコードロンがホストクラブです。大会の会場は、私が過去3回レースで訪れた場所で馴染みのあるクラブで、芝生が美しい、良く整備されたクラブです。

 大会は昨日が初日、風速6〜7mのチョッピーな海面で2レースを行いました。こういうコンディションは、オージー(オーストラリア人)やキウイ(ニュージーランド人)が一番得意とするので、各カテゴリのオージー達が爆走しています。


 日本チームは中盤で苦戦をしています。レースは毎日2レース、4日目のレイデイを境に前後半3日づつ行われます。スタンダードのアプレンティスには現役の五輪選手、チリのマティアス選手が出ています。偶然、レースの前日レストランで会って、ビックリして「何しに来た?」と聞いてしまいました。当然、余裕のオール1位でした。

 前半戦はかなり吹くようです。気合いを入れてがんばりたいと思います!

12.03.12_30.jpg
ハーバーには、今回は特別に洗車機ならぬ、洗船機も設置され、スロープを上がり、水のゲートをくぐるだけでセールからボトムまで潮出しできます

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:57| Comment(0) | ディンギー

琵琶湖スターカップ初開催

 3月3日、琵琶湖でスナイプ級「第1回スターカップ」が開催されました。地元学生を中心とした17チームが参加。横浜からは内田・高曽ペアなど実業団も遠征しました。(文・写真/アイシン・エーアイヨット部 AI☆STARS・笹井正和)

12.03.12_15.JPG
琵琶湖で初開催されたスターカップ。社会人、学生のスナイプ選手が集まりました

 わたしたち実業団としては、活動するフィールドを用意することが本来の使命かもしれませんが、予算上なかなか厳しいため、このようなイベントで若い世代に世界選手権などで得た事を伝授することも大切な事だと考えます。今回参加いただいたメンバーと世界選手権などで一緒にセーリングできたら、すばらしいことでしょう。

 さて、レース当日は北東から安定した風が朝から吹いていました(気温は低く、北の山脈から冷たい風が流れてきているのかな?)。これがいつまで続くのか? 高気圧も北側にあるため、しばらく北風が続く予報でした。

 レースが始まると、やはりシーズンの最初の時期ということもあり、学生はまだまだスタートに課題あり…。「その場所にいたら、良いスタートはできない」という場所で待っていたり、もっと先の展開を読むことが必要だと感じました。

 レースを重ねる中で、第2レースに入ると風が落ちてきました。それと同時に風が右に振れていきます。レース委員長(筆者)の腕の見せ所です。高気圧が東に移動するせいか? それとも陸上の気温上昇による一時的なものなのか? 風がかなり落ちてきて、しばらくは右に振れるだろうとマークを70度に変更。そして風も左右に振れながら70度まで振れていきます。ヨシ!っとガッツポーズ。意外とレース委員長も楽しいな、と思いました。

 しかし、その後、北湖からのブローがまた入ってきて60度に戻り、安定して風も強くなります。この一時的な右振れ&風速が落ちたのが何だったのか? もう少し考えて、理由をつけて、自分がレースにでる時の戦略に使えるようにしていきたいと思います。

 安定を戻した風の中、順調に5レースを実施しましたが、やはり実業団が上位を占める結果に。また学生では昨年一緒に世界選手権に行った同志社大学の西村選手が安定して上位に入ります。たまたまこの日、いつもと違うセールを使っていたためスピードに安定感がなかったとはいえ、うまいレース運びをします。

 レースは5レースを実施し、夕方からの表彰式では、協賛いただいた豪華景品のプレゼント。また、AI☆STARSと、5cre8の野見山さんによる講習会もおこなわれ、予定を1時間オーバーする濃い内容となりました。琵琶湖での良い練習にもなりましたが、講習会を通じて地元学生との交流が図ることができ、本当に有意義なイベントとなりました。

 今回、このようなイベントをはじめて企画して感じたのは、次世代を担う学生に対して実業団側からもっともっと歩み寄って伝えていくことが大切だという事です。

 世界選手権に出場し、感じ学んだことを自分だけの財産にしてしまうのは、本当にもったいない事です。日本が世界で勝つためにもできるだけ沢山のセーラーに伝える事が大切。こういったイベントを今後も企画していって日本のレベルを向上し、世界チャンプを誕生させたいものです(もちろん、AI☆STARSが先になります!)。最後に、今回のイベントに協賛・協力いただいた方々、本当にありがとうございました。

12.03.12_17.JPG
スターカップ、そして今週末の同志社ウィーク出場のため、はるばる遠征してきました

12.03.12_16.JPG
野見山さんからフィッティングに関する講義。ボートをコントロールするために触っているのはロープです。それだけ大事な部分に対して本当に上手に教えていました。またその後のAI☆STARS&野見山さんによる質問形式の座学。予定を1時間オーバーしてしまうほど熱の入った内容となりました

◎スターカップ成績・上位入賞者
1. 近藤/石川(AI☆STARS)
2. 内田/高曽(逗子開成高校/横浜国立大学)
3. 中島/中村(AI☆STARS/同志社大学)
4. 西村/中川(同志社大学)
5. 野瀬/杉原(同志社大学)
6. 垣野/岡本(同志社大学)

スターカップ協賛:BBマリーン、シップチャンドラー、セラヴィ神前
協力:同志社大学ヨット部、OB

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 11:38| Comment(0) | ディンギー

白熱!大学マッチ最終日

 3月11日、愛知県西尾市・日産マリーナ東海で開催された選抜大学対抗マッチ最終日。朝から冷たい北西が吹く西尾沖は、学生たちに最高の舞台を用意してくれました。風は12ノット前後、時より15ノット近いブローが入るコンディションです。ボートの動きも昨日より素早くなり、またクルーワークも試される1日となりました。(BHM編集部)

 まず、予選第9フライトの注目は、早稲田対慶應の「早慶戦」です。早慶戦は野球やラグビーでおなじみですが、ヨット版早慶戦も関係者を中心に大いに盛り上がるビッグイベントです。今回はマッチレースというこれまでにないジャンルですが、選手たちはもちろん特別の意識を持って戦っています。前日、両校に話を聞いたところ「(OBから)早稲田だけには(慶應だけには)負けるな、と言われて来ました」とズバリ。宿命のライバルは種目を変えても気持ちは同じのようです。

 先攻したのは慶應大です。アーリーエントリー(時間前にエントリーしてしまった)した早稲田大に、あっけなく1ペナルティーが与えられました。しかし、早稲田大は落ち着いています。うまく慶應をコントロールして先攻スタートしてすると、その差を保って上マークへ。

12.03.12_08.jpg
大接戦で盛り上がった早慶戦。右が早稲田大です。photo by Junichi Hirai

 しかし、ダウンウインドで後方の風をつかんだ慶應大が、一気に早稲田大に追いつきます。両者とも並んでマークへ近づき、至近距離で同時にスピンダウン。しかし、ダウンの瞬間、慶應大のスピンが風下側の早稲田大に接触してしまいました。早稲田はペナルティーを取り返してイーブンに持ち込むことに成功し、さらに先行してフィニッシュ。大学マッチ早慶戦の軍配は、早稲田大にあがりました。

 予選で気を吐いていたのは吉田工作チームです。同志社大・西村とのOP時代から続く因縁の対決を制して、全勝でラウンドロビンを終えました。吉田チームは昨年のオーストラリア、ロシアの海外遠征メンバーを含む神戸大、甲南大の仲間とチームを組んでいます。

 2位で予選を通過したのは、安定したドライブが際立った金沢大(勝山大輔スキッパー)です。マッチレースの技術はないながらも、素直なセーリングで勝ち抜いてきました。全日本インカレで“国立大旋風”を巻き起こしている金沢大は、4年とOBのチーム構成で、女子ふたりが乗艇しています。本大会には、日本経済大に2人、吉田チームに1人、慶應大に1人、日本大に2人の女子が乗り込みました。みな男子以上に元気で、重要なポジションを任されていたのが印象的でした。

 午後からはじまった決勝では一旦風が弱くなるものの、安定して吹き続け、マッチ経験の豊富な吉田に有利なコンディショに。ボートをうまく操り、金沢大をあっさりとカタメてスタートラインのエリア外へ。その後も有利な位置をキープして先攻し、その差を広げていきます。吉田チームは、金沢大にマッチレースをさせる隙を与えず、2連勝し、大学マッチ優勝を決めました。

12.03.12_10.jpg
予選から決勝まで全勝優勝を果たした吉田セーリングチーム。吉田工作、土井航平、善本万里子、有馬忠嗣、山下大吾。photo by Junichi Hirai

「風が弱くなれば、みんな上手いのはわかっていたので、風の読み、コース勝負になったら互角の戦いになると予想していました。ぼくたちは、いかに“マッチレース”に持ち込めるかがポイントで、きょうはぼくたち向きの風が吹いてくれたと思います。大学に入ってマッチの世界に入り、お兄さん、お姉さんセーラーから、マッチレースを教えてもらったり、海外遠征に出させてもらったり、いろいろなことを教えてもらっています。そういうおもしろいヨットレースもあることを大学生に知ってもらいたい。マッチをはじめたときは、(大学生同士で戦う)こんな大会ができるなんて思ってもいませんでした。出場校には、ジュニア、高校時代で戦ったライバルいて、もう一度戦えるチャンスをもらえたことに感謝しています」(吉田工作)

 選抜大学対抗マッチは、すべての予定を消化して終了しました。マッチレースという学生には慣れないキールボートを使ったヨットレースは、選手たちに大きな刺激を与えたようです。バルクヘッドマガジンが大会を観戦していて思ったのは、日に日に成長する大学生の姿でした。大会初日と2日目では別人のようにセーリングが上達していて、見ていて驚かされました。

 これの大会を機ににマッチレース、キールボートの舞台へ進む意欲的なセーラーの登場を願います。大会前から盛り上がりを見せた大学マッチは、来年の開催も予定されています。大学マッチに興味のある学生のみなさん、開催は2013年3月です。日産マリーナ東海で戦いましょう!

12.03.12_04.jpg
インカレ名門校を破って優勝決定戦へ進んだ金沢大。マッチレースの戦術を考えすぎて、自滅してしまった他大学をよそに、風に素直に走るセーリングが印象的でした。大会が終わり、帰着する前に運営艇に向かって大きな声であいさつ(写真)。金沢大は大学マッチでも旋風を巻き起こしました。photo by Junichi Hirai

12.03.12_06.jpg
大会2日間、観覧艇としてグランドバンクスが出艇(三河湾で活動するキールボートチーム〈ガスト〉が協力してくれました)。他にも関係する大学を応援するボートがチラホラ。観覧艇が出るのは大学生の大会ならでは。photo by Junichi Hirai

12.03.12_07.jpg
ラウンドロビンが終わり、本部艇に集められる各大学スキッパー。photo by Junichi Hirai

12.03.12_05.jpg
14時30分すぎには、東日本大震災の追悼行事として、海へ献花、黙祷がおこなわれました。photo by Junichi Hirai

12.03.12_11.jpg
選抜大学対抗マッチ最終成績。予選の成績は5〜8位まで同点。タイを解いて決勝進出校が決まりました

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 06:46| Comment(0) | マッチレース

KYCスプリングホワイト

12.03.12_01.jpg
 KYCスプリングレガッタ2012。2週目の今週(3月10、11日)はホワイトセールクラスが行われました。参加は12艇。レースは2日間で4レースが行われ、今年からレースに参加している〈CLARIS FORTE〉(Y31 FESTA)が、1-2-1-2位(総合6点)と2位を大きく引き離して優勝しました。KYCホワイトセールクラスは、クラブ・ハンディキャップとボーナス(ダクロンセールやファーラーなど)を加味して出される成績で争われます。このクラスには、レース艇からクルージング艇まで様々なタイプの艇がエントリーしていますが、それぞれの取り組み方で一生懸命に楽しんでいます。(文・写真/関西ヨットクラブ事務局)

12.03.12_02.jpg
KYCスプリングレガッタ2012、ホワイトセールクラス成績。来週(3月17、18日)は、KYCスプリング2012はIRCクラスがおこなわれます

◎関西ヨットクラブ
http://www.kyc.or.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 01:27| Comment(0) | キールボート

2012年03月11日

大学マッチ、吉田優勝!

12.03.11_01.jpg
選抜大学対抗マッチ成績。吉田 vs 金沢大となった決勝は、2-0で吉田セーリングチームが優勝を決めました。おめでとうございます!

優勝 吉田工作/吉田セーリングチーム
2位 勝山大輔/金沢大学
3位 西村秀樹/同志社大学
4位 横田敏一/早稲田大学
5位 田邊裕之/慶應義塾大学
6位 小又友和/日本大学
7位 渡辺 哲/東京大学
8位 笠井大樹(西尾将志)/関西学院大学
9位 徳重エリカ/日本経済大学

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:03| Comment(0) | マッチレース

大学マッチ初日動画


選抜大学対抗マッチレース・大会初日のダイジェストニュースです。dailysailing.com

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 06:58| Comment(0) | マッチレース

熱気沸騰、大学真剣勝負!

 3月10日、日産マリーナ東海で「選抜大学対抗マッチレース」がはじまりました。雨上がりの三河湾は陸よりからの北西風が吹くなか、予選・第8フライトまでおこなわれました。本大会で採用されるのは、日本でもっとも普及するワンデザインキールボートJ/24。選手たちは気合十分で、日産マリーナ東海は最高潮に盛り上がりを見せています。(BHM編集部)

12.03.10_02.jpg
はじめてのマッチレース勝負は真剣。選手たちに話を聞くと、「キールボート、マッチレースがおもしろい!」という意見がたくさん聞こえました。photo by Junichi Hirai

 この大会は、これまでバルクヘッドマガジンで紹介してきたとおり、選抜大学9校により競われます。推薦枠で出場するマッチレース経験者の吉田工作〈吉田セーリングチーム〉、東京大〈仰秀〉以外は、キールボートに乗るのも、マッチレースするのもはじめて。選手たちは全日本インカレが終わった昨年末からキールボートに乗り始め、マッチレースを特訓して大会に挑んでいます。

 各校ともチーム構成はさまざまです。金沢大のように卒業を控えた4年+OBというチームもあれば、同志社大はオール現役生(1〜3年生)で構成。それぞれの学校ごとに目標を持っていますが、いやがうえにも大学名の勝ち負けが表に出るマッチレースゆえ、選手はもちろんのこと、観戦するOBにも気合いが入ります。この大会の途中成績を心待ちにしている関係者の方も多いことでしょう。

 大会初日は、風にムラのあるシフティーな海面でおこなわれました。ラウンドロビン(予選)途中のため、成績は出ませんが、吉田工作が4勝0敗で好調を見せています。大学からマッチレースをはじめた吉田は、今年でマッチレース4年目。「マッチレース経験者として、勝つことが当たり前。プライドがあります」と優勝候補ならではのコメントです。

 続いて4勝2敗の同志社大と早稲田大、金沢大が三つ巴です。同志社大のスキッパー、西村秀樹と吉田工作は、OP時代からのライバル。西村は、吉田だけには絶対に勝ちたい、という気負いもあります。同志社大は、先輩でもある和歌山のシエスタチームからマッチレースの指導を受け、この大会に挑んでいます。

 早稲田大は序盤戦でつまずきましたが、三崎でおこなわれた講習参加の成果もあり、後半は安定感が出てきました。「マッチレースの経験が少ない分、リスクはなるべく避けようという作戦です」と横田敏一スキッパー。明日日曜には、初っ端から早稲田 vs 慶應の早慶戦が組まれています。これには、両校とも「ここだけは負けられない」という真剣勝負が待っています。

 さらに、金沢大が相手艇のミスやペナルティーなどもあって、上位に食らいついています。2月は全員練習ができなかったこともあり、大会直前の2日間を琵琶湖でJ/24を借りて練習し、その感覚を持ったまま大学マッチに参戦しました。実際に各校全体を見ていると、大会初日のなかでは、同志社大、金沢大にはボートスピードがあり、この部分だけでもアドバンテージを持った戦いができているように見えました。

 明日日曜は、大学マッチ最終日です。ラウンドロビンの続きがおこなわれ、予選フライト終了後に上位から順番で、1位2位決定戦、3位4位決定戦、5位6位決定戦(ベストオブ3)がおこなわれます。

12.03.10_10.jpg
各大学スキッパーによる艇長会議。大会の注意事項、1日の流れがアナウンスされます。photo by Junichi Hirai

12.03.10_04.jpg
スターンには大学のフラッグを掲揚しています。photo by Junichi Hirai

12.03.10_11.jpg
女性ふたりが乗り、元気いっぱいの金沢大。photo by Junichi Hirai

12.03.10_05.jpg
関西学院大には470全日本2連覇、オーストラリア武者修業帰りの市野直毅選手も同乗。大学マッチには年齢制限をもうけたOB参加枠があります。photo by Junichi Hirai

12.03.10_06.jpg
快調に走る同志社大(左)。卒業を控えた4年が同志社ウィークの準備で忙しいため現役選手だけでチームを作りました。photo by Junichi Hirai

12.03.10_07.jpg
大学の垣根なく広く選手を募り、同年代の仲間でマッチレース活動する吉田セーリングチーム。photo by Junichi Hirai

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 00:32| Comment(0) | マッチレース

2012年03月10日

大学対抗マッチ初日成績

12.03.10_01.jpg
3月10日、選抜大学対抗マッチレース大会初日の成績です。明日は予選の残りを消化後、上位決定戦がおこなわれます。photo by Junichi Hirai

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:37| Comment(0) | マッチレース

2012年03月09日

VOR艇団、オークランドへ

 中国三亜を出発して18日目。ボルボオーシャン世界一周レース第4レーグは、オークランドへ向けて最終バトルを繰り広げています。沖縄付近まで上昇して南下する読みは、さすがとしか言いようがありません。貿易風を受けて快調に南下。赤道付近でもカームにつかまらず、ニュージーランド上方の高気圧をさらりと避け…。ヨットレース気象予報の進化を実感します。(BHM編集部)

 艇団は、ソロモン諸島を通りぬけるコースで左右に分かれましたが、全体的にとても似たプランのなかで戦っているので、それほど差もつかず近距離で戦うことになっています。首位を走るのはフランク・カマ率いる〈グルーパーマ〉で、こちらの第4レグ優勝はかたいところでしょう。2位は、続いて〈プーマ〉〈テレフォニカ〉が接戦で寄港地・オークランドへ向かっています。

12.03.09_01.jpg
季節は一気に夏へ。南太平洋を走るアブダビ。photo by Nick Dana/Abu Dhabi Ocean Racing

12.03.09_02.jpg
スコールを走るグルーパーマ。photo by Yann Riou/Groupama Sailing Team/Volvo Ocean Race

12.03.09_03.jpg
各チームには毎日、動画、レポート、写真を発信するメディアクルーが乗り込んでいます。photo by Ryan Houston/Team Sanya/Volvo Ocean Race

12.03.09_04.jpg
計器の横には固定ビデオカメラ。計器は毎日キャリブレーションされます。photo by Amory Ross/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

12.03.09_06.jpg
ヒゲも剃ります。photo by Hamish Hooper/CAMPER ETNZ/Volvo Ocean Race

12.03.09_07.jpg
トップヘオークランドへ向かうグルーパーマ。photo by Yann Riou/Groupama Sailing Team/Volvo Ocean Race

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 07:28| Comment(0) | 外洋レース

2012年03月07日

カウントダウン大学マッチ

 今週末に開催される「選抜大学対抗マッチレース」が迫ってきました。開催地は日産マリーナ東海(愛知県西尾市東幡豆町緑ヶ崎1)、3月10日、11日の2日間おこなわれます。大学マッチに出場するのは次の9チームです。推薦出場の吉田セーリングチーム以外はマッチレース初心者ですが、各大学の地元や関東、関西水域で、独自練習を積んで大会に挑みます。(BHM編集部)

12.03.07_01.jpg
大会はJ/24を使用しておこなわれます。photo by Junichi Hirai

◎選抜大学対抗マッチレース・スキッパー/大学
1. 勝山大輔/金沢大学
2. 小又友和/日本大学
3. 田邊裕之/慶應義塾大学
4. 徳重エリカ/日本経済大学
5. 笠井大樹/関西学院大学 ※スキッパー変更
6. 西村秀樹/同志社大学
7. 横田敏一/早稲田大学
8. 吉田工作/Yoshida Sailing Team(推薦枠)
9. 渡辺 哲/東京大学(推薦枠)

 この大学マッチは、インカレで活躍する大学ヨット部に招待状を送る、というインビテーション方式で出場校が選ばれました。出場する大学は全日本インカレで活躍する上位校であり、出場校以外の全国の大学からも注目を集めています。

 さらに、大会直前のニュースとして…
海からレースを見られる観覧艇が出ます
 出航時間 : 3月10日(土)10:00、3月11日(日)8:30
 乗船人数: 先着5名様まで(事前にお問い合わせください)
 特典: 大会記念Tシャツをプレゼント
 問い合わせ先: collegematchjapan.com@gmail.com

世界学生マッチへ派遣が予定されます
 9月3〜8日にフランス・ニースで開催される「World University Match Racing Championship」に大会出場選手のなかから派遣される予定です。

大学マッチの帆走指示書が発表されました
 選手はもちろんのこと、大会をおもしろく見るために、帆走指示書、ペアリングリスト(対戦表)をチェックしておきましょう。第1フライトは3月10日12時40分の予定です。

12.03.01_02.jpg
大学マッチ・ペアリングリスト。帆走指示書はこちら(PDF)

 また、この大会ではこれまでにないあたらしい試みとして、キールボートチームの応援があります。応援キールボートチームは次の通り。いずれも、国内外で活躍する日本を代表するキールボートチームです。大学を卒業してもヨットレースを続けたい、と考える方は各チームへ問い合わせを。

◎選抜大学対抗マッチレース応援チーム(カッコ内オーナー名)
カラス(斜森保雄)
月光(中澤信夫)
シエスタ(川口正敏)
ブロス(亀井直文)
ケットフィーク(木村大介)
エブタイド(外山昌一)
パピヨン(伏見 徹)
インデペンデンス(平松 隆)
祖国丸(霜山純夫)
ラッキーレディ(稲葉健太・高広)
エスメラルダ(植松 眞)

◎大学マッチ関連ニュース
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 10:46| Comment(0) | マッチレース

2012年03月05日

KYCスプリング・ドラゴン

 関西ヨットクラブ(KYC)春恒例のレースイベント「KYCスプリングレガッタ2012」がはじまりました。まずは、3月3、4日にドラゴンクラス(6艇エントリー、全6レース)が行われました。(文・写真/関西ヨットクラブ事務局)

12.03.05_09.jpg
西宮の春シーズンはドラゴンで開幕。KYCスプリングレガッタがはじまりました

 3レースおこなわれた初日は、昨年度ドラゴン級全日本選手権優勝の〈MIDNIGHT FLOWER〉がトップに。2位以降は混戦となりました。最終日(3レース)は小雨の降る寒い中で行われ、初日トップの〈MIDNIGHT FLOWER〉が、最終日も1位2回と圧倒的な強さで優勝を果たしました。2位には序盤こそ振るわなかったものの後半は調子を戻した〈WIND WAR〉が逆転で入り、初日2位の〈MARGARITAV〉が最終レースで逆転を許し、3位となりました。

 KYCスプリングレガッタは3月10、11日のホワイトセールクラス、3月17、18日にIRCクラス、3月25日のオープンレースと続きます。

12.03.05_10.jpg
KYCスプリングレガッタ・ドラゴン級成績

◎関西ヨットクラブ
http://www.kyc.or.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:50| Comment(0) | キールボート