2008年02月05日

おそるべし、NZの17歳

RZ3H9730.jpg
メダルレース進出はならなかったものの、トップセーラーの素質十分。ニュージーランドの17歳ペア。photo by Junichi Hirai

 先週のBULKHEAD magazineでも記事にしましたが、先におこなわれた470級世界選手権では、ニュージーランドのユースセーラーがゴロゴロ出場していました。

 といっても、470級の経験の浅いニュージーランド勢の走りはいまひとつで、身体も小さいせいか動作がチグハグなチームも見られました。しかし、同国のトップ選手は、経験なんて関係なく、世界の強豪と対等に戦っていました。

 ニュージーランドの北京五輪470級代表に、カール・エバンス/ピーター・ バーリングが有力視されています。

 若干17歳(!)の彼らは、2006、2007年の420級世界チャンピオンであり、470級に乗りはじめてわずか12カ月というからおどろきです。

 彼らは、昨年の470級ヨーロッパ選手権(ギリシア)で6位、8月の北京五輪テストイベント(中国・青島)で9位、先週まで開催された08年世界選手権では、総合11位の成績を残しています。

 おそるべし、ニュージーランド。彼らの名前は、記憶しておいた方がよさそうですね。

◎ISAF News
EVANS And BURLING Nominated To NZOC

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:55| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]