2008年02月09日

低気圧通過、LW3日目

 オーストラリア・テリガルで開催中のレーザー級世界選手権。初日はノーレース、2日目は2レース、本日は天候の回復を待って1レースがおこなわれました。

◎Laser Worlds 3日目暫定成績 参加157艇
1 ARG Alsogaray Julio 7.0p 1-1-5
2 AUS Slingsby Tom 9.0p 3-5-1
3 USA Funk Brad 10.0p 5-2-3
34 JPN Okinishi Yoshihiro 52.0p 23-6-23
54 JPN Iijima Yoichi 67.0p bfd-2-11
63 JPN Nagai Hisaki 73.0p 28-9-36
125 JPN Onodera Shoichiro 111.0p 38-24-49
147 JPN Yasuda Shinnosuke 137.0p 47-49-41
149 JPN Hall Ian 138.0p 51-44-43
152 JPN Saito Daisuke 143.0 p52-42-49

 レーザー級では昨年の世界選手権により、29カ国が五輪出場権を獲得。それに、開催国枠の中国を入れて30カ国が決まっています。

北京五輪出場権獲得済国
AUS,NZL,EST,CRO,GBR,SWE,CHI,FRA,POR
GER,URU,ESP,BRA,SLO,DEN,FIN,ITA,USA,CAN
NED,GRE,ARG,AUT,POL,SEY,TUR,CZE,NOR,CYP,CHN

 レーザー級の参加国数は40カ国なので、日本が上記の国をのぞいて10番以内に入れば出場国枠を獲得できます。

 沖西、飯島、永井のナショナルチーム3選手は、まずはゴールドフリートへ進出するのが目標です。ゴールドフリートへ進むには、予選が終わった段階で54位以内に入らなければなりません。

 3レースを終えた時点で、SPNセーリングチームのキャプテンをつとめる沖西祥宏が34位につけ、国枠獲得圏内トップにいます。

 まだ予選序盤の段階ですが、流れは悪くありません。予選は2月10日までおこなわれます。

◎2008 LASER STANDARD WORLD CHAMPIONSHIP RESULT
http://aus08.laserinternational.org/results.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 20:42| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]