2008年02月10日

日本、ゴールド進出ならず

 レーザー級世界選手権4日目。予選最終日となった本日は、レースの未消化により開始時間を早めておこなわれました。

 開催地のオーストラリア・テリガル沖は25ノットの強風が吹き、オーストラリア代表に決まっているTom Slingsbyが総合トップを快走。注目の日本勢は、いまひとつ波に乗りきれていないようです。

◎Laser Worlds 4日目暫定成績 参加157艇
1 AUS Slingsby Tom 11.0p 3-(5)-1-1-4-2
2 ARG Alsogaray Julio 15.0p 1-1-5-(8)-7-1
3 NZL Weaver David 17.0p 7-(26)-1-4-1-4
61 JPN Iijima Yoichi 97.0p (bfd)-2-11-22-38-24
63 JPN Nagai Hisaki 99.0p 28-9-36-20-(bfd)-6
66 JPN Okinishi Yoshihiro 103.0p 23-6-23-(41)-33-18
135 JPN Hall Ian 196.0p (51)-44-43-42-25-42
140 JPN Onodera Shoichiro 206.0p 38-24-(49)-49-48-47
143 JPN Yasuda Shinnosuke 210.0p 47-(49)-41-44-43-35
149 JPN Saito Daisuke 229.0p (52)-42-48-51-45-43

 日本チームはゴールドフリートに進出できませんでしたが、五輪出場権利(国枠)獲得についてはKORに続いて2番手につけています。シルバーフリートでは下位のVEN、SUI、MAS、DOM、HUN、RUSなどがライバルといったところでしょうか。

 日本が国枠を獲得できた場合、日本で最高順位の選手が代表候補に選ばれます。

◎2008 LASER STANDARD WORLD CHAMPIONSHIP RESULT
http://aus08.laserinternational.org/results.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:04| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]