2008年02月11日

レーザー日本、国枠圏内

 本日から決勝フリートがはじまったレーザー級世界選手権。日本チームは、シルバーフリートに3艇、ブロンズフリートに4艇が出場しています。

 総合逆転トップに立ったのは、急激に力をつけてきたアルゼンチンのAlsogaray Julioです。昨年の世界選手権の39位、一昨年の18位からすると大きくジャンプアップしています。彼のように急に世界のトップを走るような選手は、どんなきっかけがあって伸びたんでしょうか。気になります。

 シルバーフリートで国枠を掛けて戦っている日本は、依然として獲得2番手をキープしています。

 そして、気になる代表選手争いですが、飯島135p、永井147p、沖西156pと非常に近いポイント差で戦っています。

 これは熱い。ますます目が離せなくなってきました。

◎Laser Worlds 5日目暫定成績 参加157艇
Gold
1 ARG Alsogaray Julio 23.0p 1-1-5-(8)-7-1-4-4
2 AUS Slingsby Tom 30.0p 3-5-1-1-4-2-14-(18)
3 ESP Hernandez Javier 42.0p 6-1-(19)-7-2-2-5-19

Silver
8 JPN Iijima Yoichi 135.0p (bfd)-2-11-22-38-24-29-9
12 JPN Nagai Hisaki 147.0p 28-9-36-20-(bfd)-6-14-34
17 JPN Okinishi Yoshihiro 156.0p 23-6-23-(41)-33-18-33-20

Bronze
26 JPN Hall Ian 238.0p (51)-44-43-42-25-42-24-18
33 JPN Yasuda Shinnosuke 256.0p 47-(49)-41-44-43-35-25-21
37 JPN Onodera Shoichiro 285.0p 38-24-(49)-49-48-47-43-36
42 JPN Saito Daisuke 306.0p (52)-42-48-51-45-43-45-32

◎2008 LASER STANDARD WORLD CHAMPIONSHIP RESULT
http://aus08.laserinternational.org/results.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:39| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]