2006年10月23日

近/鎌、男子を抑え完勝!

IMG_2173.jpg
微軽風シリーズとなったオリンピックウィーク。近藤/鎌田は最終日もトップフィニッシュで完全勝利

 22日まで江の島で開催されたオリンピックウィーク。最終日は、初日、2日目のような微軽風戦となりました。特に470級の最終レースは、大きな振れ幅のある弱いブローがあり、第1マークにスピンを上げて回航するような変則的な場面もみられました。

 470級総合優勝は、最終日も快調に走った近藤 愛/鎌田奈緒子(アビームコンサルティング)。オリンピックウィークの女子優勝は、はじめての快挙かもしれません。

 全日本やオリンピックウィークのようなビッグレガッタでは、総合順位と女子順位を分けて表彰されています。しかし、男子を超える成績を出すようになった今では、特別に女子順位を設ける意味が薄れたといえるでしょう。

 今回の近藤/鎌田は、無敵でした。彼女たちは、スタート後数分が経つと、フレッシュなポジションを走っているし、ボートスピードがあるからレースの主導権を完全に掌握していました。

 最後の最後まで、近藤/鎌田を首位から引きずり降ろそうと企んでいた、総合2位(男子1位)の松永鉄也は「(近藤/鎌田は)スーパーマリオでスターを獲った時のような無敵状態だった」とこぼしていました。そりゃ、勝てんわ。

KK.jpg
趣味は、テレビドラマ(近藤。写真右)とインターネット(鎌田)。意外とインドア派のコンビ

 さて、次の470級の天王山は、全日本選手権(江の島。11月22〜26日)なのですが、世界選手権(中国。9月)で国内最高順位となった近藤/鎌田と山田寛/中村健一は、アジア競技大会(ドーハ。12月1〜15日開催)出場のため、参加しません。ちょっと残念ですね。

 また、RS:X級は、来春関東学院大を卒業する富澤 慎、49er級は轟 賢二郎/高橋賢次が圧勝しました。くわしい成績は下記を参照ください。

◎JSAFオリンピックウィークレポート
http://www.jsaf.or.jp/sailing/2006/olympic-week/index.html

photos by Junichi Hirai


posted by BULKHEAD at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1505449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック