2008年06月13日

シエスタ、韓国で大金星!

17095_CC.jpg
2007年アメリカズカップでは、Victory challengeのスキッパーをつとめたMagnus Holmberg(SWE)とシエスタチームとの一戦。Magnus Holmbergは、五輪にも3度出場しています。photo by Christopher Cameron

 韓国で開催されているコリア・マッチカップ。アジア代表のシエスタチームは昨日7チームと対戦し3勝4敗の成績。なんと、世界ランキングナンバーワンのイアン・ウィリアムスに勝ちました。えええええーーーーっ! これは、あっぱれな大事件です。

 バルクヘッドマガジンは、ウェブサイトの成績表をチェックしていましたが、失礼ながら「成績表は書き間違いだろう」と思ったほどです。

 さっそくシエスタチームの坂本ヘルムスマンより、興奮さめやらぬ当日のレポートが届きました。初体験のプレスカンファレンスでは、当然、イアン・ウィリアムスとの一戦を聞かれたそうです。

---------------------------------------------------
コリア・マッチカップ ラウンドロビン初日
レポート/シエスタ


 6月12日、7チームと対戦しました。結果は、3勝4敗。勝ち星を上げることが出来たのは、Ian Williams(GBR)、Tovar Mirsky(AUS)、Lim Seung Chul(KOR)です。

 朝一番目におこなわれた、Paolo Cianとのマッチでは、軽風で上手く走らせることができませんでした。一方、彼らはすばらしいスピードコントロールを見せてくれました。結果は負けましたが、問題点を修正し、次のレースに臨みました。

 続いてIan Williamsとのマッチでは、プレスタートでプッシュされながらも、スタート1分前に相手の前に出ることができ、そのまま抑え込んだ形でスタートとなりました。1下マークでは真後ろまで追い上げられましたが、自分たちのコース、スピードで差を広げ、フィニッシュしました。

 Tovar Mirskyとのマッチでも、プレスタートで苦しめられます。固められかけたのですが、スタート1分前に上手く抜け出すことができ、良い形でスタートします。

 1上マークでミートになり競り負けてしまいました。われわれは相手の後ろにつけたまま回航。相手のジャイブに合わせ、われわれもジャイブ。ラフィングを仕掛けてきましたが、お互いY旗を揚げ、相手チームがペナルティー。その隙に、われわれは上手く加速させ逆転。その後は、差を守り抜き2勝目となりました。

 Magnus Holmbergとのマッチでもプレスタートで苦しめられます。スタート30秒前の判断を間違えてしまい、スタートで差をつけられてしまいます。その後は追いつくこともむずかしく、2敗目。
 
 予定ではここでPeter Gilmourと戦う予定でしたが、他艇のボートトラブルがあり、このマッチは最終フライトに繰り下げになりました。

DSC01034.jpg
シエスタチームのメンバーは、坂本、岡本、加原、西畑、和田。全員、日本男児というイメージの骨太セーラーです。photo by TackDucks

 休憩後のAdam Minoprioとのマッチでは午前中のコンディションとは異なり、6mぐらいの風の中行いました。他のチームと乗り換えた後のマッチだったのですが、急にこのコンディションでスタートするのはむずしかったです。

 このあたりがマッチレースのむずかしい部分でもあると思うのですが、相手はわれわれの前に数チームと戦っています。この風にもなれていました。

 プレスタートで苦しむも何とかイーブンでスタートします。最初のミートで相手チームがわれわれの後ろを通るものの、次のミートで判断を間違えてしまい、大きくロスをしてしまいました。その差を縮めていきたかったのですが、彼らのハンドリングは素晴らしく、逆に差を広げられてしまいました。

 Lim Seung Chulとの一戦では、われわれのマッチレースとキールボートの経験を生かし、勝ちました。Jesper Radichとのレースではスタートで不利なサイドに追いやられす。その後、相手との差を縮めることができたのですが、負けてしまいました。

 全体を通して、プレスタートではかなり苦しめられています。さすがG1のマッチレースです。ハッキリ言ってプロのマッチレーサーはとてもしつこいです。攻撃の手が緩められることはありません。

 プレスタートの奥深さを思い知らされた一日でした。ここまでスタートで追い込まれる理由を自分で考えたのですが、
1、今大会の船に慣れていない。
2、36フィートのサイズでマッチレースをしたことがない。
3、時間と距離の感覚があっていない。

 すべては船の性質をつかむことに共通するのですが…。明日はこのあたりを修正して思い切って攻めてスタートをしたいと思います。

14日の対戦相手
Mathieu Richard(FRA)
Sebastien Col(FRA)
Bjorn Hansen(SWE)
Peter Gilmour(AUS)

 毎回強敵ですが、なんとか踏ん張ってStage2 Quarter Final に進みたいところです。

result_13.jpg
ラウンドロビンの成績

◎Korea Match cup 2008
http://www.koreamatchcup.com/
◎World match racing tour
http://www.worldmatchracingtour.com

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:55| Comment(2) | キールボート
この記事へのコメント
うわー、すごい。立派。
昨年度の最終戦、モンスーンカップ見に行きましたが、あの顔ぶれの中でこの成績は見事です。
相撲で白鵬見て、うちのカミさんが、
「シエスタに似てる人いるわよね」
と、言ってました。
Posted by たかつき at 2008年06月13日 07:35
うちの娘が、シエスタ風の顔つきになってきていて、複雑な毎日です。
Posted by HIRAI at 2008年06月14日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]