2008年06月15日

470ヨーロピアン最終日

 470級ヨーロッパ選手権最終日。午後からおこなわれたメダルレースは、強風の極寒コンディションとなりました。前日までトップを走っていたオーストラリア女子は、スタートラインで沈をしてしまい、ブラックフラッグによる失格で3位まで順位を落としてしまいました。

 女子優勝は、メダルレースで3位フィニッシュをはたしたオーストラリアのSylvia Vogl/Carolina Flatscherです。日本の近藤愛/鎌田奈緒子は、メダルレースを6位で終え、総合成績も一昨日とかわらず6位となりました。

 また、男子は、オーストラリアのWilmot Nathan/Malcom Page が久々の優勝をはたしました。日本勢は、石川/柳川が22位、原田/吉田が31位、松永/上野が32位。松永/上野は、五輪用のボートを青島に送ってしまっているため、今回のヨーロピアンは調整レースとなりますが、オリンピックへ向けて課題の残る結果となりました。

 ところで…。チームアビームの小松コーチのレポートは、レースの詳細や、五輪へ向けた対策などが丁寧に記されていてとても勉強になります。最終日のレポートはまだ掲載されていませんが、学生や若いセーラーの方は、読んで損はナシ。レースに対する考え方なども勉強になります。必見。

◎2008 OPEN 470 EUROPEAN CHAMPIONSHIP
1.AUT Vogl Sylvia/Flatscher Carolina 85p
2.SUI Rol Emanuelle/Thilo Anne-Sophie 95p
3.AUS Rechichi Elise/Parkinson Tessa 96p
4.SLO Dekleva Paoili/Vesna Maucec Klara 103p
5.USA Clark Amanda/Mergenthaler Sarah 108p
6.JPN Kondo Ai/Kamata Naoko 111p
7.FRA Petitjean Ingrid/Lemaitre Gwendolyn 112p
8.CZE Smidova Lenka/Mrzilkova Lenka 136p
9.DEN Henriette Koch/Sommer Lene 138p

1.AUS Wilmot Nathan/Malcom Page 70p
2.GBR Asher Nic/Willis Elliot 74p
3.NED Coster Sven/Koster Kalle 77p
22.JPN Yuya Ishikawa/Yanagawa Shouichi 176p
31.JPN Harada Ryunosuke/Yuugo Yoshida 233p
32.JPN Matsunaga Tetsuya/Ueno Taro 96p

16999824.jpg
総合6位で終えた近藤/鎌田。写真は6/13のもの。photo by Promovideo produzioni televisive - info@promovideo

17003544.jpg
8月の五輪本番までにどこまであげられるのか? 日本代表の松永/上野。photo by Promovideo produzioni televisive - info@promovideo

2008 OPEN 470 EUROPEAN CHAMPIONSHIP
◎JSAF オリ特レポート
http://www.jsaf.or.jp/sailing/2008/470-europe/index.html
◎チームアビーム(ブログ)
http://www.teamabeam.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:56| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]