2008年06月18日

関西ミドルはIRC採用へ

DSC_0067_1.jpg
サントピアで開催された関西ミドル。弱い風と潮、そして深い水深は運営を悩ませました。photo by Taketoshi Yamazaki

 5月31、6月1日の2日間、兵庫県淡路島のサントピアマリーナで、関西ミドルボート選手権が開催されました。2年連続のサントピアマリーナ開催となる関西ミドルには、大阪湾で活動するミドルボートレーサーを中心に、四国や九州からも参加を集め、全17艇(ORC-C)でおこなわれました。

 2日間とも風が弱く、初日はノーレース。2日目は、微風と2ノット弱の向かい潮に選手たちは悩まされたようです。結局、シリーズは1レースをもって成立し、トップフィニッシュの〈DESSE OSAKA〉(YAMAHA33S)が総合優勝、ORC-C Aクラス優勝。ORC-C Bクラスは、着順6位の〈IZUMO〉(YAMAHA30S)が優勝を飾りました。

 また、大会期間中に開催された関西ミドルボートクラブの会議で、来年よりIRC(ノーマル)レーティングを採用することが決定。このIRC採用により、あたらしい参加艇が増え、より盛りあがることが予想されます。

 この発表は、ヨットレースの参加者にとって、とても大切なことです。「次回は、いつどこで、どんなルールでおこなうのか。大きな変更はあるのか、ないのか」。これを発表するだけで、参加チームの負担がどれほど減るでしょう(選手のみなさんならわかりますよね?)。

 今回、関西ミドルボートクラブが、とくべつ優れたことを発表したわけではありません。当たり前のコトをしただけです。ただし、クルーザーレースが迷走している日本の現状を考えると、当たり前のコトを当たり前におこなうのが重要だと感じるのです。

kansaimb_result.jpg
2008関西ミドルボート選手権 in サントピア 成績

◎関西ミドルボートクラブ
http://www.geocities.jp/middleboat_kansai/

DSC_0087_1.jpg
総合、ORC-C Aクラス優勝の〈DESSE OSAKA〉。photo by Taketoshi Yamazaki

DSC_0111.jpg
ORC-C Bクラス優勝の〈IZUMO〉。photo by Taketoshi Yamazaki

DSC_0234.jpg
吹かない風に業を煮やしてサメ浮上。photo by Taketoshi Yamazaki

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:33| Comment(2) | キールボート
この記事へのコメント
「さめ浮上」の写真。最高です。
撮影時山崎さんと一緒の船におり、山崎さんの携帯電話で話をしましたジャッジの「山岡」です。
NZLの友人から「OPで初のクック海峡横断」のメイルが着ました。
一度見ていただけたらと思いますが、貴殿のemailが分かりません。
ご教授ください。
Posted by 山岡 閃 at 2008年06月24日 19:22
山岡さん、こんにちわ。メールはeditor@sailmagazine.jpです。というか、メールはこちらに届いていますのでお分かりですね(^^)。それにしても、「OPで初のクック海峡横断」。なかなか大胆ですねぇ。
Posted by HIRAI at 2008年06月24日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]