2008年07月15日

RC44第4戦。伊ガルダ湖

rc44lg_0422_big.jpg
photo by Gilles Martin-Raget

 ラッセル・クーツがプロデュースしたフルカーボン、バルブキール、トリムタブを備えたミニACボート(ACCV5)といえば、ラッセル・クーツ44(RC44)。昨年から本格的にはじまったこのワンデザインクラスは、年間6戦が用意され、マッチレース(ラウンドロビン)とフリートレースで構成されています。

 7月9〜13日までイタリア・ガルダ湖でシリーズ第4戦「RC44 MALCESINE SLAM CUP」が開催されました。この第4戦には9チームが出場。日本からはTeam Beecomが参戦しました。

◎RC44 MALCESINE SLAM CUP Fleet race
1) Hiroshi - Citta di Milano, Armando Giulietti - 6, 1, 2, 2 - 11 points
2) Banco Espirito Santo, Patrick de Barros - 3, 2, 6, 1 - 12 points
3) Ceeref, Igor Lah - 4, 5, 1, 3 - 13 points
4) Sea Dubai, Joki Hellmich - 1, 3, 5, 4 - 13 points
5) Beecom, Isao Mita - 5, 4, 8, 5 - 22 points
6) BMW ORACLE Racing, Larry Ellison, 2, 7, 9, 6 - 24 points
7) Organika, Maciej Navrocki - 8, 8, 3, 7 - 26 points
8) Aqua, Chris Bake - 7, 6, 4, DNF - 27 points
9) Carbon Affairs, Nicolas Verwilghen - 9, 9, 7, DNF - 35 point

◎RC44 MALCESINE SLAM CUP Match race
1) BMW ORACLE Racing 6points
2) Ceere 6points
3) Hiroshi - Citta di Milano 5points
4) Banco Espirito Santo 5points
5) Sea Dubai 4points
6) Aqua 4points
7) Organika 7points
8) Beecom 2points
8) Magia - Carbon Affairs 0point

 最終日は風がなくレースがおこなえず。フリートレース優勝のTeam Hiroshi - Citta di Milano(Armando Giulietti)は、年間シリーズトップを走っています。

◎RC44 Class Association
http://www.rc44.com/en/index.php

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:39| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]