2008年07月27日

がんがん走った、パールR

PICT00061.jpg
パールレースのスタートシーン。photo by Yu Taguchi 。ん? いつのまに写真撮ってたの?

 パールレースから戻りました。今年のパールは早い展開で、トップの〈夢ひょうたん〉(NM68)が、22時間30分でフィニッシュ。着順2位の〈エスメラルダ〉は23時間19分。参加艇の多くは24時間前後でフィニッシュする、スピードレースとなりました。

 スタート地を五カ所湾に移して5回目。“鳥羽”の愛称が消えて久しいパールレースですが、大人の夏休みは相変わらず健在です。今年のパールは、IRCクラス23艇(うち石廊崎コース3艇)、ORC Cクラス10艇、ダブルハンドクラス3艇の合計36艇が出場しました。

 艇団は、南の風を受けてスピンで快走しました。夜には30ノット近くまであがるグッドコンディションに恵まれ、星明かりのまぶしい遠州灘を爆走。そして、翌朝に利島を回航し、伊豆大島から相模湾へ。

 さてさて今年のパールレース。みなさんは、どんな展開だったのでしょう? パールレースの場合、よくステージ別に分けて話されます。風が安定して吹いた今年は、(1)スタートから神ノ島(2)神ノ島から利島(3)利島アプローチ(5)大島アプローチ(5)相模湾。こんな感じでしょうか。

 〈エスメラルダ〉は利島を5番手で回航し、大島へ寄せていた大型艇をココで抜くことに成功しました。しかし、相模湾に入って北と南で喧嘩する風に捕まり×××。このあたりで後続艇に追いつかれてしまったのかな、と想像します。

 圧巻だったのは、〈Miwa〉(Sydney 36)、〈OREOS〉(X35)、〈Gaia〉(Sydney 36)のフィニッシュ間際の江の島沖ジャイブ合戦です。〈OREOS〉と〈Gaia〉は24時間走って2秒差ですから、これほどシビレる展開はないでしょう。また、〈Miwa〉と〈Gaia〉は、同型艇ですが微妙なレーティング差があり、成績は〈Miwa〉がIRCクラス総合優勝となりました。

 今年も航跡図提出の代わりにGPSデータを集めたので、後日、各チームの航跡データが公開されると思います。「どこでもヨットレース」をみながらの解析をたのしみにしています。

 今回のパールは、船の回航から快適モードで最高の一週間でした。熱帯低気圧の影響なのかもしれませんが、風も安定していました。

 イルカの群れと併走し、目の前でシイラやエイがジャンプ、満点の星空と月あかりに照らされる静かな夜の海…。やっぱりオフショアレースは、魅力たっぷりだと再確認しました。これで勝てたらサイコーなんだけど…。それがトッテモむずかしい。

◎第49回パールレース成績
IRC A
1 Miwa Sydney 36 CR MOD
2 Gaia Sydney 36 CR
3 OREOS X35 MOD
4 CRAZY NANA FARR34
5 NOFUZO X-41 OD
6 Maupiti Cookson 12m
7 APPLE V FIRST300 SPIRIT
8 DAIICHI HANAMARU HAYASHI 34+1
9 DANCING BEANS 3 SEAM 31
10 ESMERALDA SWAN NYC 42
11 Esprit Swan NYC 42
12 SAIKI VITE 31 BK
13 CRESCENT II SEAM 33
14 Shallon V Vite 31 FK
15 JOKER II SEAM 33
16 Trekkee Dubois One Ton
17 Julian First 36.7
18 Monday NIGHT MUMM 36
19 LEGLUS OHASHI 52
20 (DNF) BARONESS FIRST45f5

IRC B
1 Laetitia Deux First 40.7 Mod
2 Seed V Tripp 36
3 Mistral 4 YAMAHA 31 S

ORC C
1 G4 FIRST 40.7 (DK)
2 LIBERTY VI X 412
3 GREAT PEOPLE FARR IMS 31
4 ODIN YAMAHA 33S
5 YUMEHYOTAN N/M 68 ※ラインオナー
6 ARIADNE SEAM 33
7 GARYU 5 YAMAHA 33S
8 COCORIN ELLIOTT 16m
9 HELIOS
10 (DNF) MORNING STAR SWING 31

W Handed
1 Thetis III U 38
2 Salaku J-37 (WK)
3 Kagetora Dufour 325

◎パールレース(JSAF外洋東海)
http://www.tosc.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 13:10| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]