2008年07月28日

OP若林選手、女子優勝!

 7月14〜25日までトルコのイズミールで開催されたOP級世界選手権が開催され、日本代表の若林友世(江の島ヨットクラブジュニア)が女子優勝(総合5位)を飾りました。

 日本からは、国内選考された男子4名、女子1名が出場。若林選手は、最終日前日まで総合3位につけていましたが、最終日に順位を落とす悔しい展開となりました。しかし、女子優勝、世界選手権5位の結果はあっぱれ。おめでとうございます!

 上位の選手と日本チームは、これからもライバルとして戦う機会があるでしょう。いずれ、このなかから各国の五輪代表選手もあらわれるはずです。ちなみにアジア勢は、10、11位にシンガポール(11位のRachel Leeは女子総合2位)、15位に中国、24位にタイ…という結果。日本も負けてはいられません。

◎IODA WORLD SAILING CHAMPIONSHIP 2008 参加250艇
1 PUR Raul Rios
2 ISV Ian Barrows
3 DEN Kristien Kirketerp
4 FRA Mathias Derren]
5 JPN Tomoyo Wakabayashi
40 JPN Keiju Okada
43 JPN Takeru Wakizaka
90 JPN Takumi Saitama
110 JPN Kyo Ibane

◎IODA WORLD SAILING CHAMPIONSHIP 2008
http://www.optiworld2008.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:35| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]