2008年10月18日

スナイプ女子Wレポート(2)

snipe_w06.jpg
日本チーム、浴衣でディナー

◎日本チームの浴衣が大好評
9月26日
 朝から無風で陸上待機。12時過ぎにそよそよと風が入ってきて、5ノット位は風があるように感じました。日本のレースだったら普通に開催されていると思いますが、結局15時前まで待ってノーレースと決定されました。その数時間に他国の選手とサインの交換をし合いました。参加者に配られる大会ポスターに寄せ書きのようにサインを書いて回るのです。これは良い記念になりそうです。

9月27日
 予備日を利用してレースを行いました。朝から強風。多くの選手が出艇するか迷っている様子でした。レース委員会の人たちが慌しく海を見ては事務所を出入りし、選手たちも事務所の前で落ち着かずに様子をみていましたが、結局何の旗も揚がらず、定刻通りにレースが行われました。4割位の選手がリタイアしました。波は初日の3レース目と同じ位大きく、風は24ノット位でした。

第4レース
 風にあおられ、たまにパンチの強いブローがあたるので、川島の細かいジブトリムでクローズホールドを走りました。ダウンウィンドでは少し恐怖感さえありましたが、初日に派手に沈を経験していたこともあって、落ち着いてコンパスを見ながら丁寧にレースをするよう心がけました。

 リーチングではランチャーをあきらめ、ジブでプレーニングをして5艇位を抜くことに成功しますが、次のクローズホールドで結局数艇に追い返され13位でフィニッシュ。強風レースがこれで3レース続いていたので、だんだん自艇と並ぶ選手も同じメンバーになってきていました。

snipe_w05.jpg
総合2位USA(北京五輪レーザーラジアル級金メダリスト)vs 総合2位ブラジル

第5レース
 レース開始前にスターボ側のチェーンプレートが、はずれていることに気づき、慌てて予備ピンで対応しました。前のレースに引き続き下有利スタートです。一度ゼネリコで2度目のスタート。スタート15〜20秒前に他艇と同じようにライン手前でジワジワと近づいていると、USAチームが上からライン上を一気に流してきました。それを避けるように上の方の船がベアしだし、自艇も接触回避のためやむを得ずベア。5,6艇の艇がぶつかってスタート時に停止していました。

 USAチームはそのまま滑り出しましたが、数艇が抗議!と叫んでいるようでした。自艇はとにかく早く体勢を整えたくて、そのまま遅れてスタートしますが取り戻せず15位でフィニッシュ。最後の上レグ中にジブタックが切れてしまい、苦しい走りとなってしまいました。

第6レース
 心身ともに自艇は少し疲れていました。ジブタックが船体の中を通っているシステムだったので元通りに修復することはできず、とにかく引けるだけ引いて固定して結びました。

 それでも高波の中での作業で十分に引ききれていないようでした。スタートでスペインチームとのケースに巻き込まれ、またも遅れをとってしまいました。ホープレスポジションでそのままガマンが続きましたが、奥のブローを掴むまで滑りとハイクアウトに集中しました。

snipe_w04.jpg
写真奥、虎岩/川島チーム

 強風での3レース目にも関わらずトップ集団のUSAチームやブラジルチームはまるで男子コンビのようなフォームでのびのびと走っていて実力差を痛感しました。14位でフィニッシュ。

 夜のディナーパーティーでは、日本チーム全員で浴衣を着て参加しました。これがとても大好評で、ミッキーマウスになったかのように沢山の人が列を作って写真を一緒に撮りたいと言ってくれました。

 日本の美しい文化を見てもらうことができてとても良かったです。連日のパーティーはいつも12時前まで行われ少しずつ疲れが出ていましたが、他国の仲間たちが本当に元気で、勇気づけられました。(レポート/虎岩杏奈)

※ワールドレポート(3)へ続きます。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 00:00| Comment(1) | ディンギー
この記事へのコメント
>夜のディナーパーティーでは、日本チーム全員で浴衣を着て参加しました。これがとても大好評で、ミッキーマウスになったかのように沢山の人が列を作って写真を一緒に撮りたいと言ってくれました。
>日本の美しい文化を見てもらうことができてとても良かったです。連日のパーティーはいつも12時前まで行われ少しずつ疲れが出ていましたが、他国の仲間たちが本当に元気で、勇気づけられました。

レースだけでなく、国際親善、文化交流まで頑張っていただき、素晴らしいことだと感銘しています。
日本とは時間感覚が違い(夜も昼もタフ)、さぞかしお疲れになったと思いますが、日本チームを強く印象づけていただいたことでしょう。

OP代表団も海外遠征ではやってくれているようですが、いつも女性軍ばかり、内弁慶?の男性陣も頑張らなければ・・・・・
Posted by sen at 2008年10月20日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。