2008年10月25日

全日本インカレ展望・前編

 10月30日より西宮で開催される全日本学生ヨット選手権。これまでインカレを独自の視点から取材、記録されている外道無量院さんから「全日本インカレ展望」が届きました。実に濃い内容です。今年のインカレはどんなドラマがあるのでしょうか。

---------------------------------------------------
全日本インカレ 470級

 クラス特化し、今年と昨年の全日本個戦王者の宮川、冨岡、そして一昨年のインターハイ王者で大学入学以降の2年間も毎年個戦の優勝争いを演じている飯束、そして、その3艇に遜色ない力を持つ岡という4艇を有する福岡経済が最有力である。2003年の今回と同じ西宮開催で、初出場初優勝を果たして以来、過去5回の出場中3回の優勝を果たしている。

 宮川、飯束の2艇に冨岡か岡のどちらかを起用する、という事になりそうだが、もし、冨岡が控えに回るような事になると昨年の全日本個戦王者が「スーパーサブ」。かつて個戦のタイトルを持ちながら控えにまわったという事があるのだろうか? そのくらい、今年の福岡経済の戦力は充実している。

 しかし、反面、優勝できなかった3年前の江の島開催と昨年の琵琶湖開催の時のように、一度崩れると意外と脆い面も見せるのは、「歴史の浅さ」から来るものか? どちらにせよ、今年の戦力を見せ付けられると本命視するのが当然だろう。

 対抗は、この福岡経済を地元・西宮で待ち受ける昨年の王者、関西学院。昨年の優勝には驚かされた方も多かったと思う。頼りになるのは、エース艇の一昨年の全日本個戦王者・市野の1艇だけという状態であったが、状況によってのクルーの乗り代わりは当たり前で、一時的にはスナイプからスキッパーを乗せ代えるという「奇策」まで講じ、第1レースをオールシングルで揃えてトップに立つと、終わってみれば、一度も首位を譲ることなくクラス優勝を果した。

 今年は、スナイプから回った小栗が470で開花し、関西個戦優勝、全日本個戦5位と実績を上げているし、昨年の優勝メンバーから酒井をスナイプに回すものの、その穴を埋めるのは昨年のインターハイと国体の二冠王ルーキー・笠井。

 水域での各大会や全日本個戦での結果から、戦力的には優勝した昨年より優る事はあっても劣る事はない。加えて、勝手知ったる地元・西宮開催も不利に働く事はないとみる。以上の理由から、福岡経済を破る可能性が一番高いのは関学に間違いないと結論する。

 この強力な本命・対抗をまとめて負かす可能性があるとしたら、ここ2年間、関東で無敵を誇る早稲田だろう。関東インカレでもシフティーな北風系の微・軽風に終始するトリッキーな条件下にもかかわらず、2位以下の混戦を尻目に大差で2連覇を果した。

 しかし、原田、村山、新郷の3艇で、「創部史上最強」(同ヨット部と30年以上の係わりを持つ小松一憲コーチ談)を誇った昨年の戦力と比べると、原田の穴を埋めるのがルーキー・横田である点、昨年は原田と互角の走りをしていたエース艇の村山が、全日本個戦の準優勝までは良かったが関東インカレではさほどの進境が感じられなかった点がやや不安ではある。新郷は昨年に比べて確実性や安定感を増したとはいえ、クラス優勝まで狙うには、チームでまとまり、じっと我慢の戦いをしながら、上位2校の失策を待つしかないだろう。

 以上の3チームが「3強」で、その「3強」にアクシデントが生じた場合にのみ他にチャンスが訪れる、というくらい今年は力の差がありそうである。4〜6位の入賞争いの候補としては、立命館、日大、同志社、法政、明治、中央、そして、地元の近大と関大だろう。

 猛練習で鍛える伝統校の福大もここに絡んでくる可能性はある。その中でも特に、関西インカレで著しい進境を示した近大が、その後も大津、奈良というかつての名セーラーが毎週末熱心にハーバーに訪れて指導している。その成果を発揮できるかが注目である。

 2年ぶり出場の慶應は、関東インカレ後の早慶戦で4年ぶりに勝利するなど、今年は関東での善戦が目立つが、全日本復帰初年の今年は、全日本個戦で見た時の雰囲気からすると、1年後は楽しみだが今年は過大な期待をしては可哀想だ。OB諸兄には、もう1年待って欲しい。(レポート/外道無量院)

◎・・・・・・・・・・福岡経済
○・・・・・・・・・・関西学院
▲・・・・・・・・・・早稲田
△・・・・・・・・・・立命館
△・・・・・・・・・・日大
△・・・・・・・・・・近大
△・・・・・・・・・・法政
△・・・・・・・・・・関西
×・・・・・・・・・・福岡・慶應義塾
注・・・・・・・・・・同志社・中央

全日本インカレ展望(スナイプ)へ続きます。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:36| Comment(2) | ディンギー
この記事へのコメント
すばらしい分析かと思います
しかし、×という評価は如何なものかと・・・
Posted by ta at 2008年10月25日 21:51
競馬とかやらないんで詳しくないですが、×記号の意味は、関西圏だと「確率は低いが圏内に入る可能性のある競走対象」ということらしいですよ。
Posted by HIRAI at 2008年10月26日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。