2008年11月13日

2008年最後の大決戦週間

RZ3H0905.jpg
web SAIL!で西宮インカレ写真を公開しています。photo by Junichi Hirai

 バルクヘッドマガジンが、かねてから苦悩していた11月最終連休が近づいてきました。来週末の22(土)、23(日)、24(祝)を使って全日本選手権が4つ開催されるのです。ここでは、それぞれの見所を紹介します。

■全日本470級ヨット選手権 11.20-24 琵琶湖柳が崎ヨットハーバー
 北京五輪後、初めて開催される470級のビッグイベント。北京に向けて活動していたチームの多くが解散となったため、ロンドン五輪を目指すチームが横一線に並んで活動をスタートしています。北京から継続している有力チームは、石川/柳川(関東自動車工業)、原田/吉田(アビームコンサルティング)。北京活動では、先輩チームと一緒に海外遠征を経験したこともあり、今回はぜひともタイトルを狙いたいところでしょう。また新チームにも注目です。新天地・葉山で活動を開始した長橋/田淵(アルファウェーブ)、房総半島館山で練習を重ねる大井/野呂がどう絡むのか興味あり。また、微軽風の印象もある11月の琵琶湖という土地柄、学生チームが上位に食い込む可能性も考えられます。

■J/24全日本選手権 11.21-24 福岡マリノア(西福岡マリーナ)
 昨年の覇者〈シエスタ〉(坂本ヘルム)を筆頭に、リベンジを狙う〈月光〉(畠山ヘルム。10月関東選手権優勝)、また五輪470級男子代表の〈スリーボンド〉(松永ヘルム)に注目。〈スリーボンド〉は北京五輪後からJ/24に乗り始めたため練習不足感もありますが、ボートが完成されているだけに(ボートはメキシコワールド4位の旧〈セレッソ〉です)、上位に絡むと予想します。ただし、強風シリーズになれば、J/24という船の性格上、ハンドリングとクルーアクションに長けたベテランチームが上昇するかも。また、地元で活動する博多J/24軍団も、ホーム開催とあって優勝を狙っているハズです。エントリーは22艇とのことですが見応えは十分あり。でも、遠征チーム共通の興味は「博多の食を堪能すること」かもしれません。

全日本アジアパシフィックマッチ 11.21-24 葉山
 今年の全日本アジアパシフィックマッチは、なかなかの強者が揃いました。エントリーは次の12チーム。3月くるるマッチ優勝の中村、ドイツのTino、南波マッチ準優勝の本吉、インドのMahesh、MR最終戦で出場権利を獲得した長堀、ランキング繰り上げ出場の戸谷、アーリーサマー伊勢優勝の山田、HMYC代表の村越、ロシア代表のVladimir、オータムマッチ準優勝の浜崎、韓国からKim、Parkチームが出場します。昨年は本吉が悲願の初優勝を飾りました。日本をリードするマッチレーサーに成長した中村は負けられません。また、ひさしぶりにビッグマッチ出場の浜崎栄一郎、日本一のヨット好き山田 寛も満を持して全日本に挑みます。賞金総額は80万円。 ※その後の情報で、浜崎選手が諸事情により出場を辞退したため、繰り上げで三浦博志チームが出場することになったそうです。これまた楽しみ

■レーザーラジアル全日本 11.22-24 蒲郡海陽ヨットハーバー
 まさかここまで選手が集まるとは! 180艇のエントリーで開催されるラジアル全日本(兼レディース全日本兼全日本4.7)は、下半期国内最大のニュースであることに間違いありません。これだけの選手が集まった理由は、ラジアル級が年齢を問わず日本人の体格に向いたリグであることだけでなく、2009年夏に佐賀県唐津で開催される「レーザーラジアル級世界選手権」の出場権利がかかっていることがあげられます。バルクヘッドマガジンはやはり男子、女子、ユースに分けて注目。特に女子の近藤、田畑の470級女子選手と(両選手ともシングルハンド経験はアリ)、ラジアル級で五輪活動していた才木、石川、長谷川、蛭田といった女子対決も見物です。

 さて、カラダがひとつしかないバルクヘッドマガジン編集部は、悩みまくったすえ、470全日本(琵琶湖)、レーザーラジアル全日本(蒲郡)を取材することになりました。J/24とマッチのみなさん、たいへん申し訳ない。

 11月最後の連休は、日本全国で良い風が吹きますように!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:32| Comment(2) | ディンギー
この記事へのコメント
レーザーラジアル全日本(蒲郡)にご来訪との由。
今回初めて?Russia Vladivostokから3人の選手
(Tatiana,17才,Konstantin,16才,Alexsei,15才)+ Andrey Coachが参戦します。機会がありましたら取材していただければ喜ぶと思います。また同じClubの大人達は全日本アジアパシフィックマッチに招待されています。<SEVEN FEET YACHT CLUB>
Posted by sen at 2008年11月20日 13:55
情報ありがとうございます。マッチとラジアルがつながってるとは知りませんでした。ロシアチームは日本大遠征ってわけですね。
Posted by HIRAI at 2008年11月20日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。