2006年12月13日

投票:五輪1種目減

 2012年ロンドン五輪より1種目ハズされることになったオリンピック・セーリング競技。現在の五輪種目は11種目あります。これが2012年より10種目に編成されます。

 2001年に就任した国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長は、68年、72年、76年の五輪セーリング競技に出場した経歴のある元オリンピックセーラーです。

 ロゲ会長の五輪政策のひとつが、夏季五輪の参加選手数を現在の約1万人に抑えること。サマランチ前会長が、より多くの種目を加えることで五輪の繁栄を目指し、五輪の商業化の面で成功を収めました。

 そして、前会長を継いで就任したロゲ会長が打ち立てた公約のひとつが、『五輪の規模適正化』。昨年7月にロンドン五輪の野球、ソフトボール競技がはずれることが、すでに決定しています。その大きな理由は、注目度の低さからくる『メディアへの露出不足』でした。

 IOCの決定は、セーリング競技にも及んでいます。11月ISAF総会で発表された『五輪セーリング競技の1種目減』は、各国のセーリング連盟、関係者、セーラーに大きな波紋を呼ぶことになるでしょう。

 海外のセーリングメディアでは、この1艇種減についてウェブフォーラム等で議論されているようです。「単純に1艇種を削る」という決着になるのか分かりませんが、ISAFのこれまでの方向性から、『テレビメディアを意識した艇種の選択』になることが予想できます。

2008年北京五輪の採用艇種
 男子ウインドサーファー RS:X級
 女子ウインドサーファー RS:X級
 ヘビーウェイト・ディンギー フィン級
 女子1人乗りディンギー レーザーラジアル級
 男子1人乗りディンギー レーザー級
 男子2人乗りディンギー 470級
 女子2人乗りディンギー 470級
 スキフ 49er級
 マルチハル トーネード級
 女子キールボート イングリング級
 男子キールボート スター級
 ※各クラスの呼称を、ISAFの最新クラス表記変更に合わせて書き直しました(12月15日)

 このなかで日本選手が五輪を目標に活動しているクラスは、男女470、男女RS:X、レーザー、レーザーラジアル、49er、イングリング、スターの9種目です。

 また、ISAFによる新種目計画も見逃せません。いまのところ29erXX(トゥエンティーナイナー・ダブルエックス)が立候補しているようです(フォイラーモスも立候補?)。2012年は、セーリング競技にとって大きな転換期になりそうです。

 あなたは、『五輪の規模適正化』を考えて、どの艇種が削除対象艇種になると思いますか? また、「こんな艇種が入ってきたらオモシロくなる」という新艇種も募集します(コメント欄へどうぞ)。

 どしどし、ご応募ください!





質問 五輪種目減─あなたが選ぶ1種目は?


RS:X級(男子)

RS:X級(女子)

フィン級(男子)

レーザーラジアル級(女子)

レーザー級

470級(男子)

470級(女子)

49er級

トーネード級

イングリング級(女子)

スター級(男子)

新艇種






コメント(新艇種等)







- レンタルサーバー -






結果


過去の投票


FC2ID






※投票欄から、1艇種を選んで投票してください。
※携帯電話からは投票できません。
※コメントは10件を越えると、前のコメントから消えてしまいます。
posted by BULKHEAD at 11:19| Comment(0) | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]