2008年11月21日

強風NR全日本マッチ初日

allmatch081121.JPG
葉山で開催されている全日本アジアパシフィックマッチ初日は、強風のためノーレースになりました。photo by KOHTAN

全日本アジアパシフィックマッチレポート・初日

レポート/日本ヨットマッチレース協会Kohei Imazu

 全日本アジアパシフィックマッチの初日は、典型的な冬型気圧配置による西の強風に見舞われた。集合時間の朝8時にはすでに20ノットオーバーの風が吹き込み、時が経つにつれてさらに風力は高まった。

 体重計測を終えて、艇長会議の頃には25ノット超にまで吹き上がり、レース艇の出港は、いったん待機されることになった。大会運営側はなんとしても初日実施を試みようと執拗な様子見を続けたが、昼を過ぎ、風はさらに吹き上がるばかり。

 初日レースイベントの最終決定時間となる午後2時には、西の風30ノット。猛烈な季節風の吹き込みとなり、残念ながら、この時点で全日本アジアパシフィックマッチ初日のノーレースが確定した。

 2日目(11/22)のレース艇の出港予定時間は、朝の8時半。準備がはかどれば、9時前には第1フライトのレース信号が発信されるはずだ。
 
 ちなみに、今回の選手権のために集まったのは12選手。国内を代表する7選手に加えて、海外から5選手。その中には、世界ランキングで二桁台に入る選手が3選手も含まれるという豪華版だ。参加国は、日本、ドイツ、インド、ロシア、そして、韓国。

 天気予報によると、明日は10ノット前後の風におさまるとのこと。手に汗握る素晴らしい国際マッチの戦いが期待される。

◎エントリーリスト
Nakamura, Takumi (JPN)  中村 匠
Ramchandran, Mahesh (IND) マヘッシュ・ラムチャンドラン(インド)
Ellegast, Tino (GER)  ティノ・エルガスト(ドイツ)
Natsuki Motoyoshi (JPN)  本吉 夏樹
Nagahori, Yuuki (JPN)  長堀 裕樹
Toya, Tshio (JPN)  戸谷 壽男
Yamada, Kan (JPN)  山田 寛
Murakoshi, Shunsuke (JPN)  村越 俊介
Ermakov, Vladimir (RUS)  ウラディミール・エルマコフ(ロシア)
Hiroshi, Miura (JPN)  三浦 博志
Kim, Tae Jung (KOR)  キム・テ ジュン(韓国)
Park, Byeongki (KOR)  パク・ビヨンギ (韓国)

briefing081121.JPG
ブリーフィング風景。今回のマッチには海外から5選手が招かれています。photo by KOHTAN

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:47| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。