2008年11月21日

470陣容一新、琵琶湖決戦

RZ3H4576.jpg
順風から強風域で圧倒的なスピードをみせた原田/吉田。社会人1年目。趣味は自転車。photo by Junichi Hirai

 21日から滋賀県琵琶湖・柳が崎ヨットハーバーで開催されている470級全日本。予選初日となった本日は、厳しい寒さに見舞われ、3〜7m/sの南西風で4レースを消化しました。

 朝から快晴となった湖上は、第1レースが終わるころには一転して曇天、そして雨。突然のブローに沈艇もでるハードなコンディションとなりました。

 予選初日は、赤青の2グループにわかれておこなわれました。本日よく走ったのは、赤組の原田/吉田です。彼らはオールトップという文句なしの成績で首位に立ちました。各チームとも練習量の少ないこの時期。彼らは北京五輪前から練習を重ねているだけあって、ボートスピードとコンビネーションがピカイチです。また青組は、こちらも北京五輪日本代表選考後から活動している、石川/柳川が快調に飛ばしています。

 この470全日本には54艇が出場し、そのうち女子チームは吉迫/大熊(ベネッセ)、平井/田村(日本大/法政大)、中村/中川(龍谷大)の3チームのみ。男女ともコンビが確定せず、即席コンビもみうけられ、経験の差が成績に大きく影響しそうです。

◎470全日本選手権・初日(予選) 参加55艇
赤組上位
1. 原田龍之介/吉田雄悟(アビームコンサルティング)1-1-1-1 4p
2. 長橋誠/田淵靖浩(アルファ・ウェーブ)2-2-3-3 10p
3. 渡邊哲雄/谷川亮介(エス・ピー・ネットワーク)5-3-2-4 14p
4. 飯束潮吹/大嶋龍介(福岡経済大学)4-5-6-2 17p

青組上位
1. 石川裕也/柳川祥一(関東自動車工業)1-1-1-2 5p
2. 市野直毅/吉見亮平(関西学院大学)6-2-4-3 15p
3. 前田弘樹/谷口斉謙(エス・ピー・ネットワーク/島精機製作所)4-5-3-4 16p
4. 新郷雅史/今井充(早稲田大学)2-6-5-6 19p

RZ3H5709.jpg
第4レースで石川/柳川(左)の連続トップを阻止した本年度学生チャンピオン宮川/永井(福岡経済大)。photo by Junichi Hirai

RZ3H5886.jpg
キールボートで活動する〈エスプリ〉(X35、SWAN42他)の母体となる、アルファウェーブ所属の長橋/田淵。photo by Junichi Hirai

RZ3H4933.jpg
関西学院大の470リーダー市野はヨット部次期主将。今回は福岡経済大OBの吉見と組んで出場しています。photo by Junichi Hirai

RZ3H5843.jpg
水深の浅い琵琶湖で沈するとマストトップが底に突き刺さります。沈起こしも一苦労。photo by Junihi Hirai

RZ3H4515.jpg
全日本5回の優勝経験のある関一人は470選手を引退。石川/柳川のサポートをつとめています。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:17| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。