2008年11月21日

大荒れ!博多J/24全日本

 22艇を集めて福岡博多マリノアで開幕したJ/24全日本選手権。大会初日は、午前中に艇長会議があり、午後からレースがおこなわれました。レース海面の能古島沖は北西の強風10〜12m/sが吹き、スピン破損、ブーム破損、落水者、軽傷者などトラブルが続出した模様です。

 そんなハードなレースで気勢を上げたのは、北京五輪470級代表の松永鉄也が舵を取る〈スリーボンド〉です。本日1-3位の成績で首位に立ちました。

 昨年の覇者〈シエスタ・ローザ〉(坂本亘ヘルム)は、得意の風域で2-1位の好着順でしたが、第1レースでリコール。成績は落としたものの、コンディションはまずまずといったところでしょう。本大会では5レース以上で1レースがカットされます。

 また、暫定2位につけているのは、関東の雄〈月光〉です。強風域でも畠山ヘルム・小島トリマーのコンビは安定しており、ベテランらしく初日を2-4位でまとめました。続いて、〈リップル〉(辻寛基ヘルム)、〈ビンテージ55〉(栄楽洋光ヘルム)が後を追い、トップを虎視眈々と狙っています。

 上位陣の実力は接近。〈スリーボンド〉の逃げ切りはあるのか? 明日以降のJ/24全日本にも大注目です。

◎日本J/24クラス協会・九州フリート
http://kyusyuj24fleet.blog19.fc2.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 21:34| Comment(0) | J/24
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。