2008年11月22日

葉山マッチ。山田予選通過

yamadateam081122.JPG
ラウンドロビン(予選)を4勝で通過した山田寛チーム。photo by JYMA

全日本アジアパシフィックマッチレポート・2日目

レポート/日本ヨットマッチレース協会 Kohei Imazu

 初日がどん吹きでノーレースだったため、2日目が実質的初日となった。コンディションは朝方は北東の風8〜10ノット。初冬の葉山らしいコンディションの下、6選手ずつ2グループに分けてラウンドロビンシリーズが始まった。

 Aグループは2フライトが成立。優勝候補の中村匠が順調に2連勝。幸先よいスタートを切った。

 Bグループは4フライトが成立。昼過ぎには風はすっかり落ちて、風待ちを含む微風〜軽風の神経戦になったが、そのなかで確実に勝ち星を稼いだのは山田 寛。4戦全勝でラウンドロビンの終了を待たずして決勝ラウンドロビンへの進出を決めた。

 明日もコンディションは今ひとつとの予報。強い精神力も試されそうな全日本アジアパシフィックマッチだ。

◎全日本アジアパシフィックマッチ ラウンドロビン途中成績
Aグループ
中村 2勝0敗
本吉 2勝0敗
長堀 1勝1敗
三浦 1勝1敗
村越 0勝2敗
パーク 0勝2敗

Bグループ
ラムチャンドラン 0勝4敗
エルガスト 2勝2敗
戸谷 2勝2敗
山田 4勝0敗
エルマコフ 3勝1敗
キム 1勝3敗

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:24| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。