2008年11月23日

マッチ全日本6選手決勝へ

mirror081123.JPG
葉山沖は風が弱く、鏡のような海面が広がりました。photo by JYMA

全日本アジアパシフィックマッチレポート・2日目

レポート/日本ヨットマッチレース協会 Kohei Imazu

 残念ながら天気予報がしっかり当たり、終日、風のあまり吹かない1日となった。大会三日目のきょうは、残りの日程もあり、微風、時に無風の中かなり無理を押しての運営となった。
 
 そのような難しいコンディションの中、Aグループでは中村匠。Bグループでは山田寛が全勝で予選ラウンドロビンを勝ち上がった。

 なお、Aグループの2位は、本吉夏樹、3位は、三浦博志。また、Bグループの2位は、ロシアのエルマコフ、3位はエレガスト(ティノ)。決勝ラウンドロビンは、この6選手にて競われることになった。

 夕暮れの迫る中、本日は、決勝ラウンドロビンの1フライトのみ成立。暫定成績だが、中村匠、三浦博志、山田寛が初戦を勝ち、優勝に向けて、後半の幸先よいスタートを切った。 

ラウンドロビン成績
Aグループ
中村 5勝1敗
本吉 4勝2敗
長堀 2勝4敗
三浦 2勝3敗
村越 1勝5敗
パーク 1勝6敗

Bグループ
ラムチャンドラン 0勝6敗
エルガスト 3勝3敗
戸谷 2勝4敗
山田 5勝1敗
エルマコフ 4勝2敗
キム 1勝5敗

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:29| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。