2008年11月23日

激戦470アビーム対関自工

 琵琶湖で開催されている470全日本。大会3日目からは決勝シリーズとなり、上位・下位グループにわかれておこなわれました。ゴールドフリートは南西3〜5m/sの風で4レースを消化し、トップ2艇が昨日に続いて同点で並んでいます。

 石川/柳川(関自工)が第7、8レースでトップを取れば、原田/吉田(アビーム)が第9、10レースで取り返し両者一歩もゆずらず。決着は最終日に持ち越されました。

 3、4位につけたのはSPNヨット部2艇で、仲良く1点差となっています。また、学生チームのなかでは、早稲田大の新郷/今井と福岡経済大の飯束/大嶋が健闘しています。

 これまで10レースを終えているために最も悪い2レースの成績が除外されます。規定レースは12レースなので、明日は最大2レースとなります。

 天気予報では曇りのち雨。風は弱いようです。

◎470全日本選手権・3日目上位成績 参加55艇
1. 原田龍之介/吉田雄悟 1-1-1-1-(10)-3-(9)-3-1-1 12p
2. 石川裕也/柳川祥一 1-1-1-2-2-(4)-1-1-(4)-3 12p
3. 前田弘樹/谷口斉謙 4-5-3-4-1-2-2-(10)-(16)-2 23p
4. 渡邊哲雄/谷川亮介 5-3-2-4-1-1-3-(15)-(13)-5 24p
5. 新郷雅史/今井充 2-6-5-6-2-4-(6)-5-(9)-4 34p
6. 飯束潮吹/大嶋龍介 4-5-6-2-(DNF)-7-(12)-2-2-8 36p
7. 市野直毅/吉見亮平 6-2-4-3-3-(10)-5-9-(14)-7 39p
8. 吉迫由香/大熊典子 3-3-7-7-4-(15)-(8)-6-5-6 41p
9. 長橋誠/田淵靖浩 2-2-3-3-15-1-7-(24)-(17)-9 42p
10. 阿部幸久/矢野美晴 3-9-4-(12)-6-2-4-8-8-(12) 44p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:22| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。