2008年11月24日

原田/吉田470初優勝!

 470級全日本選手権最終日。琵琶湖は朝から風がなく、11時まで陸上待機した後、北東の軽風で1レースがおこなわれました。最終レースは、原田/吉田が3位、石川/柳川が10位となり、原田/吉田が初優勝を飾りました。また、女子優勝は総合6位まであげた吉迫/大熊です。おめでとう!

「風はトラピーズに出る程度。大きなシフトが何度かありました。スタートで失敗しましたが、右へ逃げて、右のシフトをつかむことができてよかった。1上は5番手回航で、このままでは負ける(石川/柳川のカットレースは4点なので原田/吉田は4位以上に入らないと勝てない)と分かっていたから気を引き締め、リーチングで1艇、フリーで1艇抜きました。優勝できて本当にうれしいです!」(吉田雄悟)

「失点を考えると自分たちが不利な状況でしたが、プレッシャーは感じなかった。風待ちしている時も、このまま終わって優勝するのではなく、1、2レースやって勝ちたいと考えていました。スタートで失敗した後、風をつかみに逃げましたが、ボートスピードがあったのでうまく展開できたと思います。OP級からセーリングしていますが、全日本のタイトルを獲るのは生まれてはじめて。ロンドンへ向けて、いいスタートが切れました」(原田龍之介)

◎470全日本選手権・最終成績 参加55艇
1. 原田龍之介/吉田雄悟 1-1-1-1-(10)-3-(9)-3-1-1-3 15p
2. 石川裕也/柳川祥一 1-1-1-2-2-(4)-1-1-4-3-(10) 16p
3. 前田弘樹/谷口斉謙 4-5-3-4-1-2-2-(10)-(16)-2-8 31p
4. 渡邊哲雄/谷川亮介 5-3-2-4-1-1-3-(15)-13-5-(14) 37p
5. 新郷雅史/今井充 2-6-5-6-2-4-(6)-5-9-4-(7) 40p
6. 吉迫由香/大熊典子 3-3-7-7-4-(15)-(8)-6-5-6-5 46p
7. 飯束潮吹/大嶋龍介 4-5-6-2-(DNF)-7-12-2-2-8-(OCS) 48p
8. 市野直毅/吉見亮平 6-2-4-3-3-10-5-9-(14)-7-(15) 49p
9. 長橋誠/田淵靖浩 2-2-3-3-15-1-7-(24)-(17)-9-11 53p
10. 阿部幸久/矢野美晴 3-9-4-(12)-6-2-4-8-8-(12)-9 53p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:22| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。