2008年11月24日

全日本マッチ中村匠、優勝

victory08112402.JPG
本吉とのファイナルで2勝を決め優勝を飾ったチームアルバトロス(中村匠、伊藝徳雄、笹木哲也、石黒建太郎)。photo by JYMA

全日本アジアパシフィックマッチレポート・最終日

レポート/日本ヨットマッチレース協会 Kohei Imazu

 全日本アジアパシフィックマッチの最終日は、曇天、雨天ながら北東8〜16ノットの絶好の風に恵まれた。

 きょうは決勝ラウンドロビンの残り4フライトと決勝ノックアウトシリーズ、さらに、5位〜8位決定ラウンドロビンの計10フライトが行われ、大会は最終日にして大いに盛り上がった。

 決勝ラウンドロビンをトップ2で通過したのは、中村匠と本吉夏樹。昨年と同じ顔合わせの決勝シリーズとなったが、中村匠がベストオブ3の戦いを2勝連取で勝ち取り、昨年の雪辱を果たすとともに、3回目となる全日本マッチのタイトルを奪取した。

◎全日本アジアパシフィックマッチ・最終成績
優勝 中村匠
2位 本吉夏樹
3位 山田 寛
4位 三浦博志
5位 長堀裕樹
6位 (ティノ)エレガスト
7位 戸谷壽男
8位 エレマコフ
9位 村越俊介
10位 キム
11位 パーク
12位 ラムチャンドラン

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:19| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。