2008年11月24日

微風、雨。ラジアル最終日

RZ3H8646.jpg
海陽ヨットハーバーの防波堤を出ると風はなし。photo by Junichi Hirai

 愛知県蒲郡で開催されたレーザーラジアル・レディース・4.7全日本選手権最終日は、風が弱いコンディションで1レースおこなわれました。

 海上に出た180艇は、鏡のような海面でしばし風待ち。しばらくして吹いてきた東風でスタートしたものの、途中で無風になりレースはキャンセルされました。そして雨が降り出すと同時に風向が180度変わり、最終スタート予告時刻の1時30分近くになってラジアル級ゴールドフリートがスタートしました。

 注目のレディースは、上位争いの役者(蛭田、長谷川、石川)がブラッグフラッグに掛かって失格。上位艇が戦線離脱という予期せぬ状況ではじまりました。

 風は3m/s前後。ブローにムラのある海面です。近藤と田畑は、振れた風に対処して風下側からポートスタートを狙いましたが、スタートラインまでいまひとつ距離が足らず。スターボードでアウターを狙う才木がベストスタートを決めます。

 才木は風下側についた近藤をカバーしながら上マークをトップ回航。2番手で近藤がまわり、田畑は遅れて7番で回航します。走りにベテランの風格を感じさせる才木は、後続に油断をゆるさず差を広げます。近藤は2度目のアップウインドでブローをつかめずに順位を後退。田畑にいたっては、下マークで沈をしてしまい絶体絶命となりました。

 才木はそのまま順位をキープしてトップフィニッシュを飾りました。田畑はカットレースとなる8位を獲得し、(BFDにより)陸上に戻ってハラハラしていただろう蛭田が、1点差で逃げ切って優勝を決めました。

「普段、沖縄で練習しているから、強風には自信がありました。初日はいまひとつだったけれど、2日目に修正してボートスピードがあることを確認。いまはレース展開を課題にしていたので、いい勉強ができました。全日本レディースは初優勝なのでうれしいです。しばらく大学の勉強をしないといけませんが、来年1月のミッドウインター(和歌山)には出場します」(蛭田香奈子)

RZ3H8827.jpg
1度目の第7レースは田畑がトップで上マークを回航しますが、風はさらに弱まり途中でキャンセル。まぼろしのトップとなりました。photo by Junichi Hirai

RZ3H8815.jpg
最終日の蛭田はブラックフラッグにより失格。レディースでは7艇が失格となる波乱です。photo by Junichi Hirai

 また、ラジアル級優勝は、初日から飛ばした永井久規。4.7は埼玉匠海が最終レースをトップフィニッシュして優勝しました。

 今回のラジアル全日本の上位入賞選手には、来夏に開催されるラジアル世界選手権の出場権利(全出場枠の40%)があたえられます。日本の出場枠は年度末となる12月31日に最終決定されるため、確定ではありませんので念のため。

ラジアル男子 上位12名決定(全30名)
ラジアル女子 上位4名決定(全10名)
ラジアルユース男子 上位6名決定(全15名)
ラジアルユース女子 上位4名決定(全10名)
※出場枠は2008年度の会員総数により決まります。

◎レーザーラジアル 参加126艇
1. 永井久規 (2)-1-1-2-1-7 12p
2. 渡辺真吾 (15)-3-3-1-2-9 18p
3. 檜皮昇太 8-(18)-5-3-4-1 21p
4. 斉藤大輔 9-1-(10)-9-4-4 27
5. 高橋 航 1-2-4-(7)-2-19 28p
6. 與田明宏 15-8-(OCS)-1-3-2 29p

RZ3H80131.jpg
ラジアル優勝、永井久規。photo by Junichi Hirai

◎レーザーラジアル・レディース 参加35艇
1. 蛭田香名子 3-5-2-2-1-2-(BFD) 15p
2. 田畑和歌子 4-1-4-4-2-1-(8) 16p
3. 才木雪代 5-3-3-2-(OCS)-3-1 20p
5. 近藤愛 1-2-(14)-5-5-9-6 28p
6. 石川あゆ美 6-7-6-6-3-8-(BFD) 28p

RZ3H8417.jpg
レディース優勝の蛭田香名子。photo by Junichi Hirai

◎レーザー4.7 参加19艇
1. 埼玉匠海 2-4-1-1-(8)-3-1 12p
2. 蓬田久俊 1-1-6-3-1-1-(DNC) 13p
3. 本計航 3-3-3-2-2-2-(8) 15p
4. 吉田真一郎 5-5-(11)-8-3-4-7 32p
5. 川村岳 14-6-4-4-(15)-5-2 35p
5. 谷口絋基 6-8-2-7-5-8-(9) 36p

RZ3H8227.jpg
4.7優勝の埼玉匠海(江ノ島ヨットクラブジュニア)。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:27| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。