2008年11月26日

BULKHEADデイラン記録

RZ3H6756.jpg
大会期間中は深夜、早朝にクルマで移動していました。伊勢湾岸道路、新名神は快適便利です。photo by Junichi Hirai

 怒濤の全日本取材週間が終わりました。バルクヘッドマガジンは琵琶湖470全日本と蒲郡ラジアル全日本を取材。深夜、早朝にクルマを走らせて開催地を駆けました。ふり返れば、この1カ月で葉山〜関西3往復ですから、よく走ったものだと感心しています。

 今回は4大会(470、レーザーラジアル、J/24、マッチ)を同時進行で、可能な限り素早くレポートと成績をアップしました。レースが終わり、各地の大会スタッフや選手に取材をして速報を書き、全日本マッチにいたっては実行委員会の方々にも協力していただき、レポートと写真をメールで送ってもらいました。大会関係者、選手のみなさん、忙しいところありがとうございました。

 おかげさまで、この4日間、アクセス数は異常なほどにアップしました。北京オリンピックに勝るとも劣らず。これまでみんなが海へ出てしまう休日は、平日に比べて少なくなるパターンでしたが、今回は上昇する一方です。これほどまでに読者に興味を持ってもらえたことは、あたらしい発見でした。

 また、大会会場では、知っている方、はじめてお会いする方、いろんな方に声を掛けてもらいました。バルクヘッドマガジンをずいぶん詳しく読んでくださっているようで、「情報の質が高い」、「レースの雰囲気が伝わる写真がいい」、「文章が読みやすい」等々。褒めていただき、たいへん恐縮しています。

 今週からはしばらく通常モードとなります。前記したように、今週はモンスーンカップ予選、スナイプ西半球選手権、そして、ついに終盤に突入したボルボオーシャンレース第2レグに注目しています。

 個人的には、この4日間で撮影した写真4500枚を時間をかけて整理しなければなりません。photo SAIL!をひっそり更新しているかもしないので、チェックしてみてください。

 さて、バルクヘッドマガジンは、下記に御紹介するスポンサー各社により運営されています(いつもありがとうございます!)。広告にご興味のある方は、e-mail:editor@sailmagazine.jpまでご連絡ください。寒くなり、海への足が遠のくこの季節。バルクヘッドマガジンをぜひ有効利用してください。

◎BULKHEAD magazine 媒体資料(PDF。2008.8改訂)
ご案内:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise01.pdf
料金等:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise02.pdf

vorgame_bulkhead.jpg
VOR GAMEのBULKHEAD号は、日中取材している間にマダガスカル島の右にある小島に衝突(!)していました(一旦戻って軌道修正です)。その後、赤道無風帯でのたうちまわっております。インドまであと1200マイル!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:28| Comment(4) | コラム
この記事へのコメント
やはりこの不自然な航路変更は、取材のための衝突だったのですね。私も、読み始めて間もないですが、一日の始まりと、終わりには、ほぼ毎日拝見させていただいています。
私個人の感想は、すべてが丁寧で、いろいろヨット関連のサイト探って見ましたが、それぞれ善くも悪くも、色が濃く、ちょっとうるさい感じで、疲れますが、
なんと言うか、bulkheadはその色が他所とは違って、まさに洋上で艇を操っているかのようにシンプル且つ、ダイナミックで好きです。
ちなみに、私自身(私たちクルーとCICCI7艇)も日曜日に
circolo verico fiumicino主催の
canpionato invernale di romaというシリーズ戦で
クラス一位を獲得しました。
Posted by daiichifukumaru at 2008年11月26日 17:05
過分なお言葉たいへん恐縮しております。今後も地道に活動していきますので、応援よろしくお願いします。。。まさかインド洋で島にぶつかるとは思いませんでした。
Posted by HIRAI at 2008年11月26日 20:30
VORゲームのBULKHEAD号は、レース委員会から突然のペナルティ通告。モーリシャスのマークをまわらなかったとかで、500マイルのペナルティを食らってしまいました。とほほ。約2万艇に追い越され、赤道無風帯に逆戻りです。
Posted by HIRAI at 2008年11月28日 10:44
勝負心なのか、私の心は、BULKHEAD艇がまた不自然な航路を取っている、しめしめと思い、今のうちに赤道無風帯を、
と思っていたら、あっと言う間にまた抜かされてしまいました。しかしこの赤道無風帯なんて言葉、縁もないかと思われましたが。このゲームのおかげで、その無風さ加減が良くわかりました。しかしBULKHEAD艇速いなあ。。。
頑張って追い越すぞ!!!BUON VENTO!!!!
Posted by daiichifukumaru at 2008年12月01日 07:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。