2008年12月01日

葉山で開催、Platu選手権

F1000231.JPG
2日間、葉山沖で開催されたPlatu選手権。優勝は〈Lucky LadyVI〉でした。photo by PLATU CLUB

PLATU選手権 2008

 11月29、30日の2日間をかけて、いちばん速いPlatu乗りは誰か? を決定する大会が葉山新港をベースに実施されました。この大会は、Platu Clubとして一年間練習会、レース等を実施してきた集大成となる大会です。当日は相模湾にあるすべてのPlatu7艇が集まり、レースが行われました。

 初日は、強風注意報が発令されているにもかかわらず、風が吹き出してくる様子もない。。。風待ちで一度ハーバーに戻っていて、なかなかレースができずにやきもきしていましたが、南西の風が入りはじめたところで、素早く全艇ドックアウト。見事な運営で1レースが成立しました。レース展開としては、めまぐるしく順位が入れ替わる状況でしたが、先行する〈CONCORD〉を捉えて、〈Lucky LadyVI〉がトップにたちました。

 初日夜のレセプションでは、すべてのチームが参加し、普段なかなか交流できないPlatuクルー同士の交流を深める事ができました。また、新たにPlatuを購入したエリシオチームの参入のニュースもあり、盛況のうちにパーティを終了することができました。

 初日のレースは期待していたほど消化できなかったため、急遽レセプションの席で翌朝のスタート時間を早めることにしました。所帯が大きすぎず、臨機応変にレースを運営できるのもPlatu Clubの利点です。

 レセプションが終わってみると、夜は、昼間とはうってかわってドン吹きです。あまりの風の強さに、夜中に船の状態をチェックしに行った人もいたとか。

 翌朝は、前日の夜中の波が残る中、予定より1時間早めのスタートのために出港。遅刻のチームはなし。いやなうねりが入っているが、風はかなり落ちてきており、今回のシリーズは、土日とも微風の傾向でした。

 この日もだんだんと風が落ちてくる状況でしたが、スタートを早くはじめたことと、風が回ってからの的確な運営もあり、午前中に3レースが成立。昼頃から風待ちとなりました。その後、スタートタイムリミットの10分前に最終レースが実施でき、合計5レースが成立しました。

 結果はリードを守りきった〈Lucky LadyVI〉が逃げ切り優勝。2位に〈Bros〉、3位に〈CONCORD〉という結果になりました。

F1000226.jpg
葉山新港のさんばしに止まったPlatu25。photo by PLATU CLUB

◎Platu Championship Regatta 2008
1位 Lucky LadyVI 1-1-1-1
2位 Bros 3-2-1-2
3位 CONCORD 2-2-3-6
4位 Freedom5-4-4-4
5位 α-magic 7-5-4-3
6位 Be-One 6-7-6-3
7位 ISLAY 4-6-7-5

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:31| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。