2008年12月19日

JYMA最終戦Xmasマッチ

09Xmas.JPG
クリスマスマッチは20、21日に葉山港で開催されます

クリスマスマッチ開幕迫る

レポート/日本ヨットマッチレース協会 NORIO IGEI

 2008年日本ヨットマッチレース協会(JYMA)最終イベントとなるクリスマスマッチが、12月20、21日に葉山で開幕します。11月に行なわれた全日本選手権・アジアパンパンパシフィックの記憶がまだ鮮明に残りますが、優勝した中村匠(アルバトロス)打倒を目ろみ、師走の忙しいスケジュールを縫って、なんと12チームがエントリー。マッチレース人気が定着しつつある事を実感します。そして今年は日本マッチレース界とってに新たな歴史が刻まれた記念すべき年になりました。

5月・韓国コリアマッチ(グレード1)
  坂本亘(シエスタ)10位
7月・ロシア・セブンフィートマッチレース(グレード3)
 山田寛(ブロス) 優勝。
8月・ニューヨーク・ニッチカポッカ・カップ(グレード2)
 中村匠(アルバトロス)優勝
10月・韓国・釜山 コリア女子マッチ(グレード1)
 佐藤麻衣子 5位
11月・マレーシア・モンスーンカップアジア予選
 本吉夏樹(オービット)2位、 三浦博志(エクストリーム)5位

 これだけのチームが1年間に海外遠征をした事は、いままでにありません。そして優勝もしくは上位を狙えるポジションでレースを行なって来たのはもちろんはじめてのことです。

 日本がアメリカズカップ挑戦を断念してから長い年月がたってしまいましたが、決して炎が消えてしまった訳ではありません。むろんマッチレースだけがヨットレースではないことをマッチレースを行なっているセーラーは十分理解しています。JYMAに集うセーラーは、ディンギー、キールボートを問わずマルチに活躍する選手が非常に多く、これからの日本のセーリング界をリードしてゆく人材がゴロゴロしています。

 マッチレースに彼らを熱くする何かがあるのは間違いありません。それが何なのか確かめたくなったらヨット乗りは是非JYMAにチャレンジして欲しい。JYMAはチャレンジャーを待っています。

◎クリスマスマッチ 参加スキッパー
中村 匠  
本吉 夏樹 
長堀 裕樹
戸谷 壽男 
三浦 博志 
山田 寛  
進藤 雄介 
浜崎 栄一郎
村越 俊介 
佐藤 麻衣子  
星野 啓示 
東島 和幸

◎JYMA公式HP
http://www.matchrace.gr.jp/

◎JYMAレースビデオ
http://river-side.sakura.ne.jp/movie1.wmx
http://river-side.sakura.ne.jp/movie2.wmx

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:12| Comment(1) | マッチレース
この記事へのコメント
海外遠征
前田康子さんチームも追加してあげてください。

Women Match Race ISAF Event Grade 2
Punta Lagoa, Caixanova Trophy
7月10日-13日
SPAIN, VIGO
12艇参加,10位
ISAF上位ランキングの選手が参加


http://www.nauticopuntalagoa.com/docs/jul08/web/mr_results.htm
Posted by sen yamaoka at 2008年12月20日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。