2008年12月20日

オーストラリア海軍救助へ

guillemot_20081219_04.jpg
救助に向かった〈Safran〉が〈Generali〉に到着。photo by MARC GUILLEMOT / SAFRAN / VENDEE GLOBE

 サバイバルが続くヴェンディグローブ。スタート40日を過ぎ、艇団はオーストラリア西方で、きびしいトラブルに見舞われています。

 5オーシャンズ優勝のBernard Stamm〈Cheminees Poujoulat〉が、ラダートラブルにより南インド洋ケルゲレン諸島で座礁。16日には、イギリスの期待を背負って一時トップに立ったMike Golding〈ECOVER 3〉がディスマストでリタイア。Jean-Pierre〈Paprec-Virbac 2〉がラダー故障により首位争いから離脱。

 そして、18日にはインド洋南方800マイルを走っていたYann Elies〈Generali〉が、ボート前方で作業をしているときに自身の大腿骨を骨折するという事故が起こりました。

 レース委員会は100マイル南を走っていたMarc Guillemot〈Safran〉にレスキューを指示。現在、〈Generali〉に到着したMarc Guillemotは、30ノットの海上でYann Eliesへ救援物資を送ろうと試みているようです。また、520マイル西に位置していたSam Davies〈Roxy〉も救助に向かっています。

 さらに、オーストラリア海軍もパースを出港し、Yann Eliesの救助に向かったとのこと。これまでヴェンディグローブの歴史のなかでは、1992年、1996年に(海軍などによる)海難救助が行われています。

poujoulat_081215_04.jpg
南インド洋ケルゲレン諸島で座礁した〈Cheminees Poujoulat〉。スキッパーは無事です

poujoulat_081217_01.jpg
その後、悲しく運搬される〈Cheminees Poujoulat〉


(動画)海上はまさにサバイバルです

◎VENDEE GLOBE Rankings 12/20時点
1. Michel Desjoyeaux〈Foncia〉 12430.2mile (Dist to finish)
2. Roland Jourdain〈Veolia Environnement〉 59.178.6mile (Dist to leader)
3. Sebastien Josse〈BT〉 173.5mile
4. Jean Le Cam〈VM Matériaux〉 218.1mile
5. Armel Le Cleac'h〈Brit Air〉 412.4mile
6. Vincent Riou〈PRB〉 444.0mile

◎VENDEE GLOBE
http://www.vendeeglobe.org/en/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 05:26| Comment(1) | 外洋レース
この記事へのコメント
VENDEE GLOBEのサイトで動画をチェックすると
かなり臨場感たっぷりで、現在の大会運営と選手の様子が
垣間みれますね。
さておき、ゲームの法もこれからインドシナ半島?付近を通過にともなう渋滞状態のなか、一位の艇を検索しながらおもったのですが、かっこいい船艇のカラーリングとは別に
速そうなカラーリングっていう概念もあるんだなぁーと
次のレースでは船艇の色を換えたいな、などと
ついつい思いふけったりしています

BUON VENTO!!!(良い風を!!!)
Posted by daiichifukumaru at 2008年12月20日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。