2008年12月21日

第33回ACに19チーム参加

 法廷決着がつかないまま、レース準備をはじめている第33回アメリカズカップ。大富豪ふたり、エルネスト・ベルタレッリとラリー・エリソンのケンカには全世界が辟易していますが、両陣営のプロジェクトは着々と進行しています。

 90フィートトライマラン対決を計画する一方で、ディフェンダーのアリンギは、これまで通りのアメリカズカップ方式を進め、19日にAC実行委員会は19チームのエントリーがあったことを発表しました。

 スケジュールは、2009年7月、10月にスペイン・バレンシアで、11月にClub Nautico Espanol de Velaでプレレガッタを開催。2010年3月にアメリカズカップ(本戦)の予定です。変更されたアメリカズカップのプトロコールと新クラスルールは来年1月に発表されるとのことです。

◎33rd America's Cup Teams (In order of entry)
1. Alinghi, Societe; Nautique de Geneve (SUI) - Defender
2. Desafio Espanol, Club Nautico Espanol de Vela (ESP) - Challenger of Record
3. Shosholoza, Royal Cape Yacht Club (RSA)
4. TeamOrigin, Royal Thames Yacht Club (GBR)
5. Team New Zealand, Royal New Zealand Yacht Squadron (NZL)
6. DCYC, Deutscher Challenger Yacht Club (GER)
7. Green Comm Challenge, Circolo di Vela Gargano (ITA)
8. Ayre Challenge, Real Club Nautico de Denia (ESP)
9. Victory Challenge, Gamla Stans Yacht Skallskap (SWE)
10. Argo Challenge, Club Nautico Gaeta (ITA)
11. Mascalzone Latino, Reale Yacht Club Canottieri Savoia (ITA)
12. Team French Spirit, Yacht Club de St Tropez (FRA)
13. Luna Rossa, Yacht Club Punta Ala (ITA)
14. Russia Team - Fiona, Yacht Club Seven Feet (RUS)
15. Joe Fly, Societa ; Canottieri Lecco (ITA)
16. K-Challenge, Cercle de la Voile de Paris (FRA)
17. Greek Challenge, N.O.K. Poseidon - Nautical Club of Kalamata (GRC)
18. Dabliu Sail Project (ITA)
19. China Team, Qingdao International Yacht Club (CHN)

 参加国は、スイス、スペイン2、南アフリカ、イギリス、ニュージーランド、ドイツ、スウェーデン、ロシア、中国、ギリシア、イタリア6(!)、フランス2の12カ国。

 いまのところ、“アメリカのいない、アメリカズカップ”となっています。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 01:15| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。