2008年12月21日

強風マッチ、山田寛優勝!

RZ3H9175.jpg
1、2位決定戦の中村(左)、山田のスタートシーン。この直後、山田がボートスピードで前に出ます。photo by Junichi Hirai

 葉山クリスマスマッチ最終日。朝から吹き上がった南西の風は止む気配なく、海上は強風+波のコンディションとなりました。レース委員会は、スピネーカーなし、ワンポイントリーフの条件下で行い、また、予定されていた組み合わせを変更し、予選グループの成績をもとにした順位決定戦に変更。全6マッチ1本勝負でおこなわれました。

◎最終日組み合わせ
1・2位決定戦 中村×山田
3・4位決定戦 浜崎×本吉
5・6位決定戦 長堀×佐藤
7・8位決定戦 村越×三浦
9・10位決定戦 東島×進藤
11・12位決定戦 戸谷×星野

 優勝をかけた戦いは、予選Aグループを全勝で通過した中村匠(アルバトロス)対、予選Bグループで本吉に一敗を喫した山田寛(ブロス)です。ボートを止めたくないハードな海面で両者は慎重にボートをコントロール。風下に中村、風上に山田のポジションでスタートしますが、クローズラインの走りで山田がわずかにリードします。

 スタート後の山田はスピードを生かし、ジワジワと中村との差を広げ、上マークで約5艇身差で回航。続く中村は必至の策で追いますが、両者絡むことなく、山田が逃げ切り優勝を飾りました。

◎クリスマスマッチ成績
1位. 山田 2位. 中村 3位. 浜崎 4位. 本吉
5位. 長堀 6位. 佐藤 7位. 村越 8位. 三浦
9位. 進藤 10位. 東島 11位. 戸谷 12位. 星野

 日本ヨットマッチレース協会(JYMA)のマッチは、このクリスマスマッチが最終戦です。今年を振り返ってみると2008年のマッチは盛り上がりました。新選手の合流によって層が厚くなり、厳しい戦いにもまれて、選手のレベルがグンと上がっているように思えます。

 さて、来年のマッチは引き続き激戦となるのか? また、新選手による新しい風は吹くのか? 2009年のマッチレースも楽しみにしたいと思います。

RZ3H9304.jpg
11月の全日本マッチを制した中村匠。本大会の予選全勝しましたが、優勝決定戦では冴えず。photo by Junichi Hirai

RZ3H9398.jpg
優勝したブロスチーム。トリマーに山田真(写真後列右)。49er級で活動した轟賢二郎(後列左)がメイン。バウはマッチレースの若手、久保 博(後列中央)。スナイプ級の虎岩杏奈(前列右。前日は日本大の平井恵子が乗艇)。2008年の山田寛(前列左)は、ディンギーからビッグボート、マッチレースまで乗りに乗りまくりました。山田選手には、バルクヘッドマガジン編集部が独自に選出した『2008年 ヨット馬鹿・オブ・ザ・イヤー』を受賞していただきます。photo by Junichi Hirai

◎日本ヨットマッチレース協会(JYMA)公式HP
http://www.matchrace.gr.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:42| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。