2008年12月22日

Fullhikeウルグアイ遠征記

 スナイパーのバイブル的ウェブサイトといえば、井田選手が製作する「Fullhike」(フルハイク)。スナイパーでなくても、このサイトを楽しみにしている方は多いでしょう。

 かくいうバルクヘッドマガジンもそのひとりで、ディープでマニアックでオタクでありながら、情熱に溢れるレポートは刺激的で、「好きこそものの上手なれ」という言葉を思い出させてもらっています。

 さて、ただいまFullhikeでは、11月後半にウルグアイで開催された「スナイプ級西半球東洋選手権」のレポートがアップされています。ウルグアイという日本には馴染みのない国で奮闘した日本チームの様子は必見。また、世界基準のスナイプ事情や遠征ハウツウなど、レース遠征に役立つ情報も記載されています。読み応えたっぷり。

◎Fullhike Report
レポート スナイプ西半球選手権「極限の中で。」
コラム 地球の裏からブエノス・ディアース その壱「そこで気付いたこと」
コラム 地球の裏からブエノス・ディアース その弐「Do it Sailors selves !」
コラム 地球の裏からブエノス・ディアース その参「裏側での過ごし方」
◎Fullhike blog(更新情報はコチラをチェック)
http://plaza.rakuten.co.jp/fullhike/

 以前からバルクヘッドマガジンは「自分のセーリングをアピールしよう」と提案しています。オリンピック選手も学生も、週末セーラーもキールボート乗りもクルージングセーラーも、身近な話題を発信し合えば、情報を共有し、いろんな知識が広がって、セーリングがもっとたのしくなると思っています。同時に、重要必須でありながらも閉鎖的になりがちな組織や団体も、誤解が解けてオープンになっていくはずです。

 Fullhikeのような熱いレポートを読んだジュニアやユースセーラーが、「ヨットの世界は、大人になってもたのしそうだな」と思ってくれたら、最高ですよね。バルクヘッドマガジンもがんばろう!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:00| Comment(1) | ディンギー
この記事へのコメント
平井様、

このたびは月曜日のトップというイチバン目立つところで弊誌をご紹介いただき、誠にありがとうございました!

今後とも、皆様に愛される情熱的オタク系セーリング・ウェブ雑誌を目指して、頑張りたいと思います。

また今年は、全日本スナイプ選手権をはじめ、スナイプ級に関するニュースをたくさん取り上げていただき、本当にありがとうございました。来シーズンにつきましても、何卒よろしくお願いいたしまっす!■
Posted by フルハイク編集部 at 2008年12月22日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。