2008年12月25日

日本初開催オープンビック

IMG_0733.jpg
日本で初開催となったO'pen Bicカップ2008。photo by WINDWARD

9歳から58歳まで大集合。O'pen Bicカップ2008

レポート/Kohei Imazu

 12月14日。兵庫県西宮において、国内で初となるO’pen BIC(オープンビック)クラスのレガッタが開催された。集まったのは20選手。小ぶりのシングルハンダークラスということもあり、ティーンエイジャーが中心となったが、一番若い参加選手は9才。かたや、最年長は58才。まさに老若男女が集う、活気あふれる大会となった。

 この日のコンディションは、晴天、北の風8〜15ノット。レースエリアに設定された西宮浜北西海域は四方を陸に囲まれた比較的穏やかな海面だが、時折吹き込むブローは思いのほか手強い。そのような中、予定された3レースがすべて消化された。

 O'pen Bicクラスの国内第1回大会を制したのは、兵庫県連の藤井純也選手(13才)。普段はOP級で活躍しているが、今回は俊敏でエキサイティングなO’pen BICの走りをすっかり堪能したようだ。2位には奥村航選手(18才)。そして、3位には、丸山胡桃(くるみ)選手(14才)が、女子選手ナンバーワンとして入賞した。

 O'pen Bicレガッタは、6月までにさらに3回開催される予定。最優秀選手が7月にフランスで開催予定のワールドカップに招待されることになっている。

 ちなみに、当クラスは、本部のあるフランスをはじめ、チリ、ブラジル、イギリス、イタリア、オランダ、ドイツ、ポルトガル、アメリカの9カ国ですでに艇種別協会が設立され、活発にクラスレガッタが開催されている。今年のワールドカップ(フランス)には、8カ国から70名の参加があったとのこと。09年のワールドカップは、さらなる盛り上がりが期待されている。

IMG_0844.jpg
優勝した藤井純也選手。photo by WINDWARD

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:45| Comment(2) | ディンギー
この記事へのコメント
この船は イイですね!
とにかく軽い、簡単、速い(ハイテク)、、、
”軽い”のが特に気に入りました、実際 SeahopperやLaserを車の屋根に積み込むのは難義でして、これだとそうでもない。

唯、おいくらで販売するのか? だけが気になります。
Posted by sh at 2008年12月25日 16:47
全く同感です。
僕はこういった艇種(といっても経験はコメット910だけ)
でもっとスキルアップしたいと考えていますが
いくらくらいなんでしょうね。
ローマは湖が1時間圏内に5、6あって
練習できそうです。
Posted by daiichifukumaru at 2008年12月25日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。