2008年12月27日

年末セーリングニュース

10911_2_SYHO08cb_51215.JPG
100艇超のエントリーでスタートしたシドニー〜ホバート。IRCが採用されています。Rolex / Carlo Borlenghi

第64回シドニーホバートスタート
 26日、オーストラリア年末恒例のシドニー〜ホバートヨットレースがスタートしました。この大会は、オーストラリア・タスマニア海からホバートまで628マイルを走るオフショアレース。今年は、イギリス、ニュージーランド、フランス、ドイツ、オランダ、スイス、ロシア、ニューカレドニアからも出場しています。コースレコードは、2005年に〈WILD OATS XI〉がたたき出した42時間40分。新記録はうまれるでしょうか?
◎64nd Rolex Sydney Hobart Yachtrace Official website
http://rolexsydneyhobart.com/

マム30からFarr30へ
 16日。ワンデザインキールボートクラスのマム30クラス協会は、2009年よりFarr30へ改名することを発表しました。全盛期に比べてフリートは縮小しているもののまだまだ現役。昨年の世界選手権には21艇が集まり、ロードアイランド・ニューポートで開催されました。10年間スポンサーしてきたシャンパーニュ マム社の看板から離れて心機一転。今後、オーナー主体で運営していくことになります。
F30Logo.jpg
◎The M30 International Class Association
http://www.mumm30.org/

アメリカセーリング界が急変している?
 1月19〜23日にフロリダ・キーウエストで開催される「Acura Key West 2009」。冬の風物詩ともいえるキールボートレガッタですが、アメリカ大不況の影響でエントリーが激減しているようです。Farr40クラスは前年より13艇減、メルゲス32クラスは7艇減、メルゲス24クラスは14艇減。このご時世、しばらく様子見ムードなのでしょうか?
◎Acura Key West 2009
http://www.premiere-racing.com/

バルクヘッドマガジンは和歌山へ
 25〜30日まで和歌山セーリングセンターで「2009年ユースナショナルチーム候補選手強化合宿」が開催されています。このイベントは、ユース選手を対象にレーザーラジアル級、420級、RS:X級を使用しておこなわれるJSAFオリンピック特別委員会による強化合宿。バルクヘッドマガジンは、次世代セーラーの現状を取材してくる予定です。おたのしみに。

SN3E0073.jpg
移動中、伊勢湾岸道路は突然の大雪。冬の遠征は危険ですね。みなさんも気をつけて。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:39| Comment(1) | ニュース
この記事へのコメント
三胴船ヨット「イドロプテール」が転覆したようです。事故もあり乗員は投げ出されたようです。

ヨットの最高速60ノットは越えたそうです。
CNNニュースで出ていました
Posted by ぽめ at 2008年12月30日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。