2009年01月07日

ヴェンディ、転覆事故発生

vm_materiaux_20090106_6.jpg

vm_materiaux_20090106_3.jpg
転覆したJean Le Cam〈VM Materiaux〉。キールのバルブ部分がなくなっているのが分かります

 スタート58日を過ぎた単独(ひとり乗り)世界一周レース「ヴェンディグローブ」。トップ艇団は、ただいま南アメリカを回航して大西洋を北上し、フィニッシュ地点のルサブルドローヌ(仏)へ向かっています。

 世界一過酷なヨットレースといわれるヴェンディグローブですが、今回もトラブルが多発しています。いまのところ参加30艇のうち半数以上の16艇がリタイア。オープン60というモンスターボートを、たったひとりで操る厳しさがひしひしと伝わってきます。

 1月6日、またしても大事故が起こりました。ターニングポイントとなる南アメリカ・ケープホーン200マイル沖を走っていたJean Le Cam〈VM Materiaux〉 がキャプサイズ(転覆)。Jean Le Camは、すぐさまフランスのサポートチームへ電話で状況を伝えました(転覆時は電話がつながる状態だった)。当時の海上は、25ノットの強い南西風が吹いていたようです。

 救助要請を受けたMRCC(International Maritime Rescue Coordination Centre)は、近くを走っていたレース艇のVincent Riou〈PRB〉とArmel Le Cleac'h〈Brit Air〉へ、進路を変更して救助へ向かうよう指示。2艇は現場へ到着し、Vincent Riouは転覆した〈VM Materiaux〉へ呼びかけ、艇体のなかにいるJean Le Camの声を確認したようです。

 その後、チリ海軍が出動し、ダイバーによる救助がおこなわれるとのこと。救助の成功を祈ります。

◎VENDEE GLOBE Rankings 1/7時点
1. Michel Desjoyeaux〈Foncia〉 6590.5mile (Dist to finish)
2. Roland Jourdain〈Veolia Environnemen〉 102.0mile (Dist to leader)
3. Vincent Riou〈PRB〉 641.4 mile
4. Armel Le Cleac'h〈Brit Air〉 641.8mile
5. Samantha Davies〈Roxy〉 1858.8mile
6. Marc Guillemot〈Safran〉 8903.4mile

◎VENDEE GLOBE
http://www.vendeeglobe.org/en/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:02| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。