2009年01月16日

日本のハイドロボート

 日本が誇る奇才ボートデザイナー堀内浩太郎さん(大正15年生まれ)設計のハイドロフォイルボート。縦列2人乗りが戦闘機のコクピットみたいです。かっこよすぎる!



======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 18:01| Comment(2) | 小ネタ
この記事へのコメント
う〜ん、乗ってみたい。しかし、質問が一つ。
万が一180度ノックダウン、所謂、カンチンした場合は、どうやって脱出するのか、同時にその時コックピット内に入った水の排水は人力によるアカクミのみなのか?
Posted by 外道無量院 at 2009年01月24日 22:38
外道無量院さんへ

インカレでは素晴らしい分析と記事を楽しませていただきました。

この艇のコックピット形状、とくに風防形状から推察して、180度状態で「安定しない」設計になっています。
艇内の乗員体重移動により容易に正立状態に復帰する様な形状です。
Posted by 老舟 at 2009年01月29日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。