2009年01月25日

【VOR】波乱50ktストーム

VOR13069.jpg
嵐の中を走る〈Telefonica Blue〉。上位を走っていた〈Telefonica Black〉、〈PUMA〉のトラブルにより現在首位。photo by Gabriele Olivo/Equipo Telefonica

 フィリピン沖ルソン海峡を走る艇団は、巨大ストームにより大波乱となっています。24日に発生した50ノット、波高14メートルの嵐で海上はヘビーコンディションとなりました。

 〈Green Dragon〉はフォアステイ破断により、また〈Delta Lloyd 〉はステアリング故障、メインセール破損、マストトラック修理のために第4レグをリタイア。

 さらに〈PUMA〉はブームが折れ、〈Telefonica Black〉は船体にヒビが入るという重大なアクシデントが起こりました。現在、フィリピンの港に入り修理と嵐が通り過ぎるのを待っているようです。

 現在レース中は、〈Telefonica Blue〉、〈Ericson 4〉、〈Ericson 3〉の3艇のみ。首位の〈Telefonica Blue〉は、フィリピンを抜けて台湾へ向かっています。

◎2009.1.25
1. Telefonica Blue 984nm distance to finish
2. Ericsson 3 +59nm distance to lead
3. Ericsson 4 +93
4. PUMA Ocean Racing +163
5. Telefonica Black +175
SUS. Delta Lloyd
SUS. Green Dragon
DNS. Team Russia

VOR13092.jpg
アップウインドを走る〈Telefonica Blue〉。photo by Gabriele Olivo/Equipo Telefonica

VOR13078.jpg
50ノットの嵐のなかでブームを折った〈PUMA〉。フィリピン北端の小さな港へ避難しています。photo by Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Vol


(動画)フォアステイを破断した〈Green Dragon〉。VOR TV(http://www.volvooceanrace.tv/)では、〈PUMA〉のブームが折れる瞬間のビデオが公開されています。衝撃的です。

◎Volvo Ocean Race 2008-2009
http://www.volvooceanrace.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:33| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。