2009年01月30日

世界のニュースが加速する

 激闘のボルボオーシャン第4レグ。巨大ストームとの遭遇で事故が連続し、毎日ドキドキの展開でした。特に先週24日は、ニュース速報よりもウェブサイトで公開されている2D航跡図が先に変化したので、突然方向転換したPUMAの動きが気が気じゃありませんでした。

 ここまでくるとまさに「リアルタイムのヨットレース情報」といえます。今回に限っては、ニュースが配信される前にトラブルがわかってしまったのですから、すごい時代になりました。

 そして、ボルボオーシャンレースの衝撃的な荒天映像や写真、毎日送信されるオンボードレポートは、ヨットレースの魅力をまたひとつ増やしてくれています。ヨットレースのニュースは、いったいどこまでエスカレートするのでしょうか。

 また、いまアースマラソンで太平洋を横断している間 寛平さんと比企啓之さんのヨット〈エオラス〉は、YOU TUBEを利用して、ほぼ毎日配信されています。間さんのアマチュアならではの視点は、新鮮でインパクトも抜群。いま起きている状況がリアルな映像で伝えられています。こうしたセーリングでしか体験できない海の魅力が、もっと伝わればいいですね。

 さてさて、2月のバルクヘッドマガジンは和歌山へGO。470、RS:X、スナイプ、OPの大会が併催される「和歌山インターナショナルレガッタ」(ナショナルチーム選考)を取材してきます。いまはまだ発表できませんが、ビックリどっきりニュースもあります。おたのしみに。

 また、バルクヘッドマガジンではバナー広告を募集しています。広告にご興味のある方は、下記の媒体資料をご覧になったうえ、editor@sailmagazine.jpまでご連絡ください。

◎BULKHEAD magazine 媒体資料
ご案内:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise01.pdf
料金等:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise02.pdf

P2080182.jpg
記事と関係ありませんが、未公開写真が出てきたのでご紹介。F3マシンと470が並ぶ珍しい写真です(場所は富士スピードウェイ)。北京オリンピック前、スリーボンドチームは、カーレースチームと組んで特注艤装品を製作。その艤装はオリンピックでも活躍しました。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:43| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。