2009年02月14日

【NT】決戦は明日へ

RZ3H2400.jpg
練習量からくる自信か? 圧倒的な強さを見せる原田/吉田。今年はトランスパックにも出場します。photo by Junichi Hirai

 和歌山インターナショナルレガッタ(SAIL WAKAYAMA)3日目。強烈な春一番が通り過ぎ、和歌山沖は朝から春の陽気です。風は弱く、選手たちは陸上で風待ちしたあと海上へ出ましたが、ふれまわる風にコースを設定できずに長い間、海上でも待機となりました。その後、北西にまわった軽風で470級1レース、RS:X級2レースがおこなわれました。

 まばらなパフと風の振れのあるむずかしい海面ですが、上位の選手はミスを犯しません。男子の原田/吉田は、ファーストシフトをつかんで前に出るとそのまま独走。危なげない走りで首位を保守しました。「ボートスピードがあるので自信を持って走れました」と原田。本大会で彼らの走りは際だっています。

 原田/吉田を狙う石川/柳川は1上を3位で回航、2上で1つ順位を落としますが、抜き返して3位でフィニッシュし、総合2位へあがりました。原田/吉田と3点差で最終日を迎えます。

 男子3位以下は混戦です。2位を獲得した渡辺/谷川が4位へジャンプアップして、前田/谷口に迫ります。また、昨年8月からコンビを組んでいる関西学院大の市野と福岡経済大卒の吉見が5位にあがってきました。ナショナルチームの席は原田/吉田をのぞく3チームです。最終日の結果次第では大逆転もありえます。

 女子も激しい戦いが繰り広げられました。風上で好スタートを切った近藤/田畑は、右の振れを利用してリードして上マークを回航。左海面をつかった吉迫/大熊は大きく出遅れてしまいます。しかし、ここからの追い上げは見事のひとこと。第2上マークを2番手で回航すると、スピンランに不安の残る近藤/田畑を内側から美しく抜き去り、うれしいトップフィニッシュを決めました。

 吉迫/大熊のトップで近藤/田畑とは1点差となり、勝負の行方は最終日へ持ち越されます。最終日は最大3レースを予定。ナショナルチーム選考レースを制するのはだれか?

IMG_2682.jpg
驚異的な追い上げで大逆転した吉迫/大熊。本領発揮。photo by Junichi Hirai

RZ3H1904.jpg
「ヨットレースが楽しい、楽しい」と何度も口にする近藤/田畑。負けても(悔しいけど)楽しいそうです。photo by Junichi Hirai

RZ3H2006.jpg
4位へ浮上した渡辺/谷川。渡辺の教師時代の教え子が応援に駆けつけてくれました。photo by Junichi Hirai

RZ3H2204.jpg
ナショナルチームの土俵際、女子3位にあがってきた平井/栗栖。photo by Junichi Hirai

RZ3H2344.jpg
本日よりOP級和歌山コールドカップもはじまりました。photo by Junichi Hirai

RZ3H1957.jpg
スナイプ級ジュニアワールド選考は3レースおこなわれました(成績はのちほど)。photo by Junichi Hirai

◎和歌山インターナショナルレガッタ 3日目
470級 参加23艇
1. 原田龍之介/吉田雄悟 4(DPG)-1-2-4-(5)-1 12p
2. 石川裕也/柳川祥一 4-(10)-5-1-2-3 15p
3. 前田弘樹/谷口斉謙 (9)-1-6-2-3-8 20p
4. 渡辺哲雄/谷川亮介 7-7-(9)-3-4-2 23p
5. 市野直毅/吉見亮平 (14)-5-11-5-1-5 27p
6. 長橋誠/田淵靖浩 (13)-4-2-10-6-6 28Pp
7. 阿部幸久/本吉夏樹 5-(8)-7-7-7-4 30p
8. 富岡潤貴/内野航太 2-(11)-8-8-8-9 35p Jr.1位
8. 飯束潮吹/大嶋龍介 3-3-(DNF)-6-9-14 35p Jr.1位
10. 新郷雅史/古谷信玄 11-6-3-9-13-(18) 42p

◎470級女子 参加8艇
1. 近藤愛/田畑和歌子 1-1-(3)-1-2-2 7p
2. 吉迫由香/大熊典子 (4)-2-2-2-1-1 8p
3. 平井恵子/栗栖佐和 (7)-5-5-3-3-5 21p
4. 大曲昭子/土井香奈子  3-3-1-(RET)-RET-DNC 25p Jr.1位
5. 松下 結/森本起代 2-7-4-(RET)-RET-4 26p

◎RS:X級男子 参加9艇
1. 富澤慎 (1)-1-1-1-1 4p
2. 谷賢二郎 2-(3)-2-2-2 8p
3. 小川達郎 3-2-3-(4)-4 12p
4. 高橋良典 4-4-DNF-3-3 14p

◎RS:X級女子 参加4艇
1. 須長由希 1-1-1-2-(3) 5p
2. 大西富士子 (2)-2-2-1-1 6p
3. 野津千尋 3-3-(DNC)-3-4 13p
4. 高木未散 (DNF)-DNF-DNF-4-2 16p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:06| Comment(1) | オリンピック
この記事へのコメント
いつも面白いですね。そして情報が早いス。
ところでボルボオーシャン、スタートしちゃってました。今度こそいい風つかみたい!
Posted by 潮 at 2009年02月14日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。