2009年03月06日

【VOR】ウェイポイント

VOR14360.jpg
ウェイポイントをトップ通過。総合でリードするEricsson 4 。photo by Guy Salter/Ericsson 4/Volvo Ocean Race

 ボルボオーシャンレース第5レグ。ニュージーランド北部からの「南緯36度線ウェイポイント」を通過した5艇は、南アフリカ南端ケープホーンへ向けて大きく進路を変更。残航6600マイルとなり白熱しています。

 36度ウェイポイントでは、Ericsson 4がトップ通過で4点を獲得し、総合得点でリードをのばしています。また、総合2位を争うPUMAは3点を獲得。Telefonica Blueとの差を0.5点差に詰めました。

◎2009.3.6
1. Telefonica Blue 6611nm distance to finish
2. PUMA +21nm distance to leader
3. Ericsson 4 +41nm
4. Green Dragon +94nm
5. Ericsson 3 +128nm
DNS Delta Lloyd
DNS Team Russia
DNS Telefonica Black

◎Overall
1. Ericsson 4 53.0p(+4.0)
2. Telefonica Blue 44.5p(+2.5)
3. PUMA 44.0p(+3.0)
4. Green Dragon 32.0p(+2.0)
5. Ericsson 3 31.5p(+3.5)
6. Telefonica Black 21.0p
7. Delta Lloyd 12.0p
8. Team Russia 10.5p

◎Volvo Ocean Race 2008-2009
http://www.volvooceanrace.org/


タフすぎる!

VOR14329.jpg
セールリペアするPUMA。photo by Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

VOR14326.jpg
40ノット強のガストに遭遇したTelefonica Blue。photo by Gabriele Olivo/Telefonica Blue/Volvo Ocean Race

 一方、世界で17万2千人が参加するボルボオーシャンレースゲームも、ネット上でバトルをくり広げています。現在トップグループは、青島を出発してから日本海を北上。津軽海峡を横切り北太平洋からアプローチしてきた集団です。トップ3は全員スペイン国籍なんで、大胆コースは“お国柄”なのかもしれません。

2009.03.06.01.jpg
現在トップのAleph号(右の航跡図。左はBULKHEAD号)は津軽海峡から北太平洋へ。エーッと驚くコースもゲームならアリです。アリューシャン列島からアメリカ大陸に沿って南下するグループも絶対いるはず

 現在、BULKHEAD号はニュージーランド北方を走っています。最近、いろんな方に(VORゲームの)宣戦布告を受けるのですが、まだ第5レグの半分も走っていないんですから、まだまだこれから。気長に戦いましょう。でも、WAKAKO号には抜かれませんよ。

2009.03.06.02.jpg
よほど日本が好きなのか、わざわざコースを変更して四国へ上陸したフランス国籍の艇

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:28| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。