2009年03月14日

【VOR】ケープホーンへ

VOR14532.jpg
総合得点で〈Telefonica Blue〉と僅差の〈PUMA〉。このレグで逆転したいところ。〈Telefonica Blue〉は現在フォアステイ破損。photo by Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

 青島からリオ(ブラジル)まで12300マイルを走っているボルボオーシャンレース第5レグ。スタートして27日を過ぎた5艇の艇団は、第2ウェイポイント(得点獲得)のアフリカ南端ケープホーンへ向かって一直線です。

 現在のトップは、(実は修理していた台湾からほぼノンストップで走っている)〈Ericsson 3〉。ニュージーランドの第1ウェイポイントから早々に方向転換する作戦で、最下位から首位にのぼりつめました。第2ゲート通過後の後のコース選択(南下)で大きくゲインできたようです。

 ウェイポイントのケープホーンまでほぼ一直線。逆転はあるのでしょうか?

2009.03.14
1. Ericsson 3 +3581nm distance to finish
2. Ericsson 4 +161nm distance to leader
3. PUMA +198nm
4. Green Dragon +421nm
5. Telefonica Blue +856nm
DNS Delta Lloyd
DNS Team Russia
DNS Telefonica Black

VOR14489.jpg
南氷洋に入り、氷山が見えるようになりました。photo by Guo Chuan/Green Dragon Racing/Volvo Ocean Race

VOR14513.jpg
トップを走る〈Ericsson 3〉。photo by Gustav Morin/Ericsson 3/Volvo Ocean Race

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 04:48| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。