2009年03月23日

OPナショナルチーム決定

RZ3H5834_800.jpg
NT選考トップ通過の市川夏未選手。最近、バウを浮かせる乗り方に変えて速くなったとのこと。photo by Junichi Hirai

 OPナショナルチーム選考最終日。前日の嵐が通過したのもつかの間、朝から南のうねりと北風の吹き返しではじまりました。10m/sを超える強烈なブローも入り、ハードなレースが予想されましたが、時間経過とともに風の強弱が激しくなります。ラルスポットに入ると一気にスピードがなくなり、順位が大きく入れ替わるコンディションです。

 最終日にデットヒートをくり広げたのは、市川夏未選手と岡田奎樹選手。前日までに24ポイントのアドバンテージを持って首位に立った市川選手は、第7レースでスタートで失敗し、集団にもまれる展開。着順23位(カットレース)で終えてしまいます。

 反対に岡田選手は風上位置からスタートすると、そのままスターボードのストレートラインでグングンと他艇に差をつけ、あっという間にトップフィニッシュを果たします。

 続く第8レースでも岡田選手は快調。第1風上マーク5位で回航し、順位をキープして風下マークへ向かいます。しかし、風下マーク回航後、左海面へ出たのが裏目になって大きく順位を落として25位。ダウンウインドで後続艇から順番にブローが入ったため、後続艇有利の展開になりました。市川選手は混雑するフィニッシュラインをうまくくぐり抜けて16位でフィニッシュです。

 そして迎えた最終レース。この第10レースを消化すると最悪の2つの順位が合計得点からカットされるため、成績の変動が出てきます。

 本部船側からスタートした市川選手は、左海面のブローをうまくつかまえて風上マークを3位で回航。岡田選手は、スタートでリコールしたため、いったん戻ってラインを切り直し、最後尾からスタートしました。本人も「ヤバイと思いました」と話すまさかの展開で、勝負ありに見えましたが…。

 ここからの岡田選手の走りには、迫るモノがありました。否応なく右展開を強いられて30番後半で風上マークを回航。ダウンウインドでスピードに乗り約10艇を追い抜きます。さらに最終アップウインドがすごかった。強いブローを捕まえに右展開した作戦が功を奏し、なんと2位でフィニッシュ。最後尾でスタートし、最終2位の走りは圧巻でした。

RZ3H55991_800.jpg
走りはナショナルチームでも群を抜いている岡田奎樹選手。最終レースでは最後尾から42艇をごぼう抜き。クールガイです。photo by Junichi Hirai

「(2上で)右のブローをどうしても取りたかった。2位に入れたのはラッキーです。去年から体重が増えてきて、走らせ方が変わってきました。ヨットのに乗るのはたのしいです。勝てるともっとたのしい。ワールドを目標にがんばります」(岡田選手)

 しかし、最終レースを6位でフィニッシュした市川選手には1点及ばず。ナショナルチーム選考は市川選手がトップ通過を果たしました。

「ヨットは小学1年生ではじめました。スタートが苦手だからもっとうまくなりたい。強風を走るのはもともと好き。この4日間、セーリングはおもしろかった。でも、ボートスピードはあったけどコースがダメでした」(市川選手)

 4日間のナショナルチーム選考レース。選考を通過した20名の選手は、ブラジル世界選手権(5名)、アジア選手権(7名)、ヨーロッパ選手権(4名)、北アメリカ選手権(4名)に出場することが決まりました。ナショナルチームは、ゴールデンウィークに蒲郡で合宿練習をおこないます。

RZ3H5625_800.jpg
3位には最終日に逆転した射羽 京選手。成績に浮き沈みがあるもののナショナルチーム実力選手のひとりです。photo by Junichi Hirai

RZ3H6037_800.jpg
表彰式では上位入賞者からひとりずつ出場希望国際大会を選んで発表していきます。他の大会ではみられないOP選考らしい風景です。photo by Junichi Hirai

◎JODAナショナルチーム最終選考会 最終上位成績
1. 市川夏未(夢の島・8年・女) 1-10-3-2-2-1-(16)-(23)-16-6 41p
2. 岡田奎樹(福岡・7年・男) 9-2-(29)-1-1-(31)-1-1-25-2 42p
3. 射羽 京(江の島・8年・男) 24-6-8-6-6-(30)-3-2-2-(OCS) 57p
4. 樋口 舵(横浜市民・8年・男) 6-17-7-12-10-8-(DNF)-4-(19)-1 65p
5. 山本一徹(広島セーリング・8年・男) 10-3-16-3-4-(24)-9-12-8-(23) 65p
6. 佐藤宏樹(江の島・7年・男) 3-1-14-(OCS)-8-12-24-(40)-6-3 71p
7. 渡部雄貴(松山・8年・男) 2-8-9-(34)-12-(25)-7-19-9-10 76p
8. 渡辺 駿(藤沢市・7年・男) (43)-9-11-7-(27)-14-14-14-1-12 82p
9. 小木曽一輝(江の島・8年・男) 7-(26)-(32)-16-13-22-6-5-13-4 86p
10. 高原 祥梧(B&G別府・8年・男) (27)-(34)-13-11-3-23-11-6-14-8 89p

◎JODAナショナルチーム最終選考会(成績詳細)
http://www.f-ssc.com/2009opfinalselection.htm

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:57| Comment(1) | ディンギー
この記事へのコメント
うわー、かっこいい!いい写真ですね。被写体がいいのかな。
Posted by 潮 at 2009年03月25日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。