2009年03月24日

ユースワールド日本代表

日本セーリング連盟プレスリリース

 財団法人日本セーリング連盟(http://www.jsaf.or.jp/ 会長:山崎達光 )・オリンピック特別委員会および競技力向上委員会は、文部科学省・JOCセーリング競技強化拠点(ナショナルトレーニングセンター)に指定されている和歌山セーリングセンター(http://www.wakayama-sailing.org/)において、ユース世代の世界最高峰大会『2009年世界セーリング連盟・ユースワールド選手権大会』(満15歳〜満19歳・7月9日〜18日:ブラジル)に派遣する日本代表選手選考会(3月20日、21日は強化合宿を実施)を3月22日(日)から24日(火)までの3日間開催しました。

出場艇:
420級(2人乗り)男子6艇・女子6艇  24名
レーザーラジアル級(1人乗り)男子21艇・女子8艇 29名

 合宿・選考会には日本選手の競技力向上を目的としてセーリング強豪国ニュージーランドからレーザー級ユースナショナルチーム男子2名女子1名(男子ナショナルコーチ帯同)を招聘しました。

 本日大会終了後、選考会成績にもとづき下記のとおり日本代表選手(2種目・男女各1チーム 計4チーム)を決定しましたのでお知らせします。

日本代表選手
■420級男子
稲葉幸平/峯 卓人(佐賀県・玄海セーリングクラブ)2−3−2−1−(4)−1
■420級女子
山口 優/牟田 絢美(佐賀県・玄海セーリングクラブ)4−(9)−4−3−9−9
■レーザーラジアル級男子
南里 研二(佐賀県・玄海セーリングクラブ)4−3−5−1−(8)
■レーザーラジアル級女子
多田 桃子(佐賀県・玄海セーリングクラブ)6−8−(9)−8−5
所属のあとの数字は各レース順位。

日本代表選手団役員 
チームリーダー:箱守康之-JOCコーチングディレクター(ジュニアアスリート担当)。日本セーリング連盟競技力向上委員会委員長
コーチ:高橋 航-JOCコーチングディレクター(ジュニアアスリート担当)。日本セーリング連盟オリンピック特別委員会委員
    
参考:
・レースはすべて男女混走です。
・6名の代表のすべてを佐賀県の玄海セーリングクラブが独占しました。
・レーザーラジアル級に参考出場したニュージーランドナショナルチームは、ジョッシュ・ポレブスキー(男)が1−2−1−(4)−3の得点7点で総合1位。ジョージ・レーン(男)が2−1−1−2−(4)の得点7点で総合2位。レイチェル・バスビ(女)が3−(4)−3−3−1の得点10点で総合3位・女子1位と際立つ強さを見せました。
・選考レースの詳細な成績は後刻和歌山セーリングセンター(前記)のホームページに掲載されますのでご覧ください。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:58| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。