2009年04月19日

南仏イエールSOF開幕

IMG_2998.jpg
フランス・イエールでおこなわれるSOF。最寄りはマリーナ隣にあるツーロン空港です。photo by Junichi Hirai

 4月18〜24日まで、フランス・イエールでSOF(Semaine Olympique Francaise = フランス・オリンピックウィーク)が開催されます。昨年の930選手には及びませんが、今年は51カ国から719選手が田舎町に集結しました。

 日本人にとってはなじみ深い海外レガッタで、昨年の2008年大会では、470級女子の近藤愛/鎌田奈緒子(アビーム)が優勝。2006年大会では吉迫由香/大熊典子(ベネッセ)が準優勝を飾っています。

 41年続く歴史あるこの大会は、欧州サーキットでも人気のレガッタです。春の暖かい地中海に面した南仏のレガッタは、ウォーミングアップに最適。また、ベテランたちによりしっかりおこなわれるレース運営や、アルプスの山間から吹きおろしてくる強風のミストラルは、若手選手を成長させてくれます。

 今年も多彩な顔ぶれが揃いました。レーザー級には北京五輪金メダリストPaul GOODISON(GBR)、世界選手権2回制覇のTom SLINGSBY。470級男子には、こちらも世界選手権2回制覇したNic ASHER / Elliot WILLIS(GBR)が出場。また、レーザーラジアル級は北京五輪金メダルの Anna TUNNICLIFFE(USA)、スター級には世界選手権2度優勝、アテネ五輪銅メダルのXavier ROHART(FRA)も出場します。

 日本からは、470級男子に原田龍之介/吉田雄悟(アビーム)、レーザー級にホール・イアン(福岡経済大〜SPN)の日本の次世代を担う若手選手が出場します。がんばれ!

◎SOF(Semaine Olympique Francaise)
http://sof.ffvoile.net/

Guillaume-Durand-4660_800.jpg
スペインでおこなわれたプリンセスソフィアから選手団大移動。現地ではプラクティスがおこなわれているようです。photo by GUILLAUME DRURAND

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:32| Comment(1) | オリンピック
この記事へのコメント
初日の2本を終えて原田/吉田組は2位と好調な出足。
Posted by 外道無量院 at 2009年04月20日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。