2009年04月20日

携帯気象サイトを検証する

RZ3H3756.jpg
海専門の気象情報サービス「海快晴」は全国6500カ所の情報がわかります。セーリングに特化した情報もアリ。photo by Junichi Hirai

 先日、バルクヘッドマガジンで紹介した「海快晴」という携帯電話版・気象情報サイト。記事を読んで、自分の携帯電話から試している方も多いと思います。バルクヘッドマガジンの場合、セーリング、ボーティング、取材、撮影、回航、整備…と、行き先や目的によって情報を使い分けています。

 ただし、みなさんと同じように一般公開されている天気予報同様に頼りきっているわけではありません。たくさんの情報を集めて、つなぎあわせ、最終的には自分で判断しています。

 参考までにバルクヘッドマガジンが、取材に行く場合の天気の準備を大まかに紹介すると…。
・前日夜に天気概況、天気予報、干満、日の出日の入り、天気図を確認。
・当日朝は「海快晴」で局地的な風や波の予報をチェック。
・相模湾の場合、下田海上保安部や神奈川県水産技術センターが公開しているリアルタイム気象情報を確認。
・雲の流れやカタチ、遠方にある煙突の煙、木の揺れ方、海面のブロー、そして自分の経験値を加えて天気を予測する。

 海快晴では、主に風(風向、風力)をチェックしています。ヨットレースでいちばん気になるのはやはり「風の変化」。これが分かれば何も苦労することはないのですが、すべてを頼ってしまうのではなく、1日の大まかな流れを知る参考にしています。

 さて、次に3月に江の島で開催された「OPナショナルチーム選考会」を取材した時に記録しておいた海快晴の風予報があるので、当日の実際の風を照らし合わせてみたいと思います。

 予報を確認したのは、海に出る直前、またはレースがはじまる直前です。カッコ内は、大会発表の(レース名、上マーク位置、平均風速)。ただし、大会発表の風速は、機材で正確に計測していたわけではないので参考まで。

RZ3H4461.jpg
江の島で行われたOP選考会(4日間)のデータを検証してみます。photo by Junichi Hirai

 なかなか興味深い結果が出たと思うのですが、どうでしょう? この情報はすべての選手が共通に得られるもの。しかし、情報をどのように料理するかは、本人次第といえます。便利な情報はうまく使いこなしたいものです。

QR_Code(バルクヘッド).jpg

 海快晴の気象情報サービスは、上のQRコードからアクセスしてください。バルクヘッドを携帯でご覧になっている方はこちらからどうぞ。

----------------------------------------
◎3/20 大会初日 昼12時に海快晴(ヨット・ディンギー項目の江の島南側沖)でチェックした風予報
時 風向き 風速m/s
12 西北西 4.7
13 北 3.9
14 北 12.0
15 北 13.8(第1R。80度。3〜8m/s)
16 北 14.2
17 北 13.9
18 北 12.5

BHMメモ:午前中の開会式後、12時55分第1レーススタート予告。江の島沖は風が安定せず風待ち。15時30分に上マーク80度設定で第1レーススタート。スタート時3〜4m/sの軽風だったが、その後風は左に振れながら風力が増し、フィニッシュ時はブローで10m/sを越えるまでアップ。最終レグでは沈艇もみられた。
検証:快晴だったが気温が低かったため、北風持続の予想は当たったものの、吹き上がる時間帯はズレて進行した。

----------------------------------------
◎3/21 大会2日目 9時にチェックした風予報
時 風向き 風速m/s
06 北北東 6.1
07 北 5.1
08 北 4.1
09 北 4.3(第2R。70度。2.5m/s)
10 北 5.0
11 北北東 4.6
12 北北東 4.3
13 北東 3.7(第3R。200度。4m/s)
14 東南東 2.5(第4R。180度。5.5〜6m/s)
15 南南東 4.5(第5R。180度。8m/s)
16 南南西 5.2
17 南南西 6.8
18 南南西 7.3

BHMメモ:朝の北風軽風1レースは予定通り。その後、風がなくなり選手はハーバーに戻って待機。風は予報よりも早く南へまわって安定し4レースを終えた。選手は日が暮れる寸前にハーバーに戻ったが、その頃には極端に風が上がり、沖から入るうねりも大きくなった。
検証:大まかな風の傾向は合致したが、気温がグングン上昇したため南へまわる時間が早くなり(海陸風)、予報と約2時間ズレていた。

----------------------------------------
◎3/22 大会3日目 7時30分にチェックした風予報
時 風向き 風速m/s
06 南南西 11.2
07 南南西 12.6
08 南南西 13.8
09 南南西 16.6(第6R。210度。8〜10m/s)
10 南南西 16.4(第7R。200度。6〜13m/s)
11 南南西 15.8
12 南 18.4
13 南 18.4
14 南 17.4
15 南 16.1
16 南 18.3
17 南 20.0
18 南 20.2

BHMメモ:前日から南西強風の予報。レースできるのは午前中だけだろうとの判断で2レースを消化。ビルのような波高と強風のサバイバルレースとなる。第7レースでは雨も降り出し、さらに風速が増大。レース続行不可能となり午後はノーレース。
検証:悪天候の予測は正解。細かな数値は違うが、南西のド強風+うねりは相模湾特有のもので経験から予想できる。午後になり、さらに吹き上がるという予報も重要(ハーバーへ逃げ戻る目安にもなる。この日に限ってはOP以外はセーリング不可能な海面だが)。

----------------------------------------
◎3/23 大会4日目 8時にチェックした風予報
時 風向き 風速m/s
06 北 8.1
07 北 8.9
08 北 9.9
09 北 11.7(第8R。10度。8〜10m/s)
10 北 12.2
11 北 12.0(第9R。10度。7m/s)
12 北 11.9(第10R。40度。5m/s)
13 北 11.6
14 北 11.5
15 北 11.9
16 北 11.7

BHMメモ:前日の吹き返しとうねりが残ったため、第8レースはハードなコンディション。第9、10レースはシフト幅が大きく、ブローもムラがあり不安定。大逆転劇のあるレース展開に。閉会式のため昼でレースを終了。
検証:北風継続の予報は的中したが、気温があがってきたために実際の風は落ちる傾向。風力は平均すると弱いが、局地的に突発ブローが入るなど混乱の展開に。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:12| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。