2009年04月22日

【VOR】T Blueリード

VOR15944.jpg
現在トップのTelefonica Blue。photo by Gabriele Olivo/Telefonica Blue/Volvo Ocean Race

 大西洋を北上しているボルボオーシャンレース第6レグ。艇団はブラジル・フェルナンド・デ・ノローニャ沖のスコアリングゲートを通過して、アメリカ・ボストンを目指しています。

 第6レグではTelefonica Blueが好調です。スコアリングゲートをトップ通過したTelefonica Blueはその後も首位をキープしています。

 しかし、一時は2位に100マイル以上差をつけていましたが、この2日間で後続艇が伸びてきました。2位のEricsson 4とは27マイルに詰まり、全7チームが100マイル以内で争う大混戦となっています。

 Telefonica Blueが逃げ切るのか? それとも後続艇の逆転はあるのでしょうか?

◎第6レグ スコアリングゲート成績
1. Telefonica Blue, 19:58:56 GMT 16.04.09, 4 Points
2. Ericsson 4, 22:55:36 GMT 16.04.09, 3.5 Points
3. Delta Lloyd, 23:28:32 GMT 16.04.09, 3 Points
4. Puma, 23:29:31 GMT 16.04.09, 2.5 Points
5. Telefonica Black, 23:42:20 GMT 16.04.09, 2 Points
6. Ericsson 3, 00:14:28 GMT 17.04.09, 1.5 Points
7. Green Dragon, 01:27:26 GMT 17.04.09, 1 Point

◎2009.4.22
1. Telefonica Blue, ESP, (Bouwe Bekking/NED) DTF 1546 nm
3. Ericsson 4, SWE, (Torben Grael/BRA) +27 nm
2. Ericsson 3, SWE, (Magnus Olsson/SWE) +30 nm
4. PUMA Racing Team, USA, (Ken Read/USA) +40 nm
5. Telefonica Black, ESP, (Fernando Echavarri/ESP) +60 nm
6. Delta Lloyd, IRL, (Roberto Bermudez/ESP) +61 nm
7. Green Dragon, IRL/CHN, (Ian Walker/GBR) +100 nm
8. Team Russia, RUS, (Andreas Hanakamp/AUT) DNS

VOR16059.jpg
赤道を越え、ボストンへ。残り1500マイル。photo by Guo Chuan/Green Dragon Racing/Volvo Ocean Race

VOR16067.jpg
PUMA。photo by Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

VOR16075.jpg
Telefonica BlackのAntonio Cuervas と Javier de la Plaza。photo by Anton Paz/Telefonica Black/Volvo Ocean Race

VOR15786.jpg
セールを修理するGreen DragonのAndrew McLean。photo by Guo Chuan/Green Dragon Racing/Volvo Ocean Race

VOR15886.jpg
休息中。photo by Anton Paz/Telefonica Black/Volvo Ocean Race

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:20| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。