2009年05月10日

オリンピックガルダ2009

 5月5〜9日までイタリア・ガルダ湖で開催された「オリンピックガルダ2009」。日本の470級男子の原田/吉田(アビームコンサルティング)は、2番手でメダルレースに挑むも痛恨のOCS(メダルレースの得点はカットできません)。総合5位で大会を終えました。優勝はイタリアのガブリオ組です。また、レーザー級に出場したホール・イアン(SPN)は23位という結果でした。

 さて、本大会のビッグニュースは、スター級で優勝したロバート・シェイドです。バルクヘッドマガジンでは何度も紹介していますが、彼はオリンピックで4つのメダルを獲得した超大物セーラーです。これまでレーザー級、スター級と活動の場を移してきましたが、本大会期間中にSTP65〈ルナ・ロッサ〉への参加が発表されました。

 この報道を聞いて、心躍るセーリングファンは少なくないでしょう。彼がルナ・ロッサのアメリカズカップチームにも加わるのなら、シェイドの運命的なライバルとなるベン・エインズリー(イギリスのACチーム・オリジン)との対決が、将来的に期待できるからです。

 アトランタ、シドニー五輪(レーザー級でのふたりの五輪勝負は、1対1の引き分け)の決着をアメリカズカップで。もしかしたら映画のような物語が実現するかもしれません。

EXPERT OLYMPIC GARDA 2009
470
1. ITA ZANDONA GABRIO / DELLA TORRE FRANCESCO 46.0p 2-1--5-2-1-7-(8)-8-7-3-5
2. ITA ZENI FABIO / PITANTI NICOLA 50.0p 3- 2-7-1-(dnf)-5-6-4-9-7-3
3. GER ZELLMER LUCAS / SEELIG HEIKO 52.0p 1-6-1-10-9-8-3-1-(12)-9-2
4. ITA DUBBINI LUCA / DUBBINI ROBERTO 58.0p 11-5-3-(20)-5-3-2-6-5-4-7
5. JPN HARADA RYUNOSUKE / YOSHIDA YUGO 60.0p 4-3-2-3-4-6-7-7-(8)-2-ocs
6. POL PIASECKI PATRYK / MICKIEWICZ MARCIN 72.0p 6-4-11-(14)-14-13-5-9-1-1-4

IMG_1924.jpg
昨年、バルクヘッドマガジンが欧州取材遠征でガルダ湖に行ったとき、経費節減のため、旧市街にあるユースホステルに泊まりました(写真)。1泊20ユーロ。部屋はドイツ人3人と同室のドミトリーで、ひとりは1日中ヨガで瞑想してるし、ひとりはシマノ大好きな自転車マニア。もうひとりはひと言も話さずに消えていました。怪しいルームメイトだなぁと思いながら生活していましたが、いま思えば、ぼくの方がよっぽど怪しい。1年前なのに遠い出来事に思えます。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:58| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。