2009年05月20日

【VOR】荒天、第7レグ

◎2009.5.20
1. Telefonica Black 1634nm distance to finish
2. Ericsson 4 6nm distance to leader
3. Telefonica Blue +16nm
4. Delta Lloyd +18nm
5. PUMA +23nm
6. Green Dragon +35nm
7. Ericsson 3 +47nm
DNS Team Russia

:
〈Telefonica Blue〉オンボード。この先、もっと荒れそうです。Gabriele Olivo/Telefonica Blue/Volvo Ocean Race

VOR16987.jpg
トリマーのPablo Arrarteとヘルムスマン、Jordi Calafat(右)。Calafatはバルセロナ五輪470級金メダリストです。〈Telefonica Blue〉

VOR16973.jpg
ダガーボードを修理する〈Green dragon〉。Guo Chuan/Green Dragon Racing/Volvo Ocean Race

VOR16984.jpg
〈PUMA〉ランチタイム。つかの間の休息。Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

VOR17005.jpg
荒れた海、凍りつくほどの寒さ。〈Green Dragon〉。Guo Chuan/Green Dragon Racing/Volvo Ocean Race

VOR17009.jpg
霧の中〈PUMA〉からかすかに見える〈Telefonica Blue〉。Rick Deppe/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

vorgame05.20.jpg
VORゲームのゲート1マーク回航時。まるで街灯に群がる昆虫のようです。さ、ここから再スタート。仕切り直しです!

nzherald5.20.jpg
NZヘラルド誌によると、チームニュージーランド(ETNZ)はアメリカズカップをやめてVORへの参入(または2つのキャンペーンを行う)を考えているようです。次回アメリカズカップは「2010年2月マルチハル対決」となりました。しかし、開催地は確定しておらず、まだ揉める可能性もありますが、いまのところ2010年第33回、2011年第34回大会開催が予想されています。ETNZのボス、グラント・ダルトンによると、AC活動を一時休止して、VORに出場するという計画があるとのこと。VORの次回開催は2011年。この年はETNZが受けている資金援助の満了時期でもあります。最大の目的は資金の確保であり、オークランド寄港誘致と合わせて、世界一周に挑戦するのもひとつの道でしょう。ファンとしては、再びニュージーランドチームの世界一周レースを見てみたいものです。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:47| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。